【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ラ・トローブ大学で野生動物保護管理を学ぶ

地球上には約3千万種もの生物が生存し、互いに関与し合って生物多様性のバランスを保っています。
ただ一部の生物は気候変動や外来種の侵入など環境の変化によって絶滅の危惧の状態にあるとも言われています。

ラ・トローブ大学での野生動物管理/保全生物学がでは様々な国で生息する固有種など、生物の多様性や環境守りながら絶滅の危機に扮する野生動物を保全する方法&法則を学びます。

オーストラリアで野生動物保護管理を学ぶ意義

オーストラリア大陸はその昔、『ゴンドワナ大陸』と呼ばれる巨大大陸の一部でした。
約6,000万年前に起こったとされる大陸分裂により、オーストラリア、アフリカ、南アメリカなどの諸大陸に分離し、その後は動植物はオーストラリア大陸で独自の生態系の進化を遂げていきました。

2019年9月から2020年2月頃にかけての「オーストラリア森林火災」にて火災により負傷したコアラやカンガルーを保護しているニュースを目にした方も多いかと思いますが、オーストラリア国民は動物保護に対して感心が高く、1990年にすべての固有の動物相を保護し、絶滅危惧種の識別と保護を規定する「環境・生物多様性保護法(EPBC法)」が成立され、現在では380を超える動物が絶滅危機種(endangered)と絶滅危惧種(threatened)として保護されています。

また自然が身近にあるオーストラリアでは、多くの野生動物が高速道路などへ侵入し負傷しています。
オーストラリアではそのような場面に遭遇/見つけた場合、ワイルドケアなど地域の野生動物を保護する機関へ報告し、且つカンガルーなどの有袋類においてはお腹の袋に赤ちゃんがいないか確認し、見つけた場合は保護をしなければいけないなど一般に常識として認知されています。

研究に優れた環境が揃った ラ・トローブ大学

科学やヘルスサイエンスなどの研究面で世界でトップレベルの評価を得るラ・トローブ大学のキャンパスは、30ヘクタールを超える「ラ・トローブ自然保護区」がふくまれており、コウモリの種や蚊の行動の研究、鼻の長いポトルー、ブロルガ、クロワラビー、シュガーグライダーなどの種の自然の生息地の探索や保護などの研究しています。

同学の野生動物保護管理コースでは動物学、遺伝学、植物学などのさまざまな分野を研究し、絶滅、環境破壊、気候変動などの問題に焦点を当てて勉強をしていきます。また地球規模の環境問題と国際気候変動、および政策を研究し、野生動物保護管理の第一線で活躍できる能力と技術を身につけます。

履修する科目の一覧

Year1
  • 動物、植物、微生物の生態について
  • 科学
  • 細胞生物学
  • 応用統計学
  • 整粒の多様性とエコロジー
  • 気候変動の原因と影響
Year2
    • オーストラリアにおける動植物の生体
    • 動物の保全と管理
    • 統計及び、生態学的データの理解
    • 遺伝的および系統学的分析の理論
    • リモートセンシングデータの収集、処理、解釈
    • 植物の多様性と生態学
    • 環境法
選択科目(以下より1つを選択)
  • 感染症の問題/影響
  • 医学および獣医微生物学
  • 動物の生理学
Year3
    • 絶滅危惧種と管理
    • 野生生物の生態と保存について
    • 科学的方法、生命科学研究の統計的設計と分析
    • 景観生態学と保全
選択科目(以下より75クレジット分を選択)
  • 動物の行動
  • 生物地理内での環境調査
  • 獣医微生物学
  • 国際環境問題
  • 気候変動の経済学と政策
  • 微生物学
  • 動物と植物の相互作用
  • 動物の生殖
  • 生態遺伝学と進化研究
  • ヘロン島でのフィールドワーク
  • 山地生態系のフィールドワーク
  • 淡水生態系のフィールドコース
  • 地質と植物の生命
  • 研究プロジェクト
コースは3年間で合計24科目を履修します。
その他、オーストラリで学べる動物関連のコース

アデレード大学
Veterinary Technologyコース(獣医療技術者)

クイーンズランド大学
Wildlife Scienceコース(野生生物学)

サンシャインコースト大学
Animal Ecologyコース(動物生態学)

フリンダース大学
Animal Behaviourコース(動物行動学)(体験談)

野生動物保護管理コース入学要項

【進路1】大学へ直接入学する

高校の成績が5段階評価中、4.0以上の場合
コース名 Bachelor of Science (Wildlife and Conservation Biology)
期間 3 年間
入学 3月
学費 36,000ドル×3年=108,000ドル(約864万円)
英語 IELTS Academic overall 6.0(各セクション 6.0)以上の提出必須
出願条件 高校を卒業しており成績4.0以上
奨学金情報 奨学金は下記のページをご参考ください。
ラ・トローブ大学より奨学金のお知らせ
卒業まで合計3年間、学費およそ715万円

【進路2】ファウンデーションコースを経由して大学に入学する

高校の成績が5段階評価中、2.5以上〜4.0以下の場合

2. Bachelor of Science (Wildlife and Conservation Biology)
1. ファウンデーションコース(健康/ライフサイエンス)
期間 2学期(8ヶ月)
入学 年3回(2月/6月/10月)
学費 22,900ドル(約183万円)
条件 高校の成績
高校で履修したアカデミック科目の成績がすべて2.5以上であること(特に2年次3年次の成績重視)英語力
IELTS5.5以上(各5.0以上)またはTOEFLibt55以上(Writtingのみ16以上)
 ↓
ファウンデーションコース修了後、ラ・トローブ大学の野生動物保護管理コース1年次に入学します(終了時の成績は70%以上必要)
期間 3年間
入学 3月
学費 36,000ドル×3年=108,000ドル(約864万円)
卒業まで合計4年間、学費およそ1,047万円


出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合は大学付属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。
  • 大学の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 大学の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー

留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターはラトローブ大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願てつづき、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年8月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2020年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号N1067)
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら