【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

メルボルン街情報 ~メルボルン近郊でみれる野鳥編~

メルボルンは、”ガーデン・シティ”と称えられるほど公園や緑も多く、日本ではペットショップや動物園でしか見れないような、野鳥に出会うことが出来ます。
その中から、メルボルン・オフィスのスタッフが出会った、野鳥をご案内させて頂きます。
●カモメ・・・海辺だけではなく、街中やヤラ・リバー沿いのカフェにも出没!(写真はサウス・バンクにて)
DSC05918.JPG ●鴨・・・日本の鴨よりくちばしが小さいです。(写真はアルバート・パーク内)
DSC06899.JPG ●マグパイ・・・カラスに白い模様が入ったような鳥。カラスより小ぶり(写真はBelgraveにて)
DSC04412.JPG ●アヒル・・・日本でもおなじみの白いアヒル。(写真はアルバート・パーク内にて)
DSC09004.JPG ●コッカトゥー・・・愛称”コッキー”。街中でもみることが出来ます。(写真はラトローブ大学構内)
DSC02987.JPG ●ロゼラ・・・赤と青のコントラストがかわいい大型のインコです。(写真はマウント・ダンデノンにて)
DSC03239.JPG ●クッカバラ・・・日本語ではカワセミです。(写真はグレートオーシャンロードにて)
DSC04174.JPG ●ペンギン・・・メルボルン郊外のセントキルダでもみることができます。(写真はフィリップ・アイランドにて)
DSC06005.JPG ●レインボーロリキート・・・カラフルなインコの仲間です。(写真はカールトン・ガーデン内にて)
DSC02505.JPG その他にも、ピンク色のインコや、蛍光グリーンとイエローのインコなど、探せばたくさんいます!
是非、メルボルンにお越しの際は、かわいい鳥たちを探してみて下さいね!
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら