スウィンバーン工科大学で幼児教育/チャイルドケアを徹底的に学ぶ

即戦力になる人材育成をモットーにしているスウィンバーン工科大学(Swinburne University of Technology)は、デザイン&アート学部部門で世界的に高評価な大学になります。近年では幼児教育にも力を入れており、大学組織の中に州立専門コース(TAFE)部門がある特徴を活かし、基礎からしっかりと学ぶ事が出来ますので人気のコースになっております。

「幼児教育」とは6歳までの幼児を対象とした乳児&幼児ケア、発達や心理、緊急応急処置対応、食育健康管理を主に勉強していくコースです。

何故オーストラリアで幼児教育コースが人気があるのか

移民国であるオーストラリアでの教育はそれぞれの国籍、宗教、環境、健康に合わせ平等、且つ柔軟な対応が必要とされます。現在ビクトリア州で3684ものチャイルドケアセンターがあるにも関わらず、「保育士1人に対して子供4人までしか見ることが出来ない」という規則から常に人材不足の状態。近年では国際理解という概念のもと2カ国語以上話せる職員が求めれられる傾向にあり、留学生や移民にも比較的就職しやすい業界になります。

スウィンバーン工科大学の強み

多くの私立&州立専門学校でも幼児教育コースは開講されておりますが、実際にチャイルドケアセンターでの就労経験の長い教員から学ぶ事が出来、現在のチャイルドケアセンターの現状や思いがけないトラブルが起きた際の対応方法のアドバイスなど受ける事が出来ます。

またビクトリア州政府はチャイルドケアセンターの教育プログラム、安全衛生管理、環境、職員などを定期的に査定されております。「大幅な改善が必要」と判断されてしまった場合は運営停止になるなど、どのケアセンターでも技術の高い職員を求めています。スウィンバーン工科大学はチャイルドケアセンターからの教育内容や生徒の技術にも信用も厚く、在校生から卒業生まで沢山の生徒が幼児教育業界で活躍しています。

日本人留学カウンセラーが常駐しており留学生へのサポートもしっかりしています。コースの相談から学費の支払い確認などいざ困った時に気軽に相談する事が出来るのは安心です。

Cert III in Early Childhood Education and Care

入学日3月、8月
コース期間6ヶ月
学費8,000ドル(1ドル81円換算で約65万円)
入学基準IELTS5.5以上(各バンド5.0以上)、高校卒業
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。

授業は週3〜4日のみではありますが、多くの課題やレポートの提出がありますので、しっかりと知識を身に着けないと単位は貰えません。また6ヶ月のコースの間に実務経験が求められますが、計2箇所のチャイルドケアセンターで各2週間ずつ(週4日勤務)実際に子供たちに触れ合いながら実習をします。この実務経験(ワークプレースメント)は大学にチャイルドケアセンターをアレンジするコーディネータが常駐しており、要望や生徒が住んでいるエリアから通学しやすいケアセンターを紹介してくれます。

Diploma of Early Childhood Education and Care

入学日3月、8月
コース期間18ヶ月
学費24,000ドル(1ドル81円換算で約195万円)
入学基準IELTS5.5以上(各バンド5.0以上)、高校卒業、オーストラリア基準の緊急応急処置資格保持
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。

Diplomaコースも授業は週3〜4日、4週間2箇所のチャイルドケアセンターにて実習が組み込まれております。子どもの学習と育成を促進するためのカリキュラムの設計や実施、補助が必要な幼児へ家族を含めた適切な教育なども勉強をしていきます。

Bachelor of Education (Early Childhood and Primary)

入学日3月、8月
コース期間3年間(*通常4年間、Diplomaから進学される生徒さんは1年免除になります)
学費78,000ドル(1ドル81円換算で約632万円)
入学基準IELTS56.5以上(各バンド6.0以上)、高校卒業
*2019年3月20日現在、費用や入学条件などは変更する事もございます。

オーストラリア留学センターはスウィンバーン工科大学認定の日本人向け出願窓口です

弊社では、同大学認定出願窓口として、大学/専門コース進学を無料でお手伝いしております。

本科コースへの進学方法や留学プランの立て方や、ご準備の仕方は、お一人おひとりの状況に代わります。チャイルドケアコースへの進学をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号N1067)
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら