【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

フリンダース大学でバイオテクノロジーを学ぶ

2020年7月1日、アデレードのRoyal Adelaide Hospital(ロイヤルアデレードホスピタル) にて、新型コロナウイルス (COVID19) ワクチン候補の一つが、人間への治験が始められました。これは、オーストラリアで初の対人における治験の開始となります。

全世界で、COVID-19のワクチン開発競争が始まっています。世界保健機関(WHO)によると、現在、世界中で140種類以上のワクチンが試験されているそうです。ワクチン開発にはバイオテクノロジー企業が主になりますが、オーストラリアの研究者は、COVID19 に終止符を打つ可能性のあるいくつかの大規模な臨床試験を主導しており、その中の一つが、フリンダースメディカルセンター内の バイオテクノロジー企業 Vaxine社が開発中の「COVAX-19(ワクチン名)」です。
この研究は、フリンダース大学教授兼 Vaxine社研究ディレクターである Nikolai Petrovsky氏が率いています。また、Vaxine社のワクチン開発チームは、技術的なコラボレーション、研究コミュニティへのアクセス、および新規のCOVID-19ワクチン候補の迅速な設計を可能にする クラウド・インフラストラクチャー のために Oracle Cluod(オラクル)社とも共同しています。
参考:First COVID-19 vaccine trial starts in Adelaide
7 News:Coronavirus vaccine human trials begin at Royal Adelaide Hospital

フリンダース大学は医療分野で強みを持つ大学ですが、バイオテクノロジーの分野で タンパク質研究は盛んに行われており、過去にも世界的な研究成果があります。

フリンダース大学で Biotechnology(バイオテクノロジー)を学ぶ

フリンダース大学は、1991年にBachelor of Science (Biotechnology) コースを開講以来、オーストラリアのバイオテクノロジー教育の先駆け的大学の一つです。オーストラリアで最初のバイオテクノロジーコースの一つでもあり、今でも業界から高評価を得ています。

バイオテクノロジーのすべての主要な分野における革新的な研究プログラムを提供しています。医療、産業、バイオインフォマティクス、環境、食品や農業バイオテクノロジー、バイオレメディエーション、癌研究、バイオ処理、植物病害抵抗性及びバイオコントロール、機能性食品、バイオエネルギー、水の品質マリンバイオテクノロジーなど、世界クラスの研究プログラムが用意されています。

Bachelor of Science (Biotechnology)


コースBachelor of Science (Biotechnology)- Honours
期間4年間
学費年間 36,700ドル(2021年)
入学月3月、7月
英語力IELTS Academic 6.0以上 (Speaking 6.0 Writing 6.0以上)
条件フリンダース大学 Foundation (FISC)を終えること

Graduate Certificate in Biotechnology


コースGraduate Certificate in Biotechnology
期間半年
学費半年 19,100ドル(2021年)
入学月3月、7月
英語力IELTS Academic 6.0以上 (Speaking 6.0 Writing 6.0以上)
条件生物学、農学、医療系学部の学士号修了(平均75%の成績)


Graduate Diploma in Biotechnology


コースGraduate Certificate in Biotechnology
期間1年間
学費年間 38,300ドル(2021年)
入学月3月、7月
英語力IELTS Academic 6.0以上 (Speaking 6.0 Writing 6.0以上)
条件生物学、農学、医療系学部の学士号修了(平均75%の成績)

Master of Biotechnology


コースMaster of Biotechnology
期間2年間
学費年間 38,300ドル(2021年)
入学月3月、7月
英語力IELTS Academic 6.0以上 (Speaking 6.0 Writing 6.0以上)
条件生物学、農学、医療系学部の学士号修了(平均75%の成績)

フリンダース大学 「Biotechnology(バイオテクノロジー)」 分野への進学

今後もっとも研究の進むバイオテクノロジー産業。世界的な研究発表のチームに名を連ねることもあるフリンダース大学で学んでみたい方は、ぜひ当社までお問合せください。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合はフリンダース大学付属属語学学校とセットでのお申込みとなります。
2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式に出願手続きへ進みましょう。

留学相談&お問い合わせ

当社オーストラリア留学センターは フリンダース大学 を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2020年8月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら