【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ニューサウスウェールズ州留学生到着パイロットプランについて


オーストラリアでは現在国境がクローズしている状況ですが、留学生の渡航再開に向け、2021年9月24日にニューサウスウェールズ州政府が「ニューサウスウェールズ州留学生到着パイロットプラン」について発表をしました。

現在、留学の一時帰国中でシドニーに帰国をされたい学生、また、シドニーへの留学を希望している学生は疑問のある方が多いと思いますので、下記にまとめてみました。

*オーストラリアのCovid-19に関する状況については、こちらをご参照ください。

ニューサウスウェールズ州留学生到着パイロットプランについて


ニューサウスウェールズ州の教育機関で学ぶ留学生が渡航できるようにする「ニューサウスウェールズ州留学生到着パイロットプラン」は、ニューサウスウェールズ州政府が各国と話し合いをし作成し、オーストラリア政府にプランを提出、認可を受け実行されるプランです。これは、ニューサウスウェールズ州に留学生を安全、かつ、段階的に受け入れることを目的としています。

今回認可されたパイロットプランでは、大学を中心としたニューサウスウェールズ州の一部の教育機関で学ぶ留学生が、2021年12月4日から、2週間ごと、250人ずつチャーター便で計7回到着する予定です。(12月の様子をみて、拡大の予定)

到着をした留学生は、シドニーにあるパイロットプラン専用の学生用宿泊施設(Scape)で2週間の検疫期間を過ごします。オーストラリア政府がオーストラリア人の帰国者に対して定めているのと同様の、健康上および検疫上の要件を遵守することになります。

ニューサウスウェールズ州の留学生到着パイロットプランでは、帰国するオーストラリア人に影響を与えず、教育業界が費用の負担をし、ニューサウスウェールズ州政府が物流や帰国時の調整などの現物支援を行います。

ニューサウスウェールズ州留学生到着/パイロットプランの発表

今後もNSW州留学生の渡航に関する州政府のアナウンスメントは、下記のサイトに発表されますので、こちらをフォローしておくと便利です。

Study NSWニュース



【オーストラリアの国境オープンについて】

オーストラリア全体の国境オープンについては、 National Transition Planをご参照ください。

ニューサウスウェールズ州パイロットプランの基本的条件


参加基本条件

・学生ビザを取得し、ニューサウスウェールズ州の学校*で勉強をしていること。
・オーストラリアで認められているワクチン**の接種を完全に終えていること(Fully Vaccineated)

その他、下記が求められる予定です。
・参加費用5,500~6,000ドル程度+飛行機代が必要となります。
・検疫後、12週間の滞在先を事前に手配しておく必要があります。

パイロット計画の初期段階では、学業を完了または継続するために、大学院のリサーチや対面式の学習(実習や実験など)を行わなければならない学生が優先されます。また、対象者が多いため、各大学より少人数ずつ参加となります。

*2021年12月のパイロットプランに参加している学校は、Australian Catholic University, Macquarie University, The University of Newcastle, The University of Sydney, UNSW, UTS, University of Wollongong and Western Sydney University, the International College of Management Sydney, Kaplan, Navitas, RedHill, Study Groupです。

**オーストラリアで認可されているワクチンとは、2021年9月28日現在、ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンです。また、海外からの渡航者のみコロナバック(シノバック)、コビッドシールド(AstraZeneca/Serum Institute of India)が認められています。

認可ワクチンについてはアップデートをしていく可能性がありますので、下記のリンクよりご確認ください。

TGA認可ワクチン
コロナバック(シノバック)、コビッドシールド(AstraZeneca/Serum Institute of India)の特別認可

【注】
・2021年12月に行われるパイロットプランの条件を満たすには、更に学校ごとに別の条件があります。上記のすべての条件に合っても、今回のパイロットプランに参加ができない可能性があります。
・2021年10月から各学校より、対象の方宛に直接参加の連絡があります。参加のための費用や条件を確認し、希望される場合は学校に希望の旨、直接連絡をして下さい。

パイロットプランの質問集については、Study NSWのサイトよりご覧いただけます。

主な参加校のアナウンスメント


オーストラリアンカソリック大学/Australian Catholic University(ACU)

・NSW州にある、ノースシドニー、ストラスフィールド、ブラックタウンキャンパスの学生が対象。
・ビクトリア州、クイーンズランド州、ACT州キャンパスの留学生帰国計画について、関連する州・準州政府と積極的に協力していきますので、最新情報が入り次第、お知せがあります。
NSW International Student Arrivals Pilot Plan

マッコーリー大学/Macquarie University(MQ)

[10月6日Update]
対象者、費用、参加の流れなどが発表になっています。
Pilot plan to welcome back our international students

シドニー工科大学/University of Techonology Sydney(UTS)

[10月6日Update]
パイロットプラン対象者への連絡がスタートしました。12月にUTSの学生約60名が最初に到着予定です。対面クラスが必要となる、既にコースをスタートしている実践的または実験的な学習を必要とする学生が優先されます。

参加を決めた学生へは、パイロットプラン公認の旅行会社FCMから直接連絡があり、出発都市が決まり次第、学生と学校宛に連絡があるとのことです。

学生は、フライトを予約する前に、ワクチン接種状況を示す公式な証拠(例:ワクチン接種証明書)を提出する必要があります。証明書は読みやすく、明瞭で、英語で書かれていることを確認しておくことを勧めています。

NSW International Student Arrivals Pilot Plan

ウーロンゴン大学/University of Woolongong(UOW)

[10月6日Update]
パイロットプラン対象者への連絡がスタートしました。学校からメールがあり、ご希望の方は期限までに学校にメールを返信してください。
Pilot program to return international students

西シドニー大学/Western Sydney University(WSU)

パイロットプランのFAQが紹介されています。
NSW International Student Arrivals Pilot Plan

カプラン・ビジネス・スクール/Kaplan Business School(KBS)

[10月6日Update]
パイロットプラン対象者への連絡がスタートしました。学校からメールがあり、ご希望の方は期限までに学校にメールを返信してください。
優先対象となる学生は、2020年2月・3月の国境閉鎖前にすでにオーストラリアに留学していて、現在学生ビザを持っている学生とのことです。

アカデミー・オブ・インフォメーション・テクノロジー/Academy of Information Technology(AIT)

[10月6日Update]
パイロットプランの対象者への連絡がスタートしました。対象者は既に学生ビザを持っており、入学許可をえている学生です。対象者は期日までに希望を学校に連絡して下さい。
・検疫費用を学校が一部負担してくれるとのことです(条件あり)。
・参加費用5,791.20ドルの内訳を含め、発表されています。
AIT Welcomes Back International Students FAQ

テイフ・ニューサウス・ウェールズ/TAFE NSW

パイロットプラン対象校外ですが、お問い合わせが多いのでご案内します。
今回のパイロットプランは主に大学院の学生が対象であるため、残念ながらTAFEは対象校に含まれていません。ただ、2022年7月の入学では含まれる可能性があります。

そのため、2022年2月にオンラインコースが受講できるよう、現在教務課で検討・確認中ですが、基本的にはBachelorコースが対象になり、Diplomaコースについては一部オンラインで開講をする予定です。

【注】
・大学の情報は弊社が正規代理店として、各校から受け取った情報をもとにご案内をしております。
・上記のプラン詳細や学校の状況に関する個別のご相談は、弊社でお申し込みを頂いているお客様のみに限らせていただいております。
ご理解の程お願い申し上げます。

当社について、安心の現地サポート

オーストラリア専門の無料留学エージェント

当社オーストラリア留学センターは、日本に東京オフィス、そしてオーストラリア国内の主要6都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、アデレード、パース)に自社の現地サポートオフィスを構え、全オフィスに日本人スタッフが常勤している唯一の日本エージェントです。


オーストラリアの主要6都市にスタッフが在住しているメリットを最大限に生かし、「現地にいるからこそわかる、本当の学校情報をそのまま皆様にお伝えする」というシンプルな方針のもと、過剰な広告や留学フェアなどといった宣伝活動を一切行わず、オーストラリアの教育機関から支払われるサポート費のみで運営しております。ですので、よくある日本の留学エージェントと違い、手続きに対する手数料やサポート料は一切必要ありません。どこよりも確実な情報をもとに、安心してご留学をお任せいただくことができます。


エージェント選びにおいて、そのエージェントから提供される情報量と質、提案力はもちろん、自分が留学する都市にそのエージェントの自社オフィスがあるのか?日本人スタッフが常勤しているのか?も重要なポイントとなります。留学はスタートしてからが本番です。留学前の準備段階において無駄なお金や時間を費やさないよう利用するエージェントはしっかり見極めて選びましょう。

日豪全7オフィスの所在地は「当社について」、各カウンセラーとその所属オフィスは「スタッフ紹介」、当社のポリシーについては「皆様へのお約束」をご覧ください。

豪政府認定教育カウンセラー資格
当社のカウンセラーはオーストラリア政府公認の教育カウンセラー資格PIER(Professional International Education Resources)を保持しており、オーストラリア留学のアドバイス、進学プラン提案をする上で高い専門知識を保有するプロフェッショナルであるQEAC(豪政府認定教育エージェントカウンセラー)として正規登録されております。


また、オーストラリアの各大学も認定する留学エージェントを厳選しており、近年、PIER資格を持つカウンセラーが所属していることを条件としている大学が増えています。


留学会社選びはもちろん、担当になるカウンセラーが「PIER認定のQEACに登録されているかどうか」もエージェント選びの重要なポイントです。利用するエージェント選びの基準にされると良いでしょう。

当社のPIER認定のQEAC登録カウンセラーは「PIER資格保持者紹介」をご覧ください。

留学相談&お問い合わせ


当社オーストラリア留学センターは全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

オーストラリアの大学進学は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年9月現在の情報に基づいており、内容は変更されることもございますのでご留意ください。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら