オーストラリアの物価

野菜や肉類など生活必需品目の物価は安く、文具や工業製品あるいは電化製品などは高いのが特徴です。ほとんどの製品を輸入に頼っているため商品の選択肢は日本と比べて少なく、比較的高額に思えますが、生活に必要なものはもちろん国内で十分買い揃えられます。

オーストラリア留学中の生活費用例

2014年度のシドニーの物価を元に、1ヶ月の生活費用例を出してみましょう。

支出項目 1ヶ月 値段
家賃 480ドル シェア生活で120ドル×4週間。
電気代 30ドル 家賃に含まれる場合もあります。
ガス代 0ドル ガスは一般的に使用しません。
水道代 0ドル 水道代は家賃に含まれます。
電話代(携帯電話) 50ドル 携帯電話のみで生活する方がほとんどです。
食費 480ドル (朝食 4ドル + 昼食 5ドル + 夕食 8ドル)×4週間
日用雑貨 20ドル 文房具など。
交際費 50ドル たまにはお友達と外食も必要です。
合計 1,110ドル 日本円で約106,000円です。

食材費

私たちスタッフが、実際に現地のスーパーマーケットで調査を行いました!費用に幅があるのは、一つの食材でも、種類やメーカーによって価格にばらつきがあるためです。現地で暮らす際の物価の目安としてご覧ください(2014年4月、更新致しました)

食品名 分量 値段 日本円換算
パン 1袋(約3斤分) 1.5ドル~5ドル 143円~479円
お米 1kg 2.48ドル~3.5ドル 237円~335円
じゃがいも 1kg 2.2ドル~4ドル 210円~383円
Lサイズ12個 3ドル~5ドル 287円~479円
牛肉 100g 2.30ドル 220円
鶏ムネ肉 100g 1.40ドル 134円
にんじん 1kg(中サイズ8~10本) 1.68ドル 161円
玉ねぎ 1kg(大きめ4~5個) 2ドル~3.5ドル 191円~335円
バナナ 1kg 2ドル~4ドル 191円~383円
チョコレート 150g 2.25ドル~3.5ドル 215円~336円
コーラ 375ml 1.50ドル 144円
牛乳 2L 2ドル~4ドル 191円~383円
ビール 1BOX(24缶) 24.95ドル 2,395円

そんな物価高の荒波を生き抜くコツ

留学開始直後の生徒さんから、よく聞かれるトピックの1つが『思ったより物価が高い』です。わかります!長くオーストラリアに住む私達でも、同様に感じる時があります。生徒さんの中には、特に最初の1か月ほどは、物価へのストレスを感じる方もいらっしゃるようなので、当社スタッフオススメの、物価ストレス回避方法をご案内します!

まず『思ったより物価が高い』と言うのは、日本で買っていた時に比べて"思っていたより"も高い、ということです。 オーストラリアはここしばらくの世界不況の中で、好景気を保つ国ということを頭に入れ、出発前に”日本より『全て』が安い国に行く”という気持ちを払拭しておきましょう。

日本と同じくらいの生活費がかかる国に行くと考えておく


ここでは、シドニー地区を例にします。

シドニー中心地で一人部屋に住む為には、週300ドル以上かかります。 日本円にして、月およそ11.5万円ほど。それでは、日本ではどうでしょうか。渋谷の真ん中に住む場合は、条件にもよりますが11~12万円前後。同じくらいです。賃料の高い中心地を避け、郊外に住めば、家賃もスーパーでの野菜の値段も安くなる。まさに日本と同じです。

日本での支出の平均月額は138,000円だそうです。 政府から推奨されているオーストラリア平均生活費は月1500ドル、日本円で14.3万円ほどです。ここでも、大きな差は見受けられません。

そして到着後『日本と同じ感覚で生活をしない』ことです。オーストラリアは最低賃金の高い国です。 また、日本と違い消費税も10%。ですから外食をすると高くなりますし、生活必需品以外は、日本より高い事があります。『日本でコンビニのお弁当やお茶を買うのと同じ感覚で買い物をすると高い』と感じられるわけです。

オーストラリアの生活スタイルや考え方を取り入れた生活をしてみよう


しかし、オーストラリアでの生活に慣れてくると、どこで買えば安く手に入るか、という事もわかってきます。スーパーマーケットのセールや、マーケットなどを利用すれば、食費の節約だって可能ですし、基本的な食費には税金がかからない事も分かってきます。何が安くて何が高いのか、を理解することで、色々と考えて買い物ができるようになります。

お弁当は自分で作る、休日は自然のある場所で過ごしたり、ホームパーティやBBQをしたりというオージースタイルの生活になってくると、お金を使う時はうまく使う、そして使わない時は使わないという生活が身についてきます。

日本に比べるとひとつひとつが大きいものも多いですから、フラットメイトとシェアする、冷凍庫で保存するなどして うまく無駄を減らすと更に生活上手になれますね。

1ドルは100円じゃないよ!95円!(2014年4月現在)


そして大きなポイント!1ドルを100円で計算しない事、です。高いな・・・と感じている方は、1ドルを100円で計算している事が多いです。 3ドル30セントのコーヒーは、330円ではなく、316円ほどです。15ドルのパスタは、1430円。ゼロを2つつけるよりも、ちょーっとだけ安いです。日本と同じように、オーストラリアにも安いお店はたくさんあります。是非探してみて下さい。え~っと思うぐらい、物が安く売られているのを見ると、気持ちが軽くなりますよ!

それでも『お金がない』と感じる場合は、現地でアルバイトをしてみるのも良いですよ。オーストラリアは労働賃金の高い国なので、日本よりもかなり高い時給で働く事が出来ます。土日や祝祭日は時給もUPするので、これを狙って働いている学生さんもたくさんいます。

オーストラリアに限らず、英語圏で良い給料の仕事を見つけたい場合は、最低でも中上級の英語力が必要になります。その為に、日本でしっかり準備&学校選びをしてくださいね。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら