【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ラ・トローブ大学でサイバーセキュリティーを学ぶ

近年、様々な場面で耳にするようになった「サイバーセキュリティ」

Webサイトなどで簡単に物の売買や個人情報の受け渡しが可能になった現代、サーバなどへの不正な攻撃は近年増加し続けており、一般のニュースで大きく報道されることも珍しくなくなってきました。

近年では攻撃対象も大手企業だけでなく、中小企業にまで広がっているため、多くの企業で対策が必要となってきています。

こうしたサイバー攻撃による被害を未然に防止するためのセキュリティエンジニアのスキルや知識を習得出来るラ・トローブ大学での「サイバーセキュリティー コース」をご紹介します。
目次

サイバーセキュリティーのカリキュラム詳細

1年目は基本的なITに関する内容、2年目以降から具体的なサイバーセキュリティーを学び、そして3年目には現地の企業にインターンシップ、就労を通して実際の業務技術を身につけていきます。

ラ・トローブ大学では全世界でIT、テクノロジー、エンタープライズ製品などを取り扱うヒューレット・パッカード エンタープライズ (HPE) 、オーストラリアの大手通信会社のオプタス、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社シスコシステムズや世界TOP3に入る専業ITサービス企業DXCテクノロジーと連携しており、コース構成のアドバイスから最新情報の共有また職業訓練の場を提供しています。

2021年のコース概要・費用・入学条件

学士へ直接入学

コースBachelor of Cybersecurity
期間3年(6学期)
入学日3月,7月,11月
費用1年間36,200ドル(約290万円) x 3年(合計6学期) = 108,600ドル(約870万円)
英語IELTS6.0(各セクション6.0以上)
学歴日本の高校卒業資格/高校の成績3.5以上(5段階評価)

卒業まで合計3年、学費はおよそ870万円となります
Year1Year2Year3
  • 不正行為、盗作および共謀の概念についての理解
  • オーストラリア先住民の歴史、文化、習慣の紹介
  • プログラミング
  • ITの基礎
  • サイバーセキュリティーの基礎
  • ビジネスデーターの分析
  • アルゴリズム(問題を解くための手順)
  • 現在の一般的なサイバー攻撃の具体的な防御方法

  • リスクマネージメント
  • コンピューターネットワークの構造
  • サイバーセキュリティ基本法
  • 暗号技術、認証技術、アクセス制御・防御技術
  • ハッカー/犯罪者心理学

  • デジタルフォレンジック基礎
  • 業界プロジェクト1
  • ソーシャルメディアの問題と危機管理
  • 業界プロジェクト1
  • ICT業界での職業訓練

修士号へ直接入学

大学院のコースでは、Bachelorコースで勉強をした、アルゴリズム、ネットワークセキュリティー、サイバーセキュリティ基本法、ハッカー/犯罪者心理など、より深く勉強をしていきます。

入学条件として英語力の他に、IT関連以外の学士号を取得していれば進学が可能ですが、事前に業界関連の知識やITを熟知している者に限ります。

Masterコースへの留学生枠は非常に少なくなり、高いITやサイバーセキュリティーの知識や経験が問われます。

コンピューターの仕組み・プログラミング・タスクの遂行やサービスの提供からサイバーセキュリティーに対するハッカーの心理や動機までを学ぶコース
コースMaster of Cybersecurity (Computer Science)
期間2年(4学期)
入学日3月,7月,11月
費用1年間37,000ドル(約296万円) x 2年(合計4学期) = 74,000ドル(約592万円)
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
学歴学士号を修得していること(分野問わず)

企業を取り巻くサイバーセキュリティに関するさまざまな問題や課題について、ビジネスの視点から学ぶコース
コースMaster of Cybersecurity (Business Operations)
期間2年(4学期)
入学日3月,7月,11月
費用1年間37,000ドル(約296万円) x 2年(合計4学期) = 74,000ドル(約592万円)
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)
学歴学士号を修得していること(分野問わず)
卒業まで合計2年、学費はおよそ592万円となります

專門コースから進学

日本の高校卒業後にラ・トローブ大学では学士コースから開始する事も出来ますが、入学基準や英語に不安がある方は專門コース経由で大学の学士コース2年次へ進学出来るプランがあります。

專門コースのDiploma of ITからであれば、英語力もIELTS5.5(各セクション5.5)と低い基準&ITの基礎から勉強していく事が出来るので、大学へ進学した後もスムーズに授業へ参加する事が出来ます。
ディプロマコース
コースDiploma of IT(Cybersecurity Stream)
期間2もしくは3学期(1年間)
入学年3回(2月/6月/10月)
学費30,600ドル(約244万円)
条件【英語】IELTS5.5以上(各5.0以上)または付属英語学校英語コース
【学歴】高校を卒業している事
 ↓
ディプロマコース修了後、ラ・トローブ大学へ途中編入(96単位免除されます)
 ↓
大学本科コース(約2年間)
コースBachelor of Cybersecurity
期間2年間(4学期)
学費36,200ドル(約290万円)× 2年(合計4学期=72,400ドル(約580万円)
卒業まで同じく合計4年、学費はおよそ824万円となります

ディプロマコースでは6科目の必須科目と選択科目から3科目を選び勉強します。

必須科目
情報技術の基礎
ビジネスデータの分析
プログラミング環境
ネットワークエンジニアリングの基礎
サイバーセキュリティの紹介
サイバーアルゴリズム
選択科目
経済基礎
経済問題の調査
他者と働く、チームワーク
マーケティング
コンピューター支援設計
エンジニアと科学者向けのプログラミング
情報システム

奨学金

ラ・トローブ大学では奨学金制度が設けられておりますので、ご自身の条件に当てはまるものがあればぜひ応募されてください。

ラ・トローブ大学の奨学金についてはこちらから

出願と大学卒業までの流れ

2021年3月に高校を卒業、ディプロマのIT(1年間)を経由して、ラ・トローブ大学のサイバーセキュリティー を学ぶ場合の、出願と大学卒業までの流れをお知らせ致します。

2020年9月−12月*            ラ・トローブ大学へ出願。合格見込みがあるかどうかを判定し、条件付き入学許可である「Conditional Offer」を受けます。
この時点でIELTSやTOEFL等で英語力条件を満たせておくことが理想ですが、後から追加して英語力証明を提出することもできますし、付属英語コースを受講して進学を目指すこともできます。
2021年3月 高校卒業。最終の成績証明書と卒業証明書を提出し、合格を受けます。
2021年3月−5月     入学の準備。合格が出ましたら、学費のお支払い、入学お手続きを行い、学生ビザ申請、最初の宿泊先手配等、入学に向けた準備を行います。
2021年7月 ディプロマのITコース入学
2022年7月 ラ・トローブ大学の大学2年に編入。
2024年6月 ラ・トローブ大学卒業。

留学までの準備

1. まずは英語試験を受けましょう

まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
IELTSスコアは足りなくても出願可能です。その場合は大学付属語学学校とセットでのお申込みとなります。

2. 出願に必要な書類4点を準備しましょう

出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 大学の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 大学の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー

ラ・トローブ大学への進学

オーストラリア留学センターは、ラ・トローブ大学の日本の公式出願相談・相談窓口として、皆さまの大学進学を無料でお手伝いしております。

ラ・トローブ大学のサイバーセキュリティーにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

**ご注意点**
・上記情報は2020年11月現在のものを参考にしており、入学条件や費用等は変更されることもありますので、ご留意ください。
・ご参考の日本円は、1ドル=80円換算としておりますが、実際の費用は、学校費用お支払い時のお客様ご利用の金融機関の為替レートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号N1067)
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら