【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

マッコーリー大学院で学べる、2つのマーケティングコース


大学を卒業された方からお問い合わせの多いマーケティングですが、マッコーリー大学の大学院では、過去の学歴や仕事経験に合わせて、2つのマーケティングコースを開講しています。

目次

2つのマーケティングコース

マッコーリー大学のマーケティングコースは、マーケティング戦略を学ぶコースと、マーケティング全般を学ぶコースの2つが開講されており、どちらも世界上位1%のビジネススクールが認められるAACSBの認証をもつマッコーリービジネススクールで開講をされています。

マーケティング戦略コースは、カリキュラムの内容に経験を活かす必要があることから、よりアドバンスのコースとなり、”マーケティング学のMBA”的な位置づけとなります。

どちらの受講をした場合も、大学のキャリアサポートサービスを利用してインターンシップを探したり、リーダーシップのマインドを身につけるグローバル・リーダシップ・プログラム(GLP)の参加、起業を考える学生や起業をサポートをしたい企業が集まるIncubatorの利用が可能です。



2つのコースの違い


入学条件の違い

マーケティング戦略コースの入学条件は「大学の関連学部を卒業+職歴3年」、マーケティングの入学条件は「大学の関連学部を卒業」が基本です。

全く別の学部から入学を目指す方は、マーケティングコースではありませんが、Master of Commerceのマーケティング主専攻という選択肢があります。こちらの場合はビジネスの基礎的な科目全般+マーケティングの選択肢となり、大学の学部や職歴は問われません。ご就学期間はバックグラウンドにより1〜2年です。


将来のキャリアの違い

どちらも就職で見込まれる会社のタイプは同じですが、戦略コースの学生は卒業後にマネージメント、シニアマネージメントの職につくことが多いです。


会社(共通)
ビジネスアナリスト企業、消費財メーカー、金融機関、政府機関、産業およびB2B組織、マーケティングおよび経営コンサルタント会社、マーケティングおよびPR会社、、多国籍企業、小売業、スポーツおよびエンターテインメント企業(Foxtel、オーストラリアンスポーツインスティテュート、Southern Cross Media Groupなど)


Marketing Strategyの卒業後のキャリア

職種:ブランドマネージャー、マーケティング最高責任者、消費者インサイトマネージャー、コンテンツ/イベントマーケティングマネージャー、デジタルメディアマネージャー/アナリスト、マーケティングアカウントマネージャー、マーケティングアナリスト/リサーチャー、マーケティングエグゼクティブ、マーケティング・マネージャー、シニアマーケティングエグゼクティブ、戦略的マーケティングコンサルタント


Marketingの卒業後のキャリア

職種:ブランドスペシャリスト、消費者インサイトスペシャリスト、カスタマーリレーションシップスペシャリスト、デジタルマーケティングスペシャリスト、市場アナリスト、市場調査員、マーケティングコンサルタント、マーケティングサプライチェーンスペシャリスト、製品ラインのスペシャリスト、プロフェッショナルサービスマーケティング担当者、セールスプロフェッショナル、ソーシャルメディアとデジタルマーケティングのスペシャリスト


Master of Marketing Strategyのカリキュラム

コアゾーン

必修5科目+選択3科目=計80単位
  1. Managing Customer Experience(カスタマーエクスペリエンスの管理)
  2. Competing Through Marketing Insights(マーケティングの洞察力を介しての競争)
  3. Designing Competitive Marketing Strategies(競争力のあるマーケティング戦略の設計)
  4. Marketing Strategy Practice(マーケティング戦略実践)※
  5. ***下記の科目から3つ選択***
  6. Selling Ideas(アイデアの販売)
  7. Marketing Innovations(マーケティングイノベーション)
  8. Co-creation Strategies: Innovating with Partners(共創戦略:パートナーとの革新)
  9. Marketing Accountability(マーケティングの説明責任)
  10. Value Ecosystems(バリューエコシステム)
  11. Building Brand Relevance(ブランドの関連性の構築)
  12. Digital & Technology Strategy(デジタルおよびテクノロジー戦略)

※Marketing Strategy Practiceを受講するには、受講条件を満たす必要があります。
*科目は予告なしに変更となる場合があります。




Master of Marketingのカリキュラム

コアゾーン

必修4科目+選択科目4科目=計80単位
  1. Applied Marketing Research(アプライドマーケティングリサーチ)
  2. Advanced Consumer Behaviour(高度な消費者行動)
  3. Marketing Theory(マーケティング理論)
  4. Strategic Marketing Management(戦略的マーケティング管理)
  5. ***下記の科目から4つ選択***
  6. Marketing Communications(マーケティングコミュニケーション)
  7. Digital Marketing Strategy(デジタルマーケティング戦略)
  8. Business-to-Business Marketing Strategy(企業間マーケティング戦略)
  9. Marketing Supply Chain Strategy(マーケティングサプライチェーン戦略)
  10. Strategic Branding(戦略的ブランディング)
  11. Social Media Marketing(ソーシャルメディアマーケティング)
  12. New Product and Service Commercialisation(新製品およびサービスの商品化)
  13. Strategic Sales Management(戦略的販売管理)

*科目は予告なしに変更となる場合があります。




入学詳細・費用


【Master of Marketing Strategy入学要項】
入学2月/7月
期間1年間
学費38,000ドル(約285万円)(2021年度)
学歴成績大学の関連学部を卒業(WAM65以上)+関連職歴3年以上

関連学部:ビジネス、マーケティング、マネージメント、商業、PR、広告、分析、メディア

関連職種:広告、マーケティング、市場調査、製品管理、ブランド管理、コンサルタント、メディア、管理、カスタマーサービス、PR、イノベーション、新製品開発
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)/TOEFL83(L12,R13,W21,S18)

コース詳細ページ:Master of Marketing Strategy

【Master of Marketing入学要項】
入学2月/7月
期間1年間
学費38,000ドル(約285万円)(2021年度)
学歴成績3つのうち2つ:①大学の関連学部を卒業(WAM65以上)、②関連職歴2年、③大学卒業(WAM65以上)

関連学部:マーケティング、ビジネス、商業、経済、経営、販売、広報、メディア研究、コミュニケーション、広告、国際ビジネス、サプライチェーン、社会科学、心理学
英語IELTS6.5以上(各6.0以上)/TOEFL83(L12,R13,W21,S18)

コース詳細ページ:Master of Marketing

IELTSスコアが足りない場合は、英語コースからスタート

IELTSスコアが足りない場合、まずはMUICで開講している英語コースからのスタートし、ダイレクト・エントリー・プログラムを修了するとIELTS試験免除で大学院のコースへ進学できます。

Direct Entry for Business詳細
英語IELTS6.0以上(ライティング6.0以上)/TOEFL73(ライティング21以上)
入学5月/11月
期間10週間
学費入学金200ドル、学費週490ドル(2020年度)

2020〜2021年入学者向け奨学金
現在マッコーリー大学では、2020〜2021年に大学に入学をされる日本国籍の方を対象に年間5,000ドルの奨学金をオファーしています。これは合格者全員もらえる奨学金なので、出願と同時に奨学金の査定も行われ、別途申請する必要はありません。


【通常】38,000ドル(約285万円)(2021年)
【奨学金適用】33,000ドル(約248万円)

留学相談&お問い合わせ先


当社オーストラリア留学センターは現地の無料エージェントであり、マッコーリー大学を含め、全豪多数の大学の公式出願窓口となっており、ご相談~出願手続き~現地生活サポートまで無料でご利用頂けます。

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
※備考※
・本記事は2020年6月現在の情報に基づいており、コース概要や入学基準は変更されることもございますのでご留意ください。
・学費は毎年改定されます。本記事では2020年度学費をご案内しております。
・学費の日本円額は、現在のレート1豪ドル=75円換算しておりますが、実際にはお支払い時のレートが適用されます。


CRICOS Provider Number 00002J
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら