ビザの種類と選び方

現在オーストラリア移民局が発給するビザは、100種類以上にのぼり、渡豪の際は、目的に応じたビザを申請する必要があります。

ワーキングホリデービザ(Subclass 417)

1年間の滞在期間中、4ヶ月までの就学、及び同一雇用主の元で3ヶ月以内の就労が許可されています。一生に一度しか申請することができません。

学生ビザ(Subclass 500)

就学目的に加え、政府認定校へフルタイムで通う場合に申請できるビザ。コース申し込み期間に応じた期間滞在できます。コース開始後は、2週で40時間までの就労も可能です。

観光ビザ(Subclass 600)

最長3ヶ月までの滞在でき、現地での延長も可能。学校には12週間まで通うことができますが、ボランティア活動を含め、就労することはできません(通常はETASを取得し入国します)。

ETAS(Subclass 601)

観光ビザ同様、3ヶ月まで滞在することができます。就労することはできません。ETASの現地延長はできませんが、観光ビザに切り替えることはできます。

ビザの選び方

オーストラリアへ留学するためには、ビザが必要です。渡豪目的によって取得するビザが異なりますので、目的にあったビザを取得しましょう。

語学学校で英語を学びたい

学生ビザ、観光ビザ、ワーキングホリデービザETAS

観光ビザ、ワーキングホリデービザ、ETASであれば最長3ヶ月まで語学学校に通うことができます。学生ビザであれば、申し込んだ入学期間中(3ヶ月以上でも)は滞在、通学することができます。

TAFE、大学、大学院に進学したい

学生ビザ

大学、大学院、TAFEに入学するのであれば、3ヶ月以上の就学になりますから、学生ビザを申請する必要があります。

働きながら、勉強したい

学生ビザワーキングホリデービザ

観光ビザでは働くことができません。学生ビザであれば週20時間まで、ワーキングホリデービザであれば1企業で最長3ヶ月間働くことができます。

観光の合間に英語を学びたい

観光ビザ、ETAS

渡豪の主目的が観光でも、英語学校に通学することも可能です。最長12週間学校に通うことができます。

ワーキングホリデーで英語を学ぶ、働く、遊ぶ

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザを取得すれば、4ヶ月間(17週間まで)学校に通うことができますし、働くこと(同一雇用主で6ヵ月まで)も、遊ぶこともできます。30歳までという限られた年齢が申請条件です。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2019年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は16年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら