【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

「3+1 Pathway to Masters」学士号+修士号を最短4年で卒業!

ビジネス学における評価と地元企業への就職率の高さから オーストラリア国内でも評判高い 南オーストラリア州アデレードにある 南オーストラリア大学では、日本の高校卒業から 最短4年間で修士号(Master)を卒業できる 3+1 Pathway to Masters を開講しています。

オーストラリア国内でも、Master Degree まで最短のファーストトラックコースを開講している珍しいコースになります。
将来的に修士号まで履修するか?、まだわからないけど最短の修士号へのパスウェイの可能性を残しておきたい学生さんにもお勧できるパスウェイです。

3+1 Pathway to Masters とは?

南オーストラリア大学で開講している 3+1 Pathway to Masters パッケージでは、3年制の学士号を取得した後、1年間の修士号(通常は2年制)への入学許可を得ることができます。 つまり、学士号開始から、修士号を卒業まで、合計4年間で終えることができるコースとして提供しています。

通常の進学ルート Bachelor of Business (3年)を修了

Master of Management (2年)
の合計 5年間
3+1 Pathway to Masters Bachelor of Business (3年) を修了

Master of Management (1年)
の合計 4年間

3+1 Pathway to Masters の仕組み

学士2~3年次にて 選択した4つのコースまたは選択科目を 修士レベルのコースに置き換えることで、Master 修士号1年間へ進む道が開けます。 また、3+1 Pathway to Masters は、出願時からパッケージで申請することが出来ます。

[注意]3+1 Pathway to Masters では、修士課程に進むためには、学士課程の2年目終了時にGPA要件を満たす必要があります。

3+1 Pathway to Masters の メリット

3+1 Pathway to Masters を選択する上での最大のメリットは、学士号と修士号を4年間で取得することで、留学期間を短縮すること、なのですが、実際にはコレ一つではありません。
1年間短縮することと同時に、修士号の学位を得る、知識やスキルの幅を広げることで キャリアの可能性を広げることに直結し、生涯年収にも影響します。

学士号を3年間で卒業後、一定のキャリアを積んだのちに修士号を学ぶのが一般的ではありますが、早くから自身のキャリア設計と目標がはっきりしている方には、最短ルートでの修士号取得はメリットしかないと言えるのではないでしょうか。

3+1 Pathway to Masters で出願可能なコース

3+1 Pathway to Masters は Business、Communication、STEMの3つの分野からいくつかのコースが可能です。

Business

南オーストラリア大学が強みを持つのがビジネス学の分野です。
ビジネス学では企業インターンシップの可能性も考えることができますし、FASA認可ファイナンシャルプランナーを目指すこともできます。また、修士号では注目の ビジネス・アナリティクスも 3+1でパッケージすることができます。

参考:ビジネスインターンシップあり!UniSA でビジネスを学ぶ
https://www.aswho.com/unisa-business

参考:南オーストラリア大学で ビジネス・アナリティクスを学ぶ
https://www.aswho.com/unisa-business-analytics

参考:南オーストラリア大学でファイナンシャル・プランニングを学ぶ
https://www.aswho.com/unisa-financial-planning

Bachelor of Business と 3+1可能な修士号
Master of Management
Master of Management (Business Analytics)
Master of Management (Supply Chain Management)
Master of Management (Human Resource Management)
Master of Management (Marketing)
Master of Management (Advertising and Brand Management)
Master of Management (Tourism and Event Management)
Bachelor of Business (Economics, Finance and Trade) と 3+1可能な修士号
Master of Finance
Master of Finance (Financial Planning)
Bachelor of Business (Finance)と 3+1可能な修士号
Master of Professional Accounting
Bachelor of Business (Financial Planning)と 3+1可能な修士号
Master of Professional Accounting
Bachelor of Business (Innovation and Entrepreneurship)と 3+1可能な修士号
Master of Management
Bachelor of Business (Logistics and Supply Chain Management)と 3+1可能な修士号
Master of Management (Business Analytics)
Bachelor of Business (Marketing)と 3+1可能な修士号
Master of Management (Tourism and Event Management)
Bachelor of Business (Property)と 3+1可能な修士号
Master of Finance
Master of Finance (Global Investment and Trade)
Master of Finance (Financial Planning)
Bachelor of Business (Tourism and Event Management)と 3+1可能な修士号
Master of Management (Marketing)
Bachelor of Commerce (Accounting)と 3+1可能な修士号
Master of Finance (Financial Planning)
Master of Finance (Global Investment and Trade)
Master of Finance
Master of Management
Master of Management (Business Analytics)
Master of Management (Human Resource Management)
Master of Management (Tourism and Event Management)
Master of Management (Supply Chain Management)
Master of Management (Marketing)
Master of Management (Advertising and Brand Management)

Communication

2021年から新設された 3+1 Pathway to Masters のコースです。
デジタルデザイン、メディア、デジタルメディア、クリエイティブ産業におけるコミュニケーションのプロフェッショナルを目指す方には最適なパスウェイです。
Bachelor of Communication and Media と 3+1可能な修士号
Master of Communication

STEM

Engineering 工学部は、学士号が4年間となり、修士号の1年とあわせて合計5年間のコースになります。
ビジネス学と並び南オーストラリア大学が強み・得意なコースがエンジニアリング(工学)です。

Bachelor of Engineering (Honours) (Civil)
Bachelor of Engineering (Honours) (Civil and Structural)
Bachelor of Engineering (Honours) (Civil and Construction Management)
Bachelor of Engineering (Honours) (Mechanical)
Bachelor of Engineering (Honours) (Mechanical and Mechatronic)
Bachelor of Engineering (Honours) (Mechanical and Advanced Manufacturing)
Bachelor of Engineering (Honours) (Electrical and Electronic)
Bachelor of Engineering (Honours) (Electrical and Mechatronic)
と 3+1可能な修士号
Master of Engineering (Engineering Management)
Bachelor of Engineering (Honours) (Electrical and Electronic)と 3+1可能な修士号
Master of Engineering (Electrical Power)
Bachelor of Construction Management (Honours) と 3+1可能な修士号
Master of Management

日本の高校卒業からの進学ステップ

南オーストラリア大学の場合、日本の一般的な高校卒業後、ダイレクトに学部へ進学することができません。しかし、大学附属カレッジ SAIBTのDiplomaコースから2年次に編入することが可能です。
例えば、ビジネス学であれば、SAIBT Diploma of Business(1年)+Bachelor of Business (2年)+Master of Management (1年)などになります。
参考:南オーストラリア大学への進学方法
https://www.aswho.com/saibt-unisa-diploma

南オーストラリア大学の体験談

【ビジネス学 (学士号)体験談】板垣 詩織さん
自分が決めたことなら言い訳なしで最後まで頑張るしかない

【会計学(修士号)体験談】桑原 圭子さん
「何が遅いの?」その言葉が私を‘チャレンジ’させました


出願に向けての準備


1. まずは英語試験を受けましょう
まずはIELTS(アイエルツ)試験を受験しましょう。日本では下記3つの機関がIELTS試験を開催しています。
日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/
JSAF
http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431
IDP Education
https://ieltsjp.com/
2. 出願に必要な書類を準備しましょう
出願には下記4点の書類が必要となります。IELTSの受験が終わったらこちらの4点を揃えて担当カウンセラーにご提出ください。

  • 最終学歴の卒業証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • 最終学歴の成績証明書(英語版と日本語版1部ずつ)
  • IELTS(Academic)またはTOEFLスコア結果
  • パスポートコピー
3. 出願手続きスタート
最後に、オンライン申込みフォームを送信してください。その後、正式にアデレード大学への出願手続きをスタートします。

留学相談&お問い合わせ先

当社オーストラリア留学センターは南オーストラリア大学を含め全豪27大学の公式出願窓口となっており、ご相談から出願手続き、更に現地サポートまで全て無料で提供しております。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください
※備考※
・本記事は2021年7月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2021年度学費をご案内しております。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は20年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら