TAFEやカレッジから大学編入する5つのメリット

オーストラリアには、TAFEやカレッジから編入できる大学が数多く存在するのをご存知ですか?実は、直接大学に入るよりもメリットがたくさんあるんです。その主な魅力を5つご紹介します。

1. 入学条件のハードルが下がる(英語力)

まずは語学留学からスタートして英語力をUPしてから大学へ!と考えている方も、大学ならIELTS6.0〜6.5の英語力が必要ですが、TAFEやカレッジのディプロマコースならIELTS5.5で入れます(一部例外あり)!
これにより、語学留学にかける時間とお金を節約して、早めに進学することが出来るようになります。

2. 入学条件のハードルが下がる(学力)

大学入学には「高校で数2Bを履修しており70%以上の成績を修めていること」など細かい学力条件が設定されています。
しかしTAFEやカレッジのディプロマコースならそこまで厳しく条件が設定されていないため、目安として高校の成績が60%以上あれば出願できます。
オーストラリアは入試がなく高校の成績で合否が判断されるため、その入学基準が低めに設定されているディプロマコースは、留学生にとって進学し易い方法です。

3. 学費を節約できる

大学の学費は平均240万円ほど(年間)ですが、TAFE/専門カレッジのディプロマコースならおよそ半分の平均120万円ほど(年間)と安価です。

大学に編入する際、ディプロマコースで修めた単位をどのくらい大学へ移行できるかは大学・コース・成績によって異なりますが、ディプロマコース1年間で修めた単位をすべて移行して大学2年次に編入できるケースも数多く存在します。

つまり、仮に学費が年間240万円の大学へ直接入学した場合、学費は240万円×3年間=720万円となりますが、TAFEやカレッジのディプロマ1年コースから大学2年次へ編入する場合、1年目120万円(ディプロマ)、2年目240万円(大学2年生)、3年目24万円(大学3年生)となり、3年間で合計600万円となります。

このように、この進路を使えばディプロマコースの期間も学費も単位もすべて無駄にならず、その全てをそのまま大学へ移行できるので、最終的に同じ留学期間で同じ大学を卒業する場合でも、学費をおよそ120万円節約することができます。
※何単位を大学へ移行できるかはそれぞれのコース・大学によって異なります
※ディプロマコースの期間は、6ヶ月/1年/1年半/2年とコースによって異なります
※学費はTAFEのディプロマコースで年間120万円〜150万円ほど、大学付属カレッジのディプロマコースで年間180〜220万円ほどです

4. 少人数制でサポートが充実

TAFEやカレッジでは、1クラスの人数が大学よりも少ないため、先生との距離も近くアットホームな雰囲気です。少人数なので一人一人の学生に目が行き届いており、学習面だけでなく生活面への相談にも応じてくれるサポート体制が整っています。

ディプロマコースの授業も、大学で実際に教えている先生や実際にその分野のビジネス業界に携わっている先生から学ぶことができるので、非常に実践的な内容となっています。

5. たくさんの留学生と一緒に勉強できる

大学でいきなり現地オーストラリア人学生と一緒に授業はちょっと不安…という方もTAFEやカレッジなら安心です。ディプロマコースには世界中からたくさんの留学生が多く通っているので、同じ留学生同士、助け合いながら一緒に学んでいくことが出来ます。ディプロマコースで出来たお友達は大学に入ってからも長く付き合える良いお友達になれるでしょう。

大学編入の注意点

上記のとおり、TAFEや専門カレッジから大学編入なら英語力・学力基準のハードルも下がるので入り易く、且つ、学費が抑えられるのが最大のメリットです。ただ、そんな魅力的なTAFEや専門カレッジからの大学編入ですが、注意しなければならない点もあります。

それは、TAFEや専門カレッジと大学の契約は見直されるということです。

例えば、大学のBachelor of Designコース2年次編入を目指して、TAFEでデザインのディプロマコースを勉強している場合。TAFE卒業前にTAFEと大学の契約が見直され、2年次編入が出来なくなってしまうこともあります。このような契約の改定があると、編入ができない、あるいは本来2年次編入だったものが1年次後期からの編入に変わるなど、進学ルートが変更になります。

他にも、ビザの申請の仕方、同じコースでもキャンパスによって編入ルートが異なる等、TAFE/専門カレッジからの進学の際に気をつけなければならないことはありますが、特に「契約の改定がある」という点にご注意下さい。

進学や編入ルートは、専攻するコースや大学によって変わりますので、慎重に計画を立てなければなりません。オーストラリアの大学進学やTAFE/専門カレッジからの大学進学をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら