【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

南オーストラリア大学で ビジネス・アナリティクスを学ぶ

ビジネス学、IT学で強みを持つ 南オーストラリア大学では、それぞれの強みを組み合わせて ビジネス・アナリティクス (Business Analytics) を Master of ManagementInternational Master of Business Administration で主専攻で学ぶことができます。どちらもビジネス・アナリティクスの科目を履修しますが、両コースの違いも含めご案内します。

南オーストラリア大学を選ぶ理由
・ビジネス学は QS World University Rankingで世界トップ1%、5スターに選ばれている。
・ビジネス学は、世界有数の認証機関であるAACSB International とEFMD(EQUIS)のデュアルクラウン。
・QILT Course Experience Questionnaire 2020で 大学院の教育の質では国内9位に選出
・Excellence in Research for Australia (ERA) で 世界トップレベルのマネジメント研究に基づいたカリキュラムを学ぶことができるトップ10に選出。

Master of Management (Business Analytics) と International Master of Business Administration (Business Analytics) の違い


Master of Management (Business Analytics) 詳細

Master of Management (Business Analytics)では、すでに学士号でビジネス、商学、マーケティング、経営管理などを修了した学生向けになります。ベースの基礎知識に、ビジネスアナリティクスの必修・選択履修科目が多くあり、カリキュラムは、あらゆる業界の管理職レベルでデータ主導の元、意思決定を行うための知識とスキルを身につけるよう編成されています。

様々なビジネス・アナリティクス・ソリューションを使用、データアグリゲーションとマイニング、および意思決定を行うためにマネージャーが使用する様々な種類のアナリティクス技術、複雑なデータセットを分析、トレンドを特定、組織の競争力を高めるための貴重な洞察力、それらを引き出すために専門知識を開発することを目的としています。学士号でビジネス関連を履修済みの学生には、Master of Management (Business Analytics) がおすすめです。

コースMaster of Management (Business Analytics)
都市アデレード
期間2年間
入学2月、8月
学費35,900 ドル×2年間=71,800ドル(約574万円)(2021年度)
出願条件・学歴:学士号を修得していること(ビジネス、商学、マーケティング、経営管理)
・英語:IELTS Academic 6.5(Reading, Writing が 6.0 以上), TOEFL ibt 84 以上(または指定の英語コースを修了すれば英語テスト免除で進学可能)
南オーストラリア大学の奨学金
南オーストラリア大学では現在、2021年以降に入学する留学生向けの奨学金を提供しています。授業料が最大50%オフなる奨学金、授業料が最大15%オフなる奨学金の2つがあります。詳しくは[2021年]南オーストラリア大学より奨学金のお知らせをご覧ください。

International Master of Business Administration(Business Analytics)

International Master of Business Administration (Business Analytics) は、過去の学士号での専攻や職歴は不問となり、履修科目はビジネス必修科目を基本に履修しますから、MBAを軸に据えて、初期キャリア構築スタートを考えている方向けと言っていいかもしれません。

MBAでは、グローバルなビジネス環境に関する知識を深め、キャリア開発の機会と雇用の見通しを最大限にすることが目的の一つですが、加えて、データ分析、パターン特定、予測モデルから将来の結果予測、エンタープライズ・アナリティクス、ビジネス・プロフェッショナルのための機械学習、データの可視化とコミュニケーション、などビジネスアナリティクスの概念と技術の基礎を組み合わせたものになります。

学士号でビジネス以外を修了している方や、ビジネス学を学ばれた方でも MBAを軸として、その中でビジネスアナリティクスを専攻したい人(単位認定によりコース期間が短縮の可能性あり)には、International Master of Business Administration (Business Analytics) がお勧めのコースになります。

コースInternational Master of Business Administration(Business Analytics)
都市アデレード
期間2年間
入学2月、7月
学費35,900 ドル×2年間=71,800ドル(約574万円)(2020年度)
出願条件・学歴:学士号を修得していること(分野問わず)
・英語:IELTS Academic 6.5(Reading, Writing が 6.0 以上), TOEFL ibt 84 以上(または指定の英語コースを修了すれば英語テスト免除で進学可能)
※大学ででビジネス関連の学士号を取得している方は半年間(6ヶ月)の単位免除を受けられる可能性があります
南オーストラリア大学の奨学金
南オーストラリア大学では現在、2021年以降に入学する留学生向けの奨学金を提供しています。授業料が最大50%オフなる奨学金、授業料が最大15%オフなる奨学金の2つがあります。詳しくは[2021年]南オーストラリア大学より奨学金のお知らせをご覧ください。

ビジネスインターンシップにも挑戦できる

南オーストラリア大学ではビジネス学部の学生にビジネスインターンシップの機会を儲けています。
ビジネスインターンシップに参加できるか?は修学中のGPA成績に基づき参加可否が決まりますが、修学中のインターンシップも検討されたい学生にはおすすめです。

詳細は「ビジネスインターンシップあり!UniSA でビジネスを学ぶ」をご参照ください。

出願に向けての準備

1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にアデレード大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターは南オーストラリア大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年2月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=76円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は20年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら