クイーンズランド工科大学への進学方法



目次

QUT Collegeとは?


QUTCollegeとは、クイーンズランド工科大学を目指す海外留学生のための付属カレッジであり、英語コースファウンデーションコースディプロマコースを提供しています。同学からは毎年1,500人以上の卒業生たちがQUT本科へ進学しています。

QUTICキャンパス所在地

QUTはGarden Point(ブリスベン市内)とKelvin Grove(ブリスベン市内からバスで10分)の2箇所にキャパスがあり、QUTICはKelvin Groveキャンパスにあります。

Kelvin GroveキャンパスにはQUTICだけでなく大学の本科コースも開講されているので、現地のQUT生たちと同じキャンパスで、カフェやレストラン、図書館、ジム、クリニック、24時間コンピュータールームなど充実した施設・設備を利用することが出来ます。
Kelvin Groveキャンパスで開講されているコース
QUT College
・英語コース
・Foundationコース
・Diplomaコース
QUT大学本科
Creative Industry学部
・Education学部(教育)
・Health Science学部(健康医療)
また、Kelvin Groveキャンパス周辺にはスーパー、カフェ、レストラン、学生寮、シェアハウスなどがたくさんあり「学生の街」になっているので、大学近くに住んで歩いて通学している学生も多いです。

バーチャルツアー

こちらの画像をクリックしてキャンパス内のバーチャルツアーをご覧ください

QUTICの魅力

✔ 万全なサポート体制
QUTICには実際に授業を教えてくれる先生の他に「アカデミックアドバイザー」が常駐しており、授業でつまづいている部分や課題や宿題で分からないところなど、学習面全般において気軽に質問・相談しに行くことが出来ます。

また、無料のワークショップも開講されており、エッセイの書き方、プレゼンテーションのポイントなどを教えてくれます。このワークショップは大学の本科の学生も利用することが出来、より実践的なスキルを習得することが出来ます。


✔ 大学さながらのレクチャールーム
QUTICでは、英語コース・準備コースの段階から大学の雰囲気を感じ取ってほしいということで、大学さながらのレクチャールームを用意し、ここで定期的に授業も行っています。


✔ QUTIC生専用の図書館と無料教材
QUTIC生専用の図書館があり、英語力初級向けの教材から、IELTS試験の教材、看護や医療を目指す方への特別教材まで、英語学習/大学進学に役立つ教材や学習プログラムを提供しています。

もちろん、QUTIC生も現地の大学生同様キャンパス内の図書館も利用できます。

QUTICからQUT本科への進学方法

日本の高校を卒業してから留学する場合、まずはQUTICでファウンデーションコースまたはディプロマコース受講してから、大学本科へ進学します。

ファウンデーションコースとディプロマコースの違い

ファウンデーションコース(Foundation)とは、オーストラリアの大学に進学するために必要な基礎学力と知識・スキルを学ぶ海外留学生向けの準備コースです。ファウンデーションコース修了後は、大学1年次に入学します。

ディプロマコース(Diploma)とは大学1年次に相当し、大学で学ぶコースの基礎を勉強します。ディプロマコース修了後は、大学に編入することが出来ます。

ディプロマコースを目指すべき5つのメリット

✔ 英語条件のハードルが下がる
オーストラリアの大学の入学基準となる英語力はIELTS6.5ですが、DiplomaコースならIELTS5.5で入れます。IELTS 5.5 なら日本の高校生にも目指しやすいスコアと言えるでしょう。実際、近年は高校の頃からIELTSの勉強を始め卒業までにIELTS 5.5以上を取得する高校生も増えています。

✔ 学力条件のハードルが下がる
日本の高校を卒業してそのままQUT本科に直接入ることは出来ませんが、高校の成績が3.25以上(5段階)あればディプロマコースに入ることが出来、その後、QUT本科への編入を目指すことができます。

✔ 学費を節約できる
ディプロマコース修了後は大学2年次に編入できるので、大学1年分の学費を節約することが出来ます。

例えばQUTビジネスコース志望の場合、ファウンデーションコース経由だと卒業まで合計4年ほど、学費は総額およそ113,400ドル(約953万円)ほどかかりますが、ディプロマコース経由で大学に編入すれば卒業まで最短2年8ヶ月、学費は総額83,770ドル(約704万円)ほどに抑えられます(卒業までの期間と学費はコースによって異なります)。

✔ 生活費を節約できる
ディプロマコース修了後は大学2年次に編入できるので、大学1年分の生活費を節約することが出来ます(オーストラリアの1年間の生活費はおよそ15,000ドルほど=約126万円)。

✔ 少人数クラスで手厚いサポートを受けられる
Diplomaコースは1クラスあたりが少人数制(20〜30人)、且つ、クラスメイト全員が留学生なので、英語学習も含めて手厚いサポートを受けられます。

ディプロマコースに入るための条件

QUTICで開講されているディプロマコースは全部で6コースあり(後述します)、英語力高校の成績において入学基準が設定されています。

英語力について
・IELTSはAcademicモジュール
・TOEFL ibtの場合、56以上、各スコア W15, R10, L10, S14以上
・IELTS/TOEFLスコアが足りない場合、同学付属カレッジで開講されているEAP(進学英語コース)に入ります。EAPには3レベルのコースがあり、このうちEAPレベル1コースを修了するとファウンデーションコース/ディプロマコースへ(IELTS/TOEFL免除で)進学出来るようになります。EAP各3レベル毎の入学条件、学費、入学日程はこちらのページをご覧ください。
・Health Science(Nursingのみ英語力条件IELTS6.0以上(各5.5以上)が必要

高校の成績について
・GPAは5段階評価の場合
・アカデミック科目のみが査定対象
・高校3年次の成績が最重視されます

※「アカデミック科目」とは、とは、体育や美術などを除く科目のことで、例えば数学、英語、歴史、化学、生物、物理・・・などの科目を指します。

6つのディプロマコースと編入コース

【1】ビジネスコース(コース詳細ページ
DiplomaコースDiploma in Business
コース入学2月、6月、10月
コース期間8ヶ月
コース学費21,570ドル(約181万円)(2022年度)
大学編入先コースBachelor of Businessコース
・Accountancy
・Advertising,
・Economics
・Finance
・Financial Planning
・Human Resource Management
・International Business
・Management
・Marketing
・Public Relations
コース入学2月、7月
コース期間残り2年間
コース学費62,200ドル(2021年度)(約522万円)
卒業までのトータル最短2年8ヶ月
総額83,770ドル(約704万円)(2022年度)

【2】Creative Industriesコース(コース詳細ページ
DiplomaコースDiploma in Creative Industries
コース入学2月、6月、10月
コース期間8ヶ月
コース学費21,570ドル(約181万円)(2022年度)
大学編入先コース(1)Bachelor of Creative Industriesコース
下記すべての専攻においてDiplomaコースから96Credit Point(1年分/8科目分)単位交換することが出来るので、残りのBachelor期間は2年となります。
・Bachelor of Creative Industries (Creative and Professional)
・Bachelor of Creative Industries (Writing)
・Bachelor of Creative Industries (Drama and Performance)
・Bachelor of Creative Industries (Entertainment)
・Bachelor of Creative Industries (Fashion Communication)
・Bachelor of Creative Industries (Interactive and Visual Design)
・Bachelor of Creative Industries (Media and Communication)
・Bachelor of Creative Industries (Music and Sound)
・Bachelor of Creative Industries (Screen Content Production)
コース入学2月、7月
コース期間残り2年間
コース学費63,200ドル(約531万円)(2022年度)
卒業までのトータル(1)最短2年8ヶ月
総額84,770ドル(約712万円)(2022年度)

大学編入先コース(2)Bachelor of Communicationコース
下記すべての専攻においてDiplomaコースから96Credit Point(1年分/8科目分)単位交換することが出来るので、残りのBachelor期間は2年となります。
・Bachelor of Communication (Advertising and Public Relations)
・Bachelor of Communication (Professional Communication)
・Bachelor of Communication (Entertainment Industries)
・Bachelor of Communication (Digital Media)
・Bachelor of Communication (Journalism)(コース詳細ページへ
コース入学2月、7月
コース期間残り2年間
コース学費62,800ドル(約528万円)(2022年度)
卒業までのトータル(2)最短2年8ヶ月
総額84,370ドル(約709万円)(2022年度)

大学編入先コース(3)Bachelor of Designコースコース詳細ページへ
下記専攻ではDiplomaコースから96Credit Point(8科目分=1年間)単位交換することが出来ますが、残りのBachelor期間は入学時期と選ぶ専攻によって異なります。

2月入学の場合:Bachelor期間は「2年」/7月入学の場合:Bachelor期間は「2.5年」
・Bachelor of Design (Industrial Design)
・Bachelor of Design (Interaction Design)
・Bachelor of Design (Visual Communication)
・Bachelor of Design (Interior Architecture)
・Bachelor of Design (Landscape Architecture)

2月入学のみ:Bachelor期間は「3年」
・Bachelor of Design (Fashion)

下記専攻ではDiplomaコースから72Credit Point(6科目分)の単位交換となり、残りのBachelor期間「2年半〜3年」となります。

2月&7月入学:Bachelor期間は「2年半〜3年」
・Bachelor of Design (Architecture)
コース入学2月、7月
コース期間残り2年/2.5年/3年(選ぶ専攻と入学時期による)
コース学費65,000ドル(約546万円)(2022年度)
卒業までのトータル(3)最短2.8年〜最長3.8年(選ぶ専攻と入学時期による)
総額86,570ドル(約727万円)(2022年度)

大学編入先コース(4)Bachelor of Fine Artsコース
下記専攻ではDiplomaコースから96Credit Point(8科目分=1年間)単位交換することが出来ますが、残りのBachelor期間は入学時期と選ぶ専攻によって異なります。

2月入学の場合:Bachelor期間は「2年」
・Bachelor of Fine Arts (Film, Screen and New Media)
・Bachelor of Fine Arts (Creative Writing)
・Bachelor of Fine Arts (Music)

7月入学の場合:Bachelor期間は「2.5年」
・Bachelor of Fine Arts (Animation)
・Bachelor of Fine Arts (Drama)
・Bachelor of Fine Arts (Film, Screen and New Media)
・Bachelor of Fine Arts (Creative Writing)

2月入学の場合:Bachelor期間は「3年」
・Bachelor of Fine Arts (Animation)
・Bachelor of Fine Arts (Technical Production)
・Bachelor of Fine Arts (Dance, Dance Performance)
・Bachelor of Fine Arts (Drama)
・Bachelor of Fine Arts (Visual Arts)
コース入学2月、7月
コース期間残り2年/2.5年/3年(選ぶ専攻と入学時期による)
コース学費65,000ドル(約546万円)(2022年度)
卒業までのトータル(3)最短2.8年〜最長3.8年(選ぶ専攻と入学時期による)
総額83,970ドル(約705万円)(2022年度)
※Fine Artsコース/Film, TV and New Media Production 専攻では、映像の撮影監督、編集、サウンド、指導、脚本、カメラの設置、照明の配置、映像全体の構図・・・など、映画・テレビ・デジタル・ウェブ制作を学びます。Diplomaコースからは1学期の単位交換が可能。詳しくはこちらのページをご覧ください。

【3】エンジニアリングコース
DiplomaコースDiploma in Engineering
コース入学2月、6月、10月
コース期間8ヶ月
コース学費29,828ドル(約251万円)(2022年度)
大学編入先コースBachelor of Engineering(Honours)コース
・Chemical Process
・Civil
・Computer and Software Systems
・Electrical and Aerospace
・Electrical
・Mechanical
・Mechatronics
・Medical
コース入学2月、7月
コース期間残り3年間
コース学費117,900ドル(約990万円)(2022年度)
卒業までのトータル最短3年8ヶ月
総額147,728ドル(約1,241万円)(2022年度)

【4】ITコース
DiplomaコースDiploma in IT
コース入学2月、6月、10月
コース期間8ヶ月
コース学費21,570ドル(約181万円)(2022年度)
大学編入先コースBachelor of ITコース
・Computer Science(コース詳細ページへ
・Information System
コース入学2月、7月
コース期間残り2年間
コース学費72,400ドル(約608万円)(2022年度)
卒業までのトータル最短2年8ヶ月
総額93,970ドル(約789万円)(2022年度)

【5】看護コース(コース詳細ページ
DiplomaコースDiploma in Health Science(Nursing)
コース入学2月、6月
コース期間8ヶ月
コース学費28,122ドル(約236万円)(2022年度)
大学編入先コースBachelor of Nursingコース
コース入学2月、7月
コース期間残り2年間(7月入学の場合)/残り2.5年間(2月入学の場合)
コース学費72,600ドル(約610万円)(2022年度)
卒業までのトータル最短2年8ヶ月
総額100,722ドル(約846万円)(2022年度)

【6】行動科学(心理学)コース
DiplomaコースDiploma in Health Science(Health Studies)
コース入学2月、6月、10月
コース期間8ヶ月
コース学費28,122ドル(約236万円)(2022年度)
大学編入先コースBachelor of Behavioural Science(Psychology)コース
コース入学2月、7月
コース期間残り2.5年間
コース学費63,200ドル(約531万円)(2022年度)
卒業までのトータル最短3年4ヶ月
総額91,322ドル(約767万円)(2022年度)

出願に向けての準備


1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合はQUT付属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 高校の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 高校の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にQUTへの出願手続きをスタートします。

安心の現地サポートオフィス


オーストラリア専門の無料留学エージェント
当社オーストラリア留学センターは、日本に東京オフィス、そしてオーストラリア国内の主要6都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレード、パース)に自社の現地サポートオフィスを構え、全オフィスに日本人スタッフが常勤している唯一の日本エージェントです。

オーストラリアの主要6都市にスタッフが在住しているメリットを最大限に生かし、「現地にいるからこそわかる、本当の学校情報をそのまま皆様にお伝えする」というシンプルな方針のもと、過剰な広告や留学フェアなどといった宣伝活動を一切行わず、オーストラリアの教育機関から支払われるサポート費のみで運営しております。ですので、よくある日本の留学エージェントと違い、手続きに対する手数料やサポート料は一切必要ありません。どこよりも確実な情報をもとに、安心してご留学をお任せいただくことができます。

ブリスベン現地サポートオフィス
オーストラリア留学センターのブリスベン現地サポートオフィスでは、現地在住歴の長い経験豊富な日本人スタッフが、皆さんの現地での生活をサポートしています。勉強面から日常のちょっとした疑問までお気軽に日本語でご相談頂けるので、現地でも安心して留学生活をお過ごし頂けます。
住所Level 18, 324 Queen Street Brisbane 4000
電話07-3221-9999(オーストラリアから)
050-8882-5959 (日本から)
スタッフ林真生、小林芽衣

留学相談&お問い合わせ


当社オーストラリア留学センターはクイーンズランド工科大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。学力、英語力、希望内容、ご予算など詳しくお伺いしたうえで、おひとりおひとりに合う大学をご提案しております。
オーストラリアの大学進学は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年10月現在の情報に基づき作成しております
・学費は毎年改定されます。本記事では2022年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=84円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
[現在育休中で、2022年11月頃に復帰を予定しています]13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら