大学で学ぶオンラインゲーム制作コース


目次
オンラインゲームは今や世界中で数十億ドルもの売上を誇る大規模産業。「プロゲーマー」という職業も成立し、世界大会が開催されるなど、その市場は今もなお成長し続けています。
近年、日本の主要ゲーム会社もApp storeやGoogle Playなど世界中で利用されている配信プラットフォームを利用して、海外展開(配信)を強化しています。

特に人気のファイナルファンタジー、ドラゴンボールZ、ウィニングイレブン、ブレイブフロンティア、ディズニーツムツムなどは世界50カ国以上に配信されており、日本のオンラインゲームの海外での売上は、年間2,500億円を超えると言われています。

世界へ配信するゲームクリエーターになる

オーストラリアのクイーンズランド工科大学(以下QUT)Bachelor of Games and Interactive Environments (Game Design) コースでは、PCオンラインゲームの制作を学ぶことが出来ます。

「ゲーム制作コース」とは言え、決して大学で楽しくゲームをして遊ぶ訳ではありません。ゲーム制作に欠かせないアニメーション、プログラミング、ゲームデザイン、キャラクターデザイン、ストーリー制作、サウンド・エフェクト、視覚エフェクト・・・など様々な技術(スキル)に加え、クリエイティブな発想力、ゲーム業界のトレンド、ゲームが与える影響なども学びます。

更に、オンラインゲームには「課金システム」(所謂アイテム課金やガチャ課金)が多く採用されており、これはゲーム会社にとって収益の8割を占める大きな収入源です。同コースではその収入構造、配信、運用までの一連のビジネスも勉強し、卒業後はゲーム業界だけではなくエンターテイメント業界やIT業界など世界を舞台に幅広く活躍できるでしょう。
将来こんな職業を目指す方にお勧めです
  • PCゲームプログラマー
  • PCゲームディベロッパー
  • PCゲームデザイナー
  • アニメーター
  • デジタルコンテンツ デザイナー
  • デジタルコンテンツ プロデューサー
  • コンピューターシステムエンジニア
  • サウンドデザイナー
  • ウェブデザイナー

選べる3つの専攻と副専攻)

同コースには3つの専攻があり、この中から自分の興味のある分野を1つ選んで専門的に深く学びます。

【専攻1】Animation〜アニメーション〜

アニメーションとは「絵を動画におこす」こと。アニメーション専攻では、モーショングラフィック、3Dモデリング、3Dアニメーション、CGキャラクター制作、3Dグラフィックス、CGI(Common Gateway Interface)などを学び、3Dアニメーションでデザインやゲーム制作などを学びます。

【専攻2】Game Design〜ゲームデザイン〜

ゲームが好きな方なら一度は「こういうゲームがあったら楽しいな」という想像をしたことがあるはず。ならば、自分で作りましょう!このゲームデザイン専攻では、コンピューターゲームを含めたあらゆるインターアクティブメディアのデザイン、IT、クリエイティブ・シンキング、ストーリー制作、キャラクター設定など、ゲームデザインと開発の実践的なノウハウを一から学びます。

【専攻3】Software Technologies〜ソフトウェアテクノロジー〜

ソフトウェアテクノロジー専攻では、デザイナーが考えたゲームを実際に組み立てる勉強を中心に、コンピューターゲーム開発、グラフィックプログラミング、ゲームエンジンテクノロジー、視覚効果などの技術を学びます。
特にコンピューターグラフィックは3Dモデリング、ゲームエンジン、CADシステムなどに欠かせない技術で、様々なシミュレーションにも応用出来ます。また完成間近のゲームを何度もテストプレイして、改善点を見つけて直していくのもこの分野の仕事です。
幅広い分野から選べる副専攻(Minor)
同コースでは、上記で選んだ専攻以外に、下記の分野の中から副専攻を選んで、その分野の科目を4つ履修することが出来ます。
  • Animation
  • Advanced Animation
  • Game Design
  • Screen Production
  • Sriptwriting for Interactive Environment
  • Visual Production
  • Entrepreneurship
  • Interactive and Visual Design
  • Marketing
  • Mathematics
・・・など

さらに、QUTでは学部の垣根を超えて、興味のある分野学部コースの科目を自由に履修することも可能で、マーケティングや経営学など、選択科目でビジネスを学ぶ学生も多くいます。

高校卒業後の進路と学費・入学条件

日本の高校を卒業後、同コースに入るには高校の成績によって2通りの進路があります。

【進路1】ファウンデーションコースを経由して大学に入学する

高校の成績が5段階評価中、3.0以上の場合
高校卒業後、まずはQUT付属カレッジ(QUT International College)でファウンデーションコースを受講してから大学進学を目指します。
1. ファウンデーションコース(8ヶ月〜1年)
期間2学期(8ヶ月)〜3学期(1年)
入学年3回(2月/6月/10月)
学費【2020年度】20,100豪ドル(約151万円)
条件【英語】IELTS5.5以上(各5.0以上)またはTOEFLibt56以上(W15, R10, L10, S14)または付属英語学校EAP1コースを修了すること
【成績】高校の成績が5段階評価中、3.0以上
 ↓
ファウンデーションコース修了後、QUT本科1年次に入学します
 ↓
2. 大学本科コース(3年)(大学HP
期間6学期(3年)
入学年1回(2月)
学費【2020年度】35,400豪ドル(約265万円)×3年間
卒業まで合計4年間、学費はおよそ946万円となります

【進路2】ディプロマコースを経由して大学に編入する

高校の成績が5段階評価中、3.25以上の場合
高校卒業後、まずはQUT付属カレッジ(QUT International College)でディプロマコースを受講することでその単位を移行して大学に編入することが出来ます。大学を1年目から始めるよりも学費が安く、且つ、入学基準のハードルが緩やかになるので、留学生にとって進学し易い方法です!
1. ITディプロマコース(8ヶ月〜1年)
期間2学期(8ヶ月)〜3学期(1年)
入学年3回(2月/6月/10月)
学費【2020年度】21,570豪ドル(約162万円)
条件【英語】IELTS5.5以上(各5.0以上)またはTOEFLibt56以上(W15, R10, L10, S14)または付属英語学校EAP1コースを修了すること
【成績】高校の成績が5段階評価中、3.25以上
 ↓
ディプロマコース修了後、QUT本科へ編入します
 ↓
2. 大学本科コース(2〜2.5年)(大学HP
期間【2月入学の場合】4学期(2年)
【7月入学の場合】5学期(2.5年)
学費【2020年度】70,800豪ドル(約531万円)
卒業まで合計3年〜3年半、学費はおよそ693万円となります
重要なのは高校の成績!
オーストラリアの大学を目指す場合、出願時点で重要なのは英語力よりも高校の成績です!英語力は高校を卒業してからでもクイーンズランド工科大学付属語学学校に通うことで習得することが出来ますが、高校の成績は変えることが出来ませんので、高校で3.0以上を修めることは必須です。これを目指して、高校の授業もしっかり頑張りましょう。

お問合わせ

ストーリー(脚本)やキャラクターをデザインするクリエイティブな発想力、それを形にする3Dアニメーションやソフトフェアテクノロジー。これらすべてを駆使して完成するゲームの世界。「ゲームが好きでこの業界関わりたい!」「世界的に有名になるゲームを開発したい!」という方にとてもお勧めのコースです。今もなお世界中で成長し続けているゲーム業界でのお仕事に興味のある方は、下のお問い合わせフォームよりご相談ください。
※日本円は1豪ドル=75円で換算しております。学費は毎年改定されますので、目安としてご参考ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら