【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ウーロンゴン大学でサプライチェーンマネジメントを学ぶ

新型コロナウイルスの感染リスクを考え、外出を控えて自宅からオンラインショッピングを利用される方も多いかと思います。

Amazon、楽天市場をはじめ、今や家具・家電などの大型商品も含めて、ECで購入できるモノは幅広く、ショッピングの場が「店舗」から「ECサイト」へ移り変わったといえます。
「UberEATS」などフードデリバリーも充実してきており、ビジネスにおいて販売と配送が切っても切り離せない時代において、サプライチェーンマネジメントによって、統合的な管理体制を構築することが求められています。

サプライチェーンマネージメントとは?

サプライチェーンマネジメントとは、原材料の調達から消費者への販売に至るまでの一連の流れ、つまり生産・物流・販売のプロセスを統合的に管理し、全体最適化を実現するための経営管理手法です。
「良い製品を作って売る」ということは、ビジネスの基本中の基本です。しかし、それだけで利益を確保していくことはできません。良い製品を最適なターゲットに届ける、配送などのリードタイムを迅速化する、在庫の最適化を行う、適切な仕入れを行うなど、様々な要素が絡み合って初めて利益を確保することができます。
Amazonに代表されるECの発達により、顧客のニーズは商品の注文から配送まで、短納期で一貫したサービスが求められるよう変化してきました。こうしたニーズに対応するには、製造・販売拠点の配置や拠点間の物流ネットワークの整備・見直しが必要となり、また、注文から短納期で出荷するためには、リードタイムの短縮化と在庫の最適化が求めれます。
ここで重要になるのがサプライチェーンマネジメントです。仕入れから販売に至るまでの各プロセスを「一つのチェーン(鎖)」として捉え、全体最適化を図るための取り組みです。

ウーロンゴン大学では、学士課程、修士課程のそれぞれにて、サプライチェーンマネージメントを学ぶことが出来ます。

ウーロンゴン大学でサプライチェーンマネージメントを学ぶ理由

業界団体認定コース

コース卒業後はSupply Chain & Logistics Association of Australia (SCLAA) 、Logistics and Supply Chain Management Society (LSCMS) Singaporeに登録をすることが可能です。
Bachelor、Masterコースそれぞれ認可を受けています。

Bachelorコースで選べる専攻科目

Bachelor of Commerceの専攻として、2年次よりSupply Chain Managementを学びます。
1年目はビジネスの科目を学び、今日の組織が直面している問題をしっかりと理解できるようにします。2年次から専攻科目であるサプライチェーン構造の全体的な理解を深め、調達および在庫管理モデル、サプライチェーン内のテクノロジーを実現する役割、パフォーマンス測定手法について理解を深めます。
そして専攻(Major)に加えて、副専攻(Minor)として下記の科目から組み合わせることができます。

  • Accounting(会計)
  • Business Information Systems(ビジネス情報システム)
  • Business Law(ビジネス法)
  • Economics(経済)
  • Finance(ファイナンス)
  • Human Resource Management(人事管理)
  • International Business(インターナショナルビジネス)
  • Management(マネジメント)
  • Marketing(マーケティング)
  • Public Relations(広報)

Bachelorコースではインターンシップの機会がある

Bachelor of Commerceでは専攻(Major)に関わらず、KPMG、Mercer、National Australia Bank(NAB)、Accor Hotelsをはじめとしたパートナー企業と16日間のビジネスインターンシップのチャンスがあります。

2年間で2つのビジネス系修士号を取ることも可能!

Master of Supply Chain Management(1.5年)で12科目を勉強して、そのうちの6科目を2つ目の修士へ単位移行することで、2年間で2つのMasterコースを学ぶことが出来ます。

学士号(Undergraduate /Bachelor degree)で学ぶ

履修科目について

Bachelor Commerceでは3年間で144クレジット分の科目を履修します。そのうち、2年次にSupply Chain Management専攻科目(48クレジット)を学びます。
Supply Chain Management専攻科目(48クレジット)
  1. Operations Management(オペレーションマネージメント)
  2. Systems Thinking and Simulation(システム思考とシュミレーション)
  3. Principles of Supply Chain Management(サプライチェーンマネジメントの原則)
  4. Strategic Management(戦略的経営)
  5. Supply Chain Strategies(サプライチェーン戦略)
  6. Logistics Management(ロジスティクス管理)
  7. Continuous Quality Improvement(継続的な品質改善)


  8. ※選択科目下記から1つ(6クレジット)

  9. Management and Electronic Business(マネージメントと電子ビジネス)
  10. Small Business Management(中小企業経営)

Bachelor of Commerce (Supply Chain Management) 募集要項

コース名Bachelor of Commerce (Supply Chain Management)
期間3年間
入学2月、7月
学費年間30,240ドル(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 6.0(リーディング、ライティングセクション 6.0、リスニング、スピーキング5.0)またはTOEFL70(リーディング、ライティング18、リスニング、スピーキング12)以上
出願条件 ・日本の高校を5段階評価中3.8以上(4科目以上のアカデミック科目)で卒業
または
・ウーロンゴンカレッジディプロマコースを規定の成績を修めること。

※ウーロンゴンカレッジからの詳しい進学方法はこちらからご参照ください。

修士号(Postgraduate / Master Degree)で学ぶ

履修科目について

Master of Supply Chain Managementでは72クレジット分の科目を履修します。
Master of Supply Chain Management科目(72クレジット)
  1. Accounting and Financial Management(会計および財務管理)
  2. Principles of Marketing Management(マーケティング管理の原則)
  3. Organisational Behaviour and Management(組織行動と管理)
  4. Operations Management(業務管理)
  5. Supply Chain Management(サプライチェーンマネジメント)
  6. Total Quality Management(総合品質管理)
  7. Supply Chain Analytics(サプライチェーン分析)
  8. Strategic Procurement Management(戦略的調達管理)
  9. Advanced Supply Chain Management(高度なサプライチェーンマネジメント)
  10. Logistics Systems(ロジスティクスシステム)
  11. Project Management(プロジェクト管理)
  12. Operations Capstone(オペレーションキャップストーン)

Master of Supply Chain Management募集要項

コース名Master of Supply Chain Management
期間1.5年間
入学2月、5月、8月
学費47,088ドル/コース(2021年度)
英語 ・IELTS Academic overall 6.5(ライティングセクション 6.0)またはTOEFL86(リーディング、ライティング18、リスニング、スピーキング17)以上
出願条件 ・関連学部(Business、Engineering、 Maths、IT)を50%以上の成績で卒業していること。

※Logistics、Supply Chain Managementの学士号保持の場合は、24クレジット(約半年)の単位免除の可能性があります

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にウーロンゴン大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターはウーロンゴン大学を含め全豪29大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年1月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=80円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。

CRICOS Provider No: 00102E

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G175)
シドニー滞在歴15年を経て、現在東京オフィスで留学コンサルタントとして 皆さんのオーストラリア留学実現へ向けてサポートしています! 現地での滞在・進学経験を踏まえて、皆さんのご留学へむけての不安を解消して安心して出発の日を迎えられるよう、アドバイスしています。 まずはお気軽にご相談下さい! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら