クイーンズランド大学でIntegrated Water Managementを学ぶ【奨学金情報あり】

Integrated Water Management(統合水資源管理)は、地球上にある限られた水資源を持続的に使い続けていくための環境を整え管理することを指します。
IWC
オーストラリア・ブリスベンにオフィスを持つInternational Water Centreは、オーストラリアにある4つの大学(クイーンズランド大学、グリフィス大学、モナッシュ大学、西オーストラリア大学)が出資して設立された機構で、リサーチ、プロジェクト、そして水資源管理の教育プログラムを提供しています。

教育プログラムのGraduate Certificate、Graduate DIploma、そしてMaster of Integrated Water Managementは、クイーンズランド大学のコースとして開講されています。今回は奨学金発給の対象にもなっているMaster(修士号)のコースをご紹介します。

Master of Integrated Water Management

同コースは1.5年(3学期)のプログラムとなり、学期ごとにテーマが決まっています。


1学期:ファウンデーションモジュール
統合水資源管理を学ぶに辺りベースとなる知識を付けます。
Foundation module

2学期:インテグレーションモジュール&エレクティブストリーム
同コースでの中核となる専門知識を学びます。またここでは①国際水資源開発②都市水資源③人口増加/食料安全保障に伴う水資源管理の3つのテーマから自分が知識を深めたい分野を選択することが出来ます。
Integration module

3学期:ファイナルプロジェクト
最後の学期となり、ワークプレイスメント(関連業界での職務経験)もしくはリサーチプロジェクトの参加が必須です。これはオーストラリア国内/外で可能です。
Final project

コースについての動画もご覧下さい


大学名クイーンズランド大学
都市ブリスベン
コース期間1.5年間
コース開始月2月のみ
学費49,920ドル


奨学金情報!

現在、2016年の1学期スタートの留学生を対象とし、1.5年間の学費が全て免除となる奨学金生を募集しています。

◎奨学金がカバーするもの
ー1.5年間の授業料金:49,920ドル
ー滞在ビザ期間分のOSHC(学生強制保険):856ドル
合計:50,776ドル分

◎募集要項
ー同コースと関連のある分野の学士号を取得していること
ー同コースと関連のある職務経験が2年以上あること
ーIELTS(アカデミックモジュール)で6.5以上(全ての項目で6.0以上)

◎必要書類
ー最終学歴の卒業証明書(英文)
ー最終学歴の成績証明書(英文)
ー英語の履歴書/職務経歴書
ー職場からの推薦状(英文)を最低2通以上
ーIELTSスコア
ー100ドルの出願料

奨学金生の枠は限られており、過去の成績や職務経験を元にふさわしいと判断された方のみ選ばれます。


お申し込みはお早めに!

オーストラリアは海に囲まれた島国ながら水不足のエリアも多く、水資源管理の分野の研究が進んでいます。またアジアと距離が近いことから、アジア諸国の水資源開発にも積極的に携わっているため、現在進行形で進められているプロジェクトに関わることが出来る可能性もあります。

Untitled

奨学金募集の締め切りは7月31日までとなりますので、ご希望の方は必要書類を揃えた上でオンラインフォームよりお問い合わせください。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I094)
16歳の時、初めて北海道を出てたどり着いたのがアメリカの田舎町。そこで1年間の留学生活を送ったことから人生が変わり、この素晴らしい海外生活をより多くの方に知ってもらいたい!と思い、日本で留学カウンセラーの経験を経てオーストラリアへ来ました。日々変わっていく最新の学校・現地情報から、最適な留学プランをご提案します。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら