【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ETAについて

オーストラリアに入国する際、90日以内の短期滞在であればETAS(Subclass601)(イータス)と呼ばれる電子入国許可登録システムを利用する事が可能です。ETASは、査証(ビザ)の代わりになるもので、オンラインで申請登録(30秒ほど)するだけですから、とても簡単に手続きが済みます。90日以内の滞在であれば、ETASを取得頂く事をオススメします。

ETASの申請条件

このとても便利なETASにも、申請には条件があります。ただ、通常であればどなたでもクリアできる条件ですから、ご安心ください。

条件
パスポート ETA対象国籍のパスポート所持者(日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシア)
訪問目的 観光、親族訪問、ビジネスミーティング、会議、展示会又は高度な技能を必要とする短期間のプロジェクト又はイベント従事者
滞在期間 3ヵ月を超える滞在でないこと
犯罪歴 健康であり、犯罪歴がないこと
就労について オーストラリアでは就労しないこと

ETASの申請料

ETASの申請費用は基本的に無料なのですが、申請手数料として20ドルが必要となります。
支払いはクレジットカードのみとなり、アメリカン・エクスプレス、ダイナーズ・クラブ、JCB、マスターカード、ビザの5種類のカードが利用できます。

ETASの申請方法

ETASの申請方法としては現在の所、下記の4つの方法が挙げられます。
  • インターネット
  • 旅行代理店
  • ETA手続きサービス会社
  • ETA参加航空会社にある航空券予約発券システム
手数料など少しでも留学費用を抑えたい場合、下記のアドレスより、ご自身で登録を行なう事もできます 。

ETAS(イータス・電子入国認可システム、Electronic Travel Authority Sytstem)

しかし、各旅行代理店でチケットを購入する際、同時にETAS申請を行なってもらう事が殆どです。やはり旅行会社という事で、安心してお願いできるという理由からでしょう。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I008)
2020年現在ブリスベンで生活中。オーストラリア滞在歴は17年ほどで。主に長期留学、専門学校留学、大学留学などの質問を担当させていただいており、留学中のサポートはもちろん、生徒さんのキャリアを考慮し進学プランをお伝えしています。また、社内一のコーヒー好きなため、カフェ情報もお伝えしています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら