【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

メルボルンのTAFE進学希望者必見の”Pathway to Victoria奨学金”


オーストラリアのビクトリア州が、留学振興と留学生サポートのために”Pathway to Victoria Scholarship(PVS:パスウェイ・トゥ・ビクトリア奨学金)“という奨学金の配給を発表しました。

PVSは、英語コースやファウンデーション、ディプロマコース等と大学本科をパッケージにして進学をする方や、州立専門学校(TAFE)のコースでパッケージにして進学をする方を対象にA$2,500(約21万円:1豪ドル=85円換算)が補助される奨学金制度です。対象者全員が受けることが出来、割り当て予算がなくなり次第終了となります。

各大学やTAFEが対象となりますが、各機関によっても条件を設けています。こちらでは現在(2021年9月1日現在)発表している各TAFEの条件についてご案内します。

大学の情報に関しては「メルボルンのTAFE・大学対象の奨学金 Pathway to Victoria Scholarship」を別途ご参照ください。

共通のPVS条件

・2022年12月末までにパッケージする最初のコースを開始していること
・その学校にとって新規の学生であること
・学生ビザを申請する留学生であること
・奨学金が対象になった後、速やかに求められる次の手続きに進めること ※1
・2つ目のパスウェイコースを問題なく開始できること ※2

※1 支払いやアクセプトの手続きが遅くなった場合は、奨学金対象から外れる場合があります。
※2 開始できない場合は。2500ドルの支給はキャンセルされます。最初のインボイスで差し引きされた場合は、払い戻す必要があります。

各教育機関のPVS条件

ウィリアム・アングリス・インスティチュート / William Angliss Institute(WAI)
英語コース(Impact English College)とのパッケージ
・WAIで2500ドル免除ではなく、インパクトにて合計10週間(3750ドル相当)の授業料と教材費が免除になる!
・上記10週間の授業料は先払いの必要なし!
・WAIの開始は2022年7月か10月、もしくは2023年2月の方が対象
・20週間までの英語コースが申請可能
・インパクトにて奨学金申請前に英語レベルチェックテストの受験が必要。その後WAIにて奨学金申請
・オファーの承認と支払い完了し入学許可書を入手した後で奨学金が確定
・スカラシップ申請時点でオフショア(オーストラリア以外に在住)であること

WAI内のコースのパッケージ
・Certificate + Diploma以上、もしくは、DiplomaかAdvanced Diploma + Bachelorでパッケージ可能
・奨学金支給の対象になった場合2500ドルは初期支払い時のインボイスにて差し引かれます。
・スカラシップ申請時点でオフショア(オーストラリア以外に在住)であること
・COEが発行されてから6ヶ月以内に学生ビザを申請すること



ホルムズグレン・インスティチュート / Holmesglen Institute
英語コース(Impact English College)とのパッケージ
・ホルムズグレンで2500ドル免除ではなく、インパクトにて合計10週間(3750ドル相当)の授業料と教材費が免除になる!
・上記10週間の授業料は先払いの必要なし!
・ホルムズグレンの開始は2022年7月、もしくは2023年2月の方が対象
・30週間までの英語コースが申請可能
・インパクトにて奨学金申請前に英語レベルチェックテストの受験が必要。その後ホルムズグレンにて奨学金申請
・オファーの承認と支払い完了し入学許可書を入手した後で奨学金が確定
・オフショア(オーストラリア以外に在住)であること

メルボルン・ポリテクニック / Melbourne Polytechnic(MP)
英語コースとのパッケージ
Impact English College、もしくは、Discover Englishから選べる
・2022年12月末日までに英語コース開始が必要
・英語コースを予定通り修了し、次の専門コースを開始した時点で、MPより2500ドルがクレジットとして戻る
・Scholarship申し込み不要。語学学校のオファーレターと共にMPに出願した時点で適用になればPVSレターが発行される
・オファーの承認と支払い完了で奨学金が確定

Melbourne Polytechnic内のコースのパッケージ
・Certificate IV + Diploma、もしくは、Certificate IV + Diploma + Bachelorでパッケージ可能
・最初のコースを予定通り修了し、次のコースを開始した時点で、2500ドルがクレジットとして戻る
・Scholarship申し込み不要。MPに出願した時点で適用になればPVSレターが発行される

Impact Englishと合同奨学金の申請方法

上記でもお伝えしたように、ウィリアム・アングリス・インスティチュートとホルムズグレン・インスティチュートでの英語パッケージは、TAFEからの2500ドルのクレジットバックではなく、10週間の授業料免除となります。


インパクト支払い時に既に奨学金が適応されたレター兼請求書が届きますので、先に差し引きした額で支払いが可能です。

◎手続きの流れ
・インパクトにてレベルチェックテストを行い、パスウェイコースの週数が規定の期間でおさまることを確認

・各TAFEのPathway to Victoria Scholarshipに申請

・受理されたら、インパクト&各TAFEへ出願&オファーレターの入手

・各学校への支払いとCOEの入手

・Pathway to Victoria Scholarshipが確約される

・英語コースと修了と専門コースへの予定通りの入学が必要 

※パッケージコースを開始後TAFEコース進学をキャンセルされた場合には、TAFEに事前に払ったScholarship分の$2500は返金されません。

※まずは当社までお問い合わせください。お客様ひとりひとりに合わせたスタディープランをご案内します。

※すでに設定したインパクトの開始日までに国境が開かない場合は、オンライン授業(ImpactBlend)から開始できます。

※ImpactBlendは2022年2月より開始予定です。タイムテーブルは以下となります。
2022年4月1日以前の時間割: 月~金 10:00am〜15:00pm
2022年4月4日以降の時間割: 月~金 11:00am〜16:00pm

メルボルンのTAFE進学


オーストラリア留学センターは、ご紹介しておりますメルボルンのTAFEや各大学を含むオーストラリアの教育機関の日本の公式相談・出願窓口です。メルボルンを含むオーストラリアの6つの都市に現地サポートオフィスがあり、学校との連絡・確認から、皆様の留学の無料サポートを行っております。

オーストラリア留学をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ時にこちら情報をお伝えいただけますと、より具体的なご相談ができます。
・学歴:学位、専門、成績、卒業(予定)年月
・英語力:IELTS(アカデミック)やTOEFL iBT等お持ちの場合は合計得点と各セクション(RWSL)の得点
・ご希望:TAFEや大学で学びたい分野や学校選びに重視したい点
・教育機関:ご希望機関が決まっている場合は学校名
※本記事は2021年9月1日現在の情報に基づき作成しており、今後予告なく変更されることもあります。
※現在正式に発表している弊社取り扱いTAFEのみ記載しています。他のTAFEに関してや、情報の追加は教育機関より随時発表あり次第追加します。
※Scholarshipの条件やルールは各学校のScholarshipページや発行されるレター上で案内されますので、必ずご自身でも条件は確認下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら