選択肢が「3つ」フリンダース大学で学ぶ看護学

オーストラリアへの留学の中でも人気の看護留学。通常、オーストラリアの正看護師を目指す場合、3年間の看護学士コースにて教育を受ける必要があります。

日本の看護学校卒の正看護師の場合でも、学歴の基準は「大卒」であることが正看護師登録では重要になります。

現在、オーストラリアのほとんどの大学は、日本の正看護師免許保持者でも看護学 3年間の履修が必要になりますが、フリンダース大学では日本の正看護師資格保持者に対して3年間が「1年間」または「2年間」になるコースを開講しています。 もちろん、オーストラリア看護協会でも正看護師登録できる大学・コースとして認められています。

下記ページもご参考ください。


学生のバックグランドにより看護学コースの選択肢が「3つ」あるフリンダース大学についてご案内します。

「1年間の看護学コース」

日本の看護専門学校をご卒業され、日本の正看護師資格をお持ちの方で、最短1年間で看護学士の資格が欲しい方向けのコースになります。

Bachelor of Nursing(Post-Registration)
【期間】1年間
【学費】30,400ドル(2018年度)
【入学】2月
【英語】
●IELTS Academic 6.5(Speaking 6.5, Writing 6.5,Reading 6.0,Listening 6.0 以上)
または
●フリンダース付属語学学校 English for Health Studies レベル7Aを終了
【条件】
●日本の看護専門学校卒業、日本の正看護師免許証明の2つ。職歴は不問
合計 1年間 30,400ドル


「2年間の看護学コース」

日本で看護学校を卒業、看護大学を卒業、正看護師免許保持者向けの2年コース
3年間の看護学コースを、過去の職歴、学歴、日本の正看護師資格にて、1年間の単位認定を得て、コース期間が2年間になるコースです。2018年入学より条件が緩和されております!

2年間のコースは大学卒業後に、卒業生ビザの申請が可能です。大学を卒業後も看護師としてのキャリアをオーストラリアで検討している方には、この2年コースは非常にオススメです!

昨年までフリンダース大学では、1年間の単位免除について、日本での教育機関(看護専門、看護大学)の卒業から6年以内の縛りや、職歴面などがありましたが2018年入学枠から条件緩和されています。 過去の学歴の卒業年度で諦めていた人、職歴の面で諦めていた人には、入学のチャンスがあります!

Bachelor of Nursing(Pre-Registration 1 year Credit)
【期間】2年間
【学費】29,100ドル(2018年度)
【入学】2月
【英語】
●IELTS Academic 6.5(Speaking 6.0, Writing 6.0,Reading 6.0,Listening 6.0 以上)
または、
●フリンダース付属語学学校 English for Health Studies レベル7Aを終了
【条件】
●日本の正看護師資格を保持しており、過去の看護師としての職歴の証明が提出できる方(学歴不問)
または・・
●日本の看護専門学校もしくは日本の大学で看護学をご卒業後、6年以内の証明が提出できる方(職歴不問)
合計 2年間 58,200ドル

上記は2年間のコースは、日本で看護師、または看護学校を卒業されている方向けのコースになりますが、日本の大学で看護学以外をご卒業された方向けにも2年間のコースがあります!

日本の大学で看護学以外をご卒業された方向けの 2年コース

日本の大学を卒業したけど、オーストラリアで看護師としてのキャリアを考えている人はいませんか?
通常、日本の大学にて看護学以外をご卒業された方が、オーストラリアで正看護師を目指す場合、3年間の看護学コースへの入学になりますが、フリンダース大学の看護学コースでは、「日本の大学で看護学部以外の卒業生の方へ1年間の単位免除」を得て2年間になるコースも開講しています。

上記の日本で看護学校を卒業、看護大学を卒業、正看護師免許保持者向けの2年コースと同様、こちらの2年間のコースも大学卒業後に、卒業生ビザ(卒業後の2年間は自由に仕事ができます)の申請が可能です。日本の大学では看護学以外を卒業したけど、、オーストラリアで看護師としてのキャリアを考えている方には2年コースは非常にオススメです!
こちらのコースも日本の大学を卒業後、6年以内の縛りがありましたが、条件が緩和(卒業年度不問)されております。

Bachelor of Nursing(Graduate Entry)
【期間】2年間
【学費】29,100ドル(2018年度)
【入学】2月
【英語】
●IELTS Academic 6.5(Speaking 6.0, Writing 6.0,Reading 6.0,Listening 6.0 以上)
または
●フリンダース付属語学学校 English for Health Studies レベル7Aを終了
【条件】
●日本の大学で看護学以外を卒業している証明を提出できること(卒業年度不問)
合計 2年間 58,200ドル


