【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

アデレード大学で Wildlife Conservation Biology (野生動物保護生物学)を学ぶ

アデレード大学 は 南オーストラリア州アデレード市にキャンパスを構える 1874年創立の歴史ある総合大学です。オーストラリアのトップ8大学で形成される Group of Eight(グループオブエイト)の1つとなり、2021年度のQS世界大学ランキングでは、オーストラリア国内第8位(世界106位)にランクインしています。(日本の大学では東北大学が世界79位、名古屋大学が世界110位です)

アデレード大学は、獣医学 の分野で 世界トップ 50 にランクされています。一般的に 獣医学のある大学では、総じて 動物関連の学問の評価が高くなりますが、アデレード大学もその一つです。 アデレード大学では、獣医療技術学、動物行動学、動物学、野生動物保護生物学など、獣医学以外にも 動物学コースの充実度、評価の高い大学になります。

本ページでは、野生動物保護生物学についてご案内します。オーストラリア特有の固有種も含め、野生動物保護生物学に興味のある方はぜひご参考ください。

Bachelor of Science (Wildlife Conservation Biology)

アデレード大学の Bachelor of Science (Wildlife Conservation Biology) は「動物生態学」と「進化生物学」の幅広い分野から、「野生生物保護生物学」を専門的に学びます。フィールドワークも含め、より実践的な内容が特徴です。

Wildlife Conservation Biology – 野生動物保護生物学を学ぶ上で、得られる代表的なメリットの一部を下記にご案内します。

  • 研究室と現場の両面から「生物多様性の保全推進
  • 新技術(ドローンや衛星)を使ってデータ収集。生息地を監視
  • 実際のモニタリングプログラムのフィールド調査実施
  • Arid Recovery を代表する保護組織や業界との関係構築
  • 自然環境の中で動植物を識別する方法
  • 減少種のために生息地回復プログラムの計画、実行、監視

1年次と2年次は、生物学、生態学、進化生物学、実用的な統計学、植物学、動物学、および動物や植物の分類実験、また、野生動物の管理、遺伝学、土壌や水、空間情報システム、他のサイエンスコース分野からの選択科目も可能です。 3年次には、本格的なフィールドワーク、実験室でのデータを体系的に収集、分析、報告、環境モニタリング、生物多様性評価、景観修復のための基本的な実験デザインなど、実践的なスキルを身につけるのが3年次です。

履修科目単位の内訳は、
・Wildlife Conservation Biology の 必修 16科目(48単位)
・Wildlife Conservation Biology の 選択 8科目(24単位)
の組合せとなりそれぞれの履修教科が Level 1~3(学年)で分けられます。
1科目3単位として、卒業までに3年間で72単位(24科目)を履修することになります。

Wildlife Conservation Biology で履修する科目

Wildlife Conservation Biology の 必修 15科目(45単位)
  1. Indigenous People, Country & Protocols (動物の取り扱いと牧畜1)
  2. Biology I: Organisms (生物学I:生物)
  3. Ecological Issues I (生態系の問題)
  4. Statistical Practice I (Life Sciences) (統計学実習I(生命科学))
  5. Science or Fiction I (科学とフィクション)
  6. Botany II (植物学II)
  7. Evolutionary Biology II (進化生物学II)
  8. Ecology II (エコロジーII)
  9. Zoology II (動物学II)
  10. Plant Identification (Wildlife Conservation Biology) II (植物の同定(野生動物保護生物学)II)
  11. Animal Identification (Wildlife Conservation) II(植動物の識別(野生生物保護)II)
  12. Concepts in Ecology III(生態学の概念 III)
  13. Research Methods in Wildlife Conservation III(野生生物保護における研究方法 III)
  14. Advanced Applications in Conservation Biology III(保全生物学の高度な応用 III)
  15. Conservation Biology III(保全生物学 III)
Wildlife Conservation Biology の 必修 下記から 1科目(3単位) を選択
  1. Fundamentals of Biology(生物学の基礎)
  2. Biology I: Molecules, Genes and Cells (生物学Ⅰ:分子・遺伝子・細胞)
  3. Concepts in Biology (生物学の概念)
・Wildlife Conservation Biology の 選択 8科目(24単位) を下記から選択
  1. Chemistry IA(化学IA)
  2. Foundations of Chemistry IA(化学の基礎 IA)
  3. Chemistry IB(化学IB)
  4. Foundations of Chemistry IB(化学の基礎 IB)
  5. Planet Earth(地球)
  6. Building a Habitable Planet(ハビタブルプラネットの構築)
  7. Genetics IIA: Foundation of Genetics(遺伝学IIA:遺伝学の基礎)
  8. Genetics IIB: Function and Diversity of Genomes(遺伝学IIB:ゲノムの機能と多様性)
  9. Soil and Water Resources II(土壌と水資源 II)
  10. Spatial Information and Land Evaluation II(空間情報と土地評価II)
  11. Freshwater Ecology III(淡水生態学 III)
  12. Genes, Genomes and Molecular Evolution III(遺伝子、ゲノム、分子進化III)
  13. GIS for Environmental Management III(環境管理のためのGIS III)
  14. Earth Observation III(地球観測III)
  15. GIS for Agriculture & Natural Resource III(農業と自然資源のためのGIS III)
卒業後のキャリア例
Land Resources and Land Care(土地資源・ランドケア), Natural Resource Manager(天然資源管理者), Natural Resource Planner(天然資源プランナー), Conservation Scientist(保全科学者), Environmental Biologist(環境生物学者), Environmental Consultant(環境コンサルタント), Fisheries Researcher(水産調査員), Ecotour Operator(エコツアーオペレーター), Environmental Manager(環境管理者), Geospatial Scientist(地理空間科学者), Wildlife Conservationist(野生生物保護者)

アデレード大学への進学

日本の高校を卒業してからアデレード大学のBachelor of Science (Wildlife Conservation Biology) (野生動物保護生物学) へ進学を目指す場合、進学ステップは2つあります。
  1. アデレード大学付属カレッジ の Foundation(1年)を経由して大学1年次への進学
  2. TAFE SA Conservation and Land Management(Cert3 + Diploma)(2年) を経由して大学2年次へ編入

University of Adelaide College (アデレード大学付属カレッジ) 経由での進学

コースFoundation Standard Course
学費年間 28,800ドル(約209万円)(2021年)
期間1年間
英語 ・IELTS 5.5 (各セクション 5.0以上)

または

・TOEFL iBT 50 (Speaking & Writing 15 以上)
または

・アデレード大学付属英語学校のPEP進学準備コースを規定レベルで卒業すること
出願条件 ・高校卒業資格&評定平均3.0以上(5段階評価、主要科目)

高校の成績:高校修了以上で、主要科目の評定平均が3.0以上であること(5段階)
英語力:IELTS 5.5 (各セクション 5.0以上) or TOEFL iBT 50 (Speaking & Writing 15 以上)
が最低でも必須条件になります。
(より詳細はこちら「アデレード大学への進学方法」もご参考ください)

なお、International Baccalaureate (IB) 26 以上のスコアをお持ちの学生は学士号へダイレクト進学できます。

The University of Adelaide (アデレード大学)

コースBachelor of Science (Wildlife Conservation Biology)
学費年間 41,500ドル(約315万円)(2021年)
期間3年間
英語 ・IELTS6.5以上(各6.0以上)
または
・TOEFL ibt 79以上(L13, R13, W21, S18)
条件 ・International Baccalaureate (IB) 26 以上
または
・SAT試験にて1120点以上
または
・アデレード大学付属カレッジのFoundation コースを規定の成績(74スコア以上)で修了
奨学金情報アデレード大学では 2021年〜2025年入学の学生へ奨学金を用意しています。詳細はこちらからご参考ください。
[2021〜2025年]アデレード大学から奨学金のお知らせ

TAFE SA (SA州立専門学校) 経由での進学

コースCertificate 3 + Diploma of Conservation and Land Management
学費 19,900ドル(約152万円)(2021年)
期間2年間
英語 ・IELTS 5.5 (各セクション 5.0以上)

または

・TAFE 付属英語学校のEAP進学準備コースを規定レベルで卒業すること
出願条件 ・高校卒業資格

上記の2年コースを終了後、アデレード大学の Bachelor of Science (Wildlife Conservation Biology) の2年次へ編入が可能となりトータルで4年間の就学期間です。

The University of Adelaide (アデレード大学)

コースBachelor of Science (Wildlife Conservation Biology)
学費年間 41,500ドル(約315万円)(2021年)
期間2年間
2年次編入の条件 ・TAFE SA の Certificate 3 + Diploma of Conservation and Land Management の2年間のコースを修了すること

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にアデレード大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはアデレード大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年11月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=76円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら