オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

郵便局の局留めサービス

オーストラリアでも、「郵便局留め(ゆうびんきょくどめ)」サービスとして、Poste Restante利用できます。

郵便局留め留め(ゆうびんきょくどめ)とは、郵便物等を宛先として指定された郵便局で留め置き、受取人がその郵便局で受け取ることのできるサービスです。

つまり、日本にいながらして、オーストラリアの郵便局宛に荷物を送り、現地到着後にその荷物を受け取る事ができます。一定の住所を持たない長期旅行者や、住所がはっきりしていない場合には便利なサービスです。

長期留学生などをする場合、自然に荷物も多くなります。渡航時に持ち切れない場合などは、このようなサービスを利用するのもひとつの方法です。

宛先の記入方法

宛先の記入方法は、受取人の名前+Poste Restante+郵便局名+郵便局所在地となります。

例として、シドニーのジョージ・ストリートにある郵便局宛に、荷物を送る場合の記述方法です。

To: Mr Kenichi Suzuki
Poste Restante
Sydney GPO
310 George St.Sydney,NSW 2000
ポイントは、「Poste Restante」の一文です。局留めという意味ですね。

局留めに対応する郵便局を見つけましょう

オーストラリアの、すべての郵便局が、局留めに対応しているわけではありません。事前にAustralia PostのWEBサイトで、対応する郵便局を確認しておきましょう。

キチンと届くか&受け取れるが心配

荷物受取の際は、郵便局窓口の担当者と英語で本人確認を受けた後、荷物を受け取ります。しかし、場合よっては、確認書類を追加で求められたり、局留めの荷物が受取人不在のため、他の局に回されてしまい、受取まで数週間かかった生徒さんもいました。

そこは、オーストラリアの公共サービス。ある程度のトラブルがあることも見据えて利用して頂く必要があります。

当社オフィス宛にお荷物を送れます

ただし、当社の無料入学手続きサポートをご利用いただいた方は、当社のオフィス住所を、荷物の送り先としてご利用いただけます。その場合は局留めではありませんから、お名前+(Australia Ryugaku Centre)に当社のオフィス住所をご記入ください。

仮に、シドニーに送りたい場合は下記のように、お名前とシドニー支店の住所をご記入ください。お荷物が届き次第、当社スタッフがお荷物を受け取り保管いたします。

To: Mr Kenichi Suzuki(Australia Ryugaku Centre)
Level 3,143 York Street,Sydney NSW 2000

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2017年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。