「3年間の看護学コース」

日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学で看護学を学びたい方へ3年間の看護学コースになります。

フリンダース大学では、日本の高校卒業時の成績が「80%」以上の場合は、大学へ直接入学が可能です。
高校の成績が 80%に満たない場合は、
●フリンダース大学のファウンデーション経由(8ヶ月〜1年)
●TAFE SA の Diploma of Nursing (Enrolled Nurse:1年半) 経由で(大学へ2年次編入)
●SAIBT の Diploma of Health Studies 経由(大学の2教科単位免除)
からの進学が可能です。
(各教育機関にて経由するパターンで英語力、条件、授業料などに違いがありますので、詳しくはお問合せください!)

Bachelor of Nursing(Pre-Registration)
【期間】2年間
【学費】29,100ドル(2018年度)
【入学】2月
【英語】
●IELTS Academic 6.5(Speaking 6.0, Writing 6.0,Reading 6.0,Listening 6.0 以上)
または
●フリンダース付属語学学校 English for Health Studies レベル7Aを終了
【条件】
●日本の高校卒業の成績が80%以上
合計 3年間 87,300ドル

英語力条件について

英語の条件を満たしていない場合でも、願書を提出し英語力以外の条件がクリアされていれば Conditional Offer (条件付オファー)が発行されます。
またIELTSスコアなどの基準点を満たしていない場合、フリンダース大学へのダイレクトエントリーを持っている語学学校から入学が可能で、語学学校+大学のパッケージプランも可能です。

IELI 提携語学学校からのダイレクトエントリー

フリンダース大学の看護学キャンパス(Sturt Campus)内にある付属英語学校 Intensive English Language Institute – IELI の English for Health Studies コースからIELTS証明なしでダイレクトエントリーが出来ます。

英語力レベルによって英語コースの修学期間(約15〜45週)が必要になります。

[IELTS 6.0 以上レベルをお持ちの方]15週間〜
入学金:200ドル
授業料:6150ドル(週410 X 15週間)
合計:6350ドル(2018年料金)

[IELTS 5.5〜6.0 レベルをお持ちの方]25週間〜
入学金:200ドル
授業料:8,750ドル(週350 X 25週間)
合計:8,950ドル

[IELTS 5.0 ~ 5.5レベルをお持ちの方]30週間〜
入学金:200ドル
授業料:10,500ドル(週350 X 30週間)
合計:10,700ドル

[IELTS 4.5 ~ 5.0 レベルをお持ちの方]40週間〜
入学金:200ドル
授業料:14,000ドル(週350 X 40週間)
合計:14,200 ドル

フリンダース大学付属語学学校IELIを卒業後、看護学へ進学した学生さんの体験談もご参考ください!
【体験談】看護学部へ進学!フリンダース大学付属IELIでよかった!

看護分野においてフリンダース大学を選択する理由


看護分野での知名度
オーストラリアの大学の中で、看護学(Nursing)と言えば、必ず名前があがるほど看護の分野では非常に知名度が高い大学です。また、看護学部の施設の充実度は、オーストラリアの大学の中でもトップクラスを誇っています。
在学中の実習先も大学側がそれぞれの学生の応じて、手配をしてくれます。
また、フリンダース大学の卒業生に現地で活躍する日本人看護師の多さもあげられるでしょう。
実際に日本人の先輩看護師が、フリンダース大学の卒業生であることは日本人看護師のネットワークの強みに繋がります。

コース選択肢
看護師は、オーストラリアの永住権を目指すことが出来る人気の高いコースですが、多くの大学では、3年間の看護学士コースのみを開講していますが、フリンダース大学は 学生の過去の「学歴」や「看護師経験」などにより1年、2年、3年とオーストラリアの大学の看護学部の中では最多のコース選択肢を設けています。

・進学ルートと英語力
看護学の学びにおいて、多くの方を悩ませるのは 英語力と費用面があげられます。
フリンダース大学では 英語力面ではIELTS無しでもダイレクトエントリーできる進学ルートもあり、費用面でも他大学の看護学部に比べて決して高い大学ではありません。また学力面においても、日本の高校の成績で80%以上であれば、直接大学入学が可能、また80%以下の学生でも、ファウンデーションや専門学校経由などの選択肢があります。

将来、オーストラリアで看護師としてのキャリアを目指す方、フリンダース大学にご興味のある方はぜひご相談ください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら