【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

グリフィス・ディプロマから編入可能なプログラム

グリフィス大学が留学生に人気がある理由の1つは大学付属のグリフィスカレッジで開講しているディプロマから大学へ編入制度があるという点です。ディプロマ経由の進学は日本ではあまり馴染みがないのでイメージが湧かない方もいると思いますが、オーストラリアでは非常に一般的な進学方法であり、「言語」や「成績」の面で不安がある方には非常にお勧めのプランとなります。

ディプロマ経由のメリットを3つ挙げるとするならば・・・

手に届く入学条件

直接入学に必要となる成績や英語の入学条件は高めですが、ディプロマでは低めに設定されています。これにより早い段階から専門の勉強をスタートすることができます。

充実したサポート

ディプロマというのはオーストラリアの専門課程の学位ですが、グリフィスカレッジでは実質大学1年生で学ぶ授業が開講されています。入学条件が直接入学よりも低い状態でスタートするため、もちろん学習面においてサポートが必要です。グリフィスカレッジは大学よりも1クラスの学生数が少なく、英語面から専門知識の部分まで幅広くカバーできるサポート体制を設けています。

ディプロマで取得した単位が移行できる

語学学校やファウンデーションコースを経由する場合、進学が出来ても単位を移行することは出来ません。(これらのプログラムは大学の学部の科目ではないため)一方ディプロマコースはその多くが大学レベルの科目で構成されているため、単位を移行することが可能です!これにより全体の大学通学期間を短縮することができ、学費・生活費も節約することが出来ます。

グリフィスカレッジには多くのディプロマプログラムが用意されており、グリフィス大学の様々学部へ単位移行が可能です。どのディプロマを経由したら大学のどのプログラムにどのくらい単位が移行できるのか?についてを、本記事ではご紹介します。

編入の仕組み

グリフィスカレッジで取得した単位は、全て・もしくは一部が大学の単位に移行されます。グリフィスカレッジでは1年で8単位の科目を学びますので、8単位分移行される場合は学んだ分が全て移行できる場合、それ以下は一部の単位が移行できるという仕組みです。

[全て移行される場合]
一般的にディプロマで1年学んだら大学の2年次の編入という認識なのですが、厳密にいうとディプロマの科目が大学の1年次に全て移行できるとは限らず、2年次・3年次の科目に移行される場合もあります。ただオーストラリアの大学では単位数によって通学期間が決まるため、8単位移行できる場合は大学の残りの通学は2年間、ということになります。

[一部移行される場合]
単位が一部のみ移行される場合、単位移行後に大学で何単位を取得するかによって合計の通学期間が決まります。


仕組みを理解いただいたと思いますので、次にカレッジで開講されている各種プログラムと単位移行が可能な大学のプログラムをご紹介していきます。

Diploma of Commerce(経済)

ビジネス学部へのパスウェイがあり、グリフィスカレッジで最も人気なプログラムの1つです。ビジネス以外にも国際関係/法学部/航空マネジメントにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Business8単位
Bachelor of Communication and Journalism/Bachelor of Business7単位
Bachelor of Government and International Relations6/7単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Aviation Management4/5単位

Diploma of Hotel Management(ホテルマネジメント)

観光学部へのパスウェイがあり、Commerceと同様留学生に人気のプログラムです。観光学部外にもビジネス学部には全ての単位を移行でき、国際関係学部や法学部にも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of International Tourism and Hotel Management8単位
Bachelor of Business8単位
Bachelor of Government and International Relations7/8単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Information Technology(IT)

IT学部へのパスウェイがあり、その他コンピューター系のプログラムにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Information Technology8単位
Bachelor of Intelligent Digital Technologies6/7単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Computer Science2単位

Diploma of Design(デザイン)

デザイン学部へのパスウェイがあり、その他アート系のプログラムにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Design8単位
Bachelor of Architectural Design3単位
Bachelor of Design/Bachelor of Business5/6単位
Bachelor of Fine Art4単位
Bachelor of Photography4単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Engineering (工学部)

様々な分野の工学部にパスウェイがあります。
編入可能な学部
Bachelor of Engineering (Honours) (Civil, Electrical, Electronic, Mechanical)8単位
Bachelor of Engineering(Honours) (Electronic and Energy, Electronic and UAV, Software, Mechatronics)7単位
Bachelor of Engineering(Honours) /Bachelor of Aviation7単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Industrial Design4単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Criminology and Criminal Justice(犯罪学)

犯罪学部へのパスウェイがあり、その他法学部にも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Criminology and Criminal Justice8単位
Bachelor of Laws(Honours)/Bachelor of Criminology and Criminal Justice8単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Social and Psychological Science(社会心理学)

社会福祉学部へのパスウェイがあり、その他心理学系のプログラムにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Human Services8単位
Bachelor of Social Work8単位
Bachelor of Psychological Science8単位
Bachelor of Child, Youth and Family Practice8単位
Bachelor of Counselling8単位(定員あり)
Bachelor of Psychological Science(Honours)8単位(定員あり)
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Science(サイエンス)

サイエンス学部へのパスウェイがあり、その他環境学系のプログラムにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Biomedical Science6-8単位
Bachelor of Environmental Science8単位
Bachelor of Marine Science(No Minor)8単位
Bachelor of Science(Applied Mathematics, Biochemistry and Molecular Biology, Chemistry, Clinical Sciences, Geography, Microbiology, Wildlife Biology, Marine Biology)8単位
Bachelor of Forensic Science 7単位
Bachelor of Marine Science(Minors:Coastal Management, Marine Chemistry, Marine Ecology)7~8単位
Bachelor of Marine Science(Minors:Coastal Oceanography)5~6単位
Bachelor of Science (Physics)7単位
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Health Science(健康科学)

健康科学部へのパスウェイがあり、その他理学療法やスポーツサイエンス系のプログラムにも一部単位移行が可能です。
編入可能な学部
Bachelor of Biomedical Science7~8単位
Bachelor of Health Science8単位
Bachelor of Medical Laboratory Science8単位(+Diploma卒業時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Nutrition and Dietetics8単位(定員あり)(+Diploma卒業時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Exercise Science 7単位(+Diploma卒業時にIELTS6必要)
Bachelor of Sports Development7単位(+Diploma卒業時にIELTS6必要)
Bachelor of Pharmacy7単位(+Diploma卒業時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Science7-8単位
Bachelor of Occupational Therapy5単位(定員あり)(+Diploma卒業時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Physiotherapy4単位(定員あり)(+Diploma卒業時にIELTS6.5必要)
Bachelor of Paramedicine4単位(定員あり)(+Diploma卒業時にIELTS7必要)
Bachelor of Laws(Honours)4単位(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Health Care(ヘルス・ケア(看護))

看護学部専用のプログラムです。入学時に高めのIELTS(Overall6.5、各科目6.0以上)が必要です。非常に人気が高いので早めに申し込みをする必要があります。
編入可能な学部
Bachelor of Nursing8単位(定員あり)(+Diploma入学時にIELTS6.5必要)

Diploma of Education Studies(教育学)

オーストラリア全豪でも珍しい、教育学部へ編入ができるDiplomaです。通常より高いIELTS(Overall7.5、ListeningとSpeaking8,Reading and Writing7)が求められます。
編入可能な学部
Bachelor of Education(Primary/Secondary)6-7単位(+Diploma入学時にIELTS7.5必要)

Diplomaからの単位移行する上での注意点

上記でご紹介した通り非常に多くのプログラムへの単位移行が可能ですが、Diplomaに通うだけで自動的にBachelorに入れるとは限りません。
まず一番大切なのは、Diplomaで規定の成績を取らなければBachelorに進学ができない、ということ。Diplomaに入学できたからといって安心して成績が下がってしまうと、Bachelorに編入できなくなってしまうので気をつけてくだい。

また、プログラムによってはDiplomaに入る時に通常よりも高い入学条件が設定されていたり、Diplomaを修了してBachelorに入る際に別途なんらかの条件をクリアしなければならない場合もあります。これは就学プランによって細かく決まりがありますので、実際のカウンセリングの際にお知らせさせていただきます。

最後に、Bachelorというのはメジャーやセカンドメジャー、マイナーやエレクティブなど自分で選択をして選ぶ幅が広いです。ただしDiplomaから編入をする場合、すでに単位を移行している関係で一部の選択肢を選べなくなる可能性があります。こちらも事前に確認が必要です。

オンライン授業に強い・グリフィスカレッジ

新型コロナウイルスの影響によりオーストラリアに渡航制限がかかっていることで、大学進学に足踏みをしてしまっている方も多いです。グリフィス・カレッジは早くからオンライン授業に力を入れており、現在は日本からでもオンラインでDiplomaの授業を受けることが可能です。(看護や教育など一部のプログラムは除く)

日本からDiplomaをスタートしておくことで現地でかかるはずだった生活費も抑えることができますし、同じようにオンラインでDiplomaを受講している世界中の学生と渡航前にも交流することができます。

Diploma経由の進学で充実した学生生活をスタートしよう

日本からお問い合わせをいただく際に、留学生が少なめの学部は入学が難しそうという理由でビジネスや観光を希望される方も少なくありません。特に理系のプログラムなどは直接入学が難しいものもありますが、Diplomaを経由すれば通常よりも低い入学条件からスタートし、大学よりも手厚いサポートを受けながら授業を受けることが可能です。実際に現地に渡航後、「こんなにたくさん選択肢があったんだ!!」と驚かれる方もいます。

すでにやりたいことが決まっている方も何を勉強したら良いかわからない方も、ぜひこちらの記事を参考にして「勉強したい分野」を考えてみてください。

グリフィスカレッジ・大学留学に関して、お気軽にお問い合わせください。

※備考※
・同ページのは2021年現在に学校から届いた情報を元に作成しておりますが、予告なしに変更になる場合がございます。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I094)
[現在育休中で、2022年4月頃に復帰を予定しています] 16歳の時、初めて北海道を出てたどり着いたのがアメリカの田舎町。そこで1年間の留学生活を送ったことから人生が変わり、この素晴らしい海外生活をより多くの方に知ってもらいたい!と思い、日本で留学カウンセラーの経験を経てオーストラリアへ来ました。日々変わっていく最新の学校・現地情報から、最適な留学プランをご提案します。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら