【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

インパクトに行ってきました!

本日はバークストリート、サザンクロス駅近くに位置するインパクトに行ってきました!

現在の学校の状況を、学校担当のMARIさんにお話を伺ってきました。

現在の在籍数は350人。各クラス日本人は3-5人程度
国籍割合は日本21% コロンビア17% ヨーロッパ 9% 韓国15%  その他のアジア2% 台湾11% ブラジル10% タイ 2% その他のサウスアメリカ7%となっています。

日本人の割合が多く見えますが、まりさんによると3月末に日本人学生がたくさん卒業するので、割合が減る予定とのこと。
インパクトは魅力があるけど、日本人が多そうと思っている方、3月以降がねらい目です!


この学校は学生の学ぼうとする意識が高いということで有名です。もちろんメルボルンで一番厳しいというイングリッシュオンリーポリシーを採用している学校ですが、実際に学校を見学してみると、みんなで理解し守りあっているという温かい雰囲気でした。

現在の開講コースは一般英語、ケンブリッジ(FCE、CAE)、IELTS、バリスタイングリッシュ、Business、TESOLとなっています。
特に人気のバリスタ英語コースは、近い日付の開講日は満員で、今申し込む事ができるのは7月以降です。
検討中の方、お早目の申し込みをおすすめします!

校内は温かい色彩に統一され、バリスタコース卒業生がコーヒーを入れるカフェがある生徒用ラウンジでは、学校が始まる前に自習をする生徒の姿を見ることができました。ホームワークの他に希望者にはスタディパックを渡している等、学校全体で生徒の英語学習をバックアップしているインパクト。
近日中に6階の図書館やパソコンルーム、教室等が完成し、さらに綺麗になるそうです。楽しみですね。

選択授業等も充実していて、リピーターが多くフィードバックが良いという実績も納得できる一校です。
インパクトに関するご質問、お問い合わせは、オーストラリア留学センターメルボルン支店までお気軽にお問い合わせ下さい!



サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら