オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

ホームステイを楽しむ方法

文化の違いを楽しむ!

日本とオーストラリアでは文化、生活習慣、考え方がまったく違います。カルチャーショックに合うことや、びっくりすることも多いかもしれません。「日本ではこうじゃないのに」、「こんなはずではなかった」というふうに考えていては、せっかくのオーストラリアでの生活がつまらないものになってしまいます。考え方をプラス志向に変えて、「日本とオーストラリアはこんなに違うんだ」というふうに受け入れてしまえば、オーストラリアで過ごす時間を楽しむことが出来るでしょう。

英語が話せないことは問題にならない!

言葉の面でも最初は慣れない英語が上手く伝わらず、もどかしさを感じることもあるでしょう。しかし、ファミリーも、留学生が英語を上手く話せないことを良くわかっています。実際、オーストラリアに初めて訪れる多くの留学生は、英語が上手く話せません。その為に、日々英語を学び、語学学校に通います。ですから、「英語が話せない」ということは、ホームステイをする上で、全く問題になりません。

ただし、英語が話せないからと言って、コミュニケーションがとれないということもありません。言いたいことがなかなか通じなくても、自分でわかる限りの文法、単語を駆使し身振り手振りで伝えてみましょう。その中で生きた英語を身につけることが出来ます。

実際当機関では、ホストファミリーと話しをする機会がたくさんありますが、「言いたいことが完全に通じあっていたわけではないけど、気持ちや思いはしっかり伝わっていた。またオーストラリアに来ると言ってくれたのは嬉しかったよ」と楽しそうに話すファミリーは多くいます。日本語と同じで「伝えたい」と思う気持ちが一番大切です。

また、オーストラリア人はものごとをはっきり言う人が多く、ストレートな英語的な表現のせいで、ちょっとした言葉がきつい感じに聞こえることもあります。それをいちいち気にして落ち込んでいては大変です。あまり気にしすぎないようにした方がいいでしょう。大抵、それほど深い意味があるわけではなく、言った相手のほうはすぐに忘れてしまうことがほとんどです。

不便はあって当たり前

オーストラリアの生活は日本と比べると不便です。日本のように物が溢れているわけではありませんし、夜遅くまで営業しているお店もほとんどありません。「日本だったらこんな苦労はしなくていいのに」と思うことも多々あります。しかし、ここはオーストラリア。そんな”不便も楽しむ”ことが有意義なホームステイにつながります。“何でも積極的にチャレンジしてみる”“不便なことはそのほかの方法で解決してみる”など、前向きな志向を持って、日本では体験できない生活をしましょう。

オーストラリア人は家族で過ごす時間をとても大事にします。仕事が終わるとさっさと家に帰り、ゆっくり食事をしたり、テレビを見たり、家族とのコミュニケーションの時間を多く取ります。休日は家族でバーベキューをしたり、ビーチに出かけたり、家に友人を呼んだりと、お金をかけずに遊ぶのがとても上手です。ホームステイはそんなオーストラリアの文化を学ぶ絶好の機会になることでしょう。

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2016年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴はかれこれ15年。オーストラリア認定留学カウンセラー資格保持者として、主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。