【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

南オーストラリア大学で 映画・映像制作・VFXを学ぶ

オーストラリアでは実は多くのハリウッド映画が撮影されていて、映画・映像制作なども人気分野の一つです。

オーストラリア国内には、映画撮影やテレビ制作に強みを持つ大学はいくつかありますが、その中でも現地の映像制作会社(Rising Sun Pictures)との提携で、実際の映像制作会社にてVFXの教科を実施している南オーストラリア大学をご紹介します。
プロフェッショナルな映像業界、特に特殊映像技術者へのキャリアをお考えの方、ぜひご参考ください。

南オーストラリア大学で Film and Television を学ぶ

映像業界へのキャリアの一歩として、Film and Television のコースがあります。

大学南オーストラリア大学 – University of South Australia (略称UniSA)
コース名Bachelor of Film and Television
内容映画、テレビ、VFX、デジタルメディア業界への参入に必要な映像技術、知識と経験を身につけます。
入学年2回(2月/7月)
期間3年
学費年間29,400ドル(2021年度 約220万円)
入学条件 【日本の普通高校卒の場合】
付属カレッジ SAIBT Diploma of Arts(Media Stream) への入学を目指します。
日本の高校3年をGPA 2.5/5以上の成績で終えること。

Diploma of Arts(Media Stream)をGPA 4/7以上の成績で終えることで、本科の2年次へ(編)入学
将来のキャリア(例)・Filmmaker(映画制作者)
映画、テレビ、YouTube /オンラインのための短編映画の制作、指揮、制作。
・Animator(アニメーター)
映画、テレビ、ビデオゲーム、広告などのメディア向けに、ソフトウェアや手書きで画像、アニメーション、イラストの作成。
・Digital/Web designer(デジタル/ウェブデザイナー)
ウェブサイト、ゲーム、アプリ、グラフィックスなど非常に幅広い分野の技術者。
・VFX & Video Editor(ビデオエディター)
プロダクションプロセスの過程で、ビデオ編集(ビジュアルエフェクトなどの特殊効果の処理)をするVFX技術者。
・Graphic Designer(グラフィックデザイナー)
印刷物、ウェブ、マルチメディア製品を設計、制作するための業界ソフトウェアを使用するデザイナーやグラフィックデザイナー、イラストレーター。
・Television producer(テレビ番組制作者)
番組のスケジューリングや予算からクリエイティブな制作まであらゆることのテレビ担当者。

Bachelor of Film and Television では専攻を「映画とテレビ制作」または「VFX」 のいずれかを専門にすることができます。

映画とテレビ制作専門課程では、業界、制作、スクリーン理論の一連のコースを修了し、3年次には、フィルム・コンセプト・ラボ(We Made A Thing Studios)と業界関係者と協力・連携して、映画祭で公開される短編映画を制作する機会があります。

VFXの専門では、企業提携先の Rising Sun Pictures(RSP)にて、2年次の前期に1教科、後期に1教科、3年次の前期に1教科、後期にも1教科の合計 4教科の選択科目を実際の映像制作の現場(Rising Sun Picturesのスタジオ)で学ぶことが出来ます。 過去に何百ものシーケンスを作成した世界的なVFXアーティストと一緒に働くことになります。

UNI SA MEDIA ARTS DEGREE: RSP ELECTIVE UNITS
https://education.rsp.com.au/sunisa/aunisa/rsp-electives/
2年前期:Modelling and Texturing, 2年後期:Development and Lighting
3年前期:Compositing and Tracking, 2年後期:Dynamic Effects and Lighting


南オーストラリア大学への進路


日本の高校を卒業後、南オーストラリア大学、Bachelor of Film and Television へ入学するには、下記の進路があります。

高校の成績が5段階評価中,平均 2.5 以上の場合
付属カレッジSAIBTの Diploma of Ars Media Stream Stage2 コースへ入学 → 大学2年次へ編入する(Diploma1年+大学2年=計3年)
高校卒業
 ↓
● 英語コース(CELUSA南オーストラリア大学付属英語学校)
 ↓
 ↓ IELTS5.5の英語力を取得したら・・・
 ↓
● Diploma of Arts – Media Stream Stage 2 コース(SAIBT UniSA付属カレッジ)
・期間:8ヶ月〜1年
・学費:28,000 ドル(約210万円)
 ↓
 ↓ 規定の成績を修めたら・・・
 ↓
● Bachelor of Film and Television の2年次に編入
・期間:2年
・学費:29,400 ドル ×2年間= 50,800ドル(約442万円)

映像系の学士過程を終了後、映像視覚効果(Visual Effect)を学びたい方へ・・

南オーストラリア大学の Bachelor of Film and Television では、上記の通り現地の映像制作会社との提携でコース期間中に選択授業でVFXやインターンシップなど実践を含む形でコースを提供していますが、多くの大学の映画・メディア系コースではVisual Effectはエントリーレベルで学ぶことになります。

南オーストラリア大学で VFX以外の専攻で学ばれた方や、他大学で映像系コースの学士過程を終えられている方で、追加でVFX教科を学ばれたい人に向けて 修士課程にて2つのコースを開講しています。

こちらの修士課程は全てRising Sun Picturesのスタジオで、現職のプロから実践を含めて学びます。(UniSAのBachelor of Film and Television でVFX専攻で3年次に学ぶ教科で、南オーストラリア大学ではVFXレベルは インターメディエイトまで学びます)、もちろん留学生も受講可能なコースです。

大学南オーストラリア大学 – University of South Australia (略称UniSA)
コース名Graduate Certificate in Compositing and Tracking
内容シミュレートされた制作環境でビジュアル・エフェクトを業界ツール(Nuke、3DEqualizer、Maya、Shotgun)などを2次元エフェクトを主に学びます。
入学年2回(2月/9月)
期間半年
学費年間11,400ドル(約95万円)
キャンパスRising Sun Picturesのスタジオ
入学条件 映像・フィルム系の学士過程を卒業していること OR Graduate Certificate in Dynamic Effects and Lighting を終えていること。
英語力:IELTS 6.5(R6,W6)以上(UniSA の Bachelor of Film and Television 卒業生はIELTSは必要ありません)

Rising Sun PicturesのWebサイトより
https://education.rsp.com.au/sunisa/aunisa/graduate-certificate-in-visual-effects/

大学南オーストラリア大学 – University of South Australia (略称UniSA)
コース名Graduate Certificate in Dynamic Effects and Lighting
内容映画やスクリーンに複雑な視覚効果を生み出すために必要な理論的および実践的スキル(主に3Dモデリング)を学びます。
入学年2回(2月/9月)
期間半年
学費年間11,400ドル(約95万円)
キャンパスRising Sun Picturesのスタジオ
入学条件 映像・フィルム系の学士過程を卒業していること OR Graduate Certificate in Compositing and Tracking を終えていること。
英語力:IELTS 6.5(R6,W6)以上(UniSA の Bachelor of Film and Television 卒業生はIELTSは必要ありません)

Rising Sun PicturesのWebサイトより
https://education.rsp.com.au/sunisa/aunisa/graduate-certificate-in-dynamic-effects-and-lighting/

実際の映像制作の現場での知識・スキルを身につけたい方へオススメ

実際にハリウッド映画や各種映像制作を請け負う企業とのコラボレーションにより、学生で学びながら、映像制作現場での知識・スキルを学べる機会のある南オーストラリア大学は、同分野でのキャリアをお考えの方にオススメです。


出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合は南オーストラリア大学付属属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に出願手続きへ進みましょう。

留学相談&お問い合わせ

当社オーストラリア留学センターは 南オーストラリア大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年8月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。


豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら