【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

アデレード大学で「仮想現実(VR), 複合現実(MR), 拡張現実(AR)を学ぶ

関心が薄れたと思われていた VR・AR への注目度が急速に高まりを見せています。その理由は、、、2020年から新型コロナウイルスの影響で企業・消費者におけるVR利用が急増しているからです。

Immersive Media Technologies (没入型メディア技術)と呼ばれる 仮想現実、複合現実、拡張現実(それぞれVR、MR、AR)は、エンターテインメントと教育の両方の分野において、コンテンツの提供方法、消費方法を変えつつあり、2030年まで 世界市場規模は16兆1711億円 に拡大する予測です。

VR・MRは、オーストラリアでもいくつかの大学(学士号)で学べますが、すでに学士号を終えている方へ、アデレード大学では修士号でコースが開講しています。 過去の学士号の分野次第では 1.5年、キャリアチェンジを目指す人に2年のコースとなります。

新世代のデジタル・クリエイティビティをリードする

アデレード大学 は 南オーストラリア州アデレード市にキャンパスを構える 1874年創立の歴史ある総合大学です。オーストラリアのトップ8大学で形成される Group of Eight(グループオブエイト)の1つとなり、2021年度のQS世界大学ランキングでは、オーストラリア国内第8位(世界106位)にランクインしています。(日本の大学では東北大学が世界79位、名古屋大学が世界110位です)
また Computer Science 分野にて世界トップ100にランクイン(2019年度)もしています。

そのアデレード大学にて開講している Master of Immersive Media Technologies は「新世代のデジタル・クリエイティビティをリードする」をコースの修学目的に掲げています。



ご卒業されている学士号の分野に応じて、1年6ヶ月(18ヶ月)、または 2年間のフルタイムで修了します。AR・VR・MR メディア業界で成功するために必要な創造的・技術的要素を学べるように設計されているのが特徴になります。

Master of Immersive Media Technologies

Master of Immersive Media Technologies で学ぶこと
・VR・AR・MRメディア産業と世界市場
・VR・AR・MRメディアのアプリケーションに関する包括的な理解
・VR・AR・MRデザイン理論とゲームエンジン機能に関する深い知識
・3Dモデリング、サウンド、プログラミング分野での技術スキル
・VR・AR・MRデザインとインターフェース
・VR・AR・MRに関連する倫理的配慮と洞察力

履修科目単位の内訳は、
・必修 10科目(30単位)
・選択 2科目(6単位)
・リサーチ 4科目(12単位)
の組合せとなります。1科目3単位として、卒業までに2年間で24科目(48単位)を履修することになります。

必修科目(2年コースの場合)
Immersive Media Design(2教科相当/6単位)
Immersive Media Asset Generation(2教科相当/6単位)
Immersive Media Business(2教科相当/6単位)
Immersive Media Development(2教科相当/6単位)
Media Masters Research Methods(2教科相当/6単位)
選択科目 下記から(6単位)を選択
Media Master Core(2教科相当/6単位)
Foundations of Computer Science(2教科相当/6単位)
Digital Entrepreneurship & Tech eChallenge(2教科相当/6単位)
リサーチ科目
Media Masters Research Project(4教科相当/12単位)

コース名Master of Immersive Media Technologies(修士号)
期間2年間
入学2月
学費年間 37,500ドル(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 6.5(各セクション 6.0)以上
または
・アデレード大学付属英語学校のPEPコースを規定レベルで卒業すること
出願条件 ・2年 → 学士号修了(学部不問)
・1.5年 → 学士号修了(メディア、コミュニケーション、オーディオビジュアル、ジャーナリズム、またはその他の関連する専門分野)
奨学金情報奨学金は下記のページをご参考ください。
[2021〜2025年]アデレード大学から奨学金のお知らせ

修士卒業後のキャリア例
3D Animator, Animator, Gaming Programmer, VR Developer, XR Developer/Lead Developer, XR Digital Asset Manager, XR Human-Computer Interaction Designer, XR Narrative Specialist, XR Project Manager, XR Research Engineer, XR User Experience Specialist

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にアデレード大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはアデレード大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年11月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=76円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。


豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は20年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら