ホームステイの注意点

ホームステイファミリーへのマナー

ホームステイはホテルではありません。「ホストファミリーが何かしてくれるのは、当たり前」などと考えるのはやめましょう。ファミリーは、あくまでも食事付きで部屋をを提供してくれていることを忘れないで下さい。帰宅が遅くなるときは早めに連絡を入れる、家のものを使わせてもらうときは許可を取る、何かしてもらったときはお礼を言う、など一般常識をわきまえて行動しましょう。家庭に受け入れてもらっているという気持ちを忘れず、最低限のマナーを守って生活すれば楽しいホームステイ生活が送れます。

ホームステイの家族構成

オーストラリアのホストファミリーの家族構成は様々です。少子化で子供の少ない日本の家庭と違い、オーストラリアは子供が4,5人いる家庭もめずらしくありません。また、オーストラリアは日本に比べて離婚率が高いのでシングル・マザーや父子家庭も多いです。子供がみんな成人して独り立ちしているお年よりの一人暮の家庭もたくさんあります。お父さんとお母さんと子供、という家族構成だけがホストファミリーではありませんので、あまり型にはまったイメージを持たず、いろいろな家庭があって当然と考えてください。

ペットの有無

オーストラリアの家庭では猫や犬などのペットを飼っている家庭が多いです。狭い住宅事情の日本とは違い、家の中で動物を飼っているファミリーもたくさんいます。もしもアレルギーがあったり、ペットが苦手な場合は申し込みの際にペットのいない家庭を希望することを伝えましょう。犬、猫を飼っている家庭は比較的多くあります。

家庭の電話を利用する場合

家の電話を使いたいときは、必ず家の人に断ってからにしましょう。そして使った分の料金を支払ってください。ニュースエージェントやポストオフィスなどで売っているコーリングカードというプリペイドカードを使うのが便利です。また、長電話は家の人の迷惑になりますからやめましょう。

インターネットを利用する場合

家庭によってはコンピュータやインターネットを使わせてくれるところもありますが、日本語の使える環境があることはまれです。自分でラップトップのコンピュータを持ち込んで、電話線を使わせてもらいたいという場合はホストファミリーに了解をとってからにしましょう。また、ADSL回線を引いている家庭は少ないので、 その場合、インターネット使用中は電話が使えなくなってしまいます。使用時間は短めにするように気をつけましょう。

ホームステイ先の食事

どうしても食べられないものなどは、最初に言っておくといいでしょう。出されたものはなるべく残さず食べることはもちろんですが、ありがとうとお礼を言うことも忘れずに。“お金を払っているのだから食事を作ってもらうのは同然”という態度はとても失礼です。食事の時間やきまりごとはファミリーによってまちまちですから、最初に確認しておくといいでしょう。

友達と食事に出かけるなどの理由で、家族と一緒に食事が取れないときは早めに連絡を入れましょう。食事の支度や、食器を片付けなどは積極的に手伝ってホストファミリーとコミュニケーションをとりましょう。

ホームステイ先での入浴

オーストラリアでは、日本のように毎日バスタブに入る習慣はありませんので、ほとんどがシャワーのみです。ほとんどのオーストラリアの家庭のお湯は電気温水器で供給しているので、一人が長時間シャワーを使っていると途中でお湯が出なくなったり、次に使う人の分が足りなくなってしまいます。シャワーはなるべく手早く終わらせ、使った後は簡単にバスルームの掃除しておきましょう。

ホームステイ先での洗濯

家庭によってやり方が違いますので、それぞれの家のルールに従います。家族の物と一緒に洗ってくれる場合は、干す時や、取込んでたたむ時に声をかけて手伝うようにしましょう。自分で洗う場合は、洗濯機の使い方、洗濯機を使っていい時間や、洗濯物を干す場所などを聞いておきましょう。

ファミリーとのコミュニケーション

黙っていても察してもらえる日本の文化とは違い、オーストラリアでは思っていることは口に出さなければ伝わりません。部屋に閉じこもったりせずに、自分のことや、学校のこと、今日の出来事など、自分から積極的に話し掛けてコミュニケーションをとるようにしましょう。困ったことや、分からないことは、遠慮せずにファミリーに相談してみるといいでしょう。

ホームステイ滞在期間中の行事

家族行事や外出するときなど、ホストファミリーに誘われたらなるべく参加するようにしましょう。家族と仲良くなったり、楽しい思い出を作るいい機会です。もちろん、強制ではありませんから自分の予定が先に決まっている場合は、理由を話して断っても構いません。

ホームステイ先でのトラブル

ホームステイをしていて何か困ったことがあったり、不満に思うことがあったら、まずはホストファミリーに相談してみましょう。オーストラリア人は日本人と違い、雰囲気で察するとか、言わなくてもなんとなくわかる、ということはありません。口に出して言わないと分かりませんので、遠慮せずに相談しましょう。話してみれば大抵のことは解決できるものですし、ホストファミリーもあなたがオーストラリアで快適に過ごせることを望んでいるはずです。

話しても解決できない場合や、ホームステイを申し込んだ際の条件と違う、といった場合は、ホームステイを手配してもらった学校や、手配業者に相談しましょう。事情を説明して、必要があれば別のホームステイ先を紹介してもらうこともできます。

ただ、トラブルを避けるためには自分自身の心構えも重要です。誤解されるようなあいまいなことを言ったり、生活習慣に馴染む努力をしていなかったり、自分勝手な基準でものごとを考えていては、ホストファミリーと理解しあうこともできず、ホームステイがうまくいかなくなってしまうでしょう。

多くのトラブルは、滞在する側がホームステイに対して過剰な期待を抱いているために起こるものです。「ホストファミリーが何でもしてくれる」「いつもあちこちに連れていってくれる」という妄想を抱かなようにしましょう。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら