【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ボンド大学で観光学を学ぶ

オーストラリアで最も有名な観光地の1つといえばゴールドコースト。たくさんのホテルが立ち並び、テーマパークや観光名所が豊富なこの街は、観光学を学ぶには最適な街です。そんなゴールドコーストにキャンパスを構えるボンド大学で、観光学を学ぶことができます。
目次

観光学部の特徴

ボンド大学の観光学が他の大学と比べて何が違うのか?特徴を3つご紹介します。

特徴1:ビジネスに特化した観光/ホテル学

ボンド大学の観光学部を一言で表すならば“観光業界でのビジネスリーダー育成”のための学部です。卒業後に就職先でマネジメント(管理職)レベルまで出世して活躍をすること・または起業をしてトップに立つことまでを想定したプログラム構成となっています。
必修科目の中にはコラボレーション・ーダーシップや論理的思考・ビジネス戦略などが含まれ、選択科目の中にもEntrepreneurship(起業)に関する科目が複数用意されています。

特徴2:400時間の観光インターンシップ

ボンド大学の観光学部は、授業に400時間のインターンシップが必修で含まれています。インターンシップをしなければ卒業ができない=同プログラムの学生は、卒業までに必ずオーストラリアの観光業界での経験を積むことができます。
インターンシップの手配は、ボンド大学のキャリアセンターを通して行われます。
<インターン先の一例>
  • ホテル
  • リゾート
  • エアライン
  • レストラン
  • テーマパーク
  • クルーズ
  • 旅行会社
  • 観光アトラクション
  • イベント
  • ※現在は新型コロナウイルスの影響で一部のエリアがインターン受入を停止していますが、コロナウイルスが終息して旅行業界に活気が戻ったら、再開予定です

    ボンド大学ではゴールドコーストにも施設を持つマリオット/アコー/ヒルトン/インターコンチネンタル/シェラトン/ウィンダムなど、世界的に有名なホテルグループとも提携をしておりインターンシップ派遣を行っています。

    もしキャリアセンターが持っているインターン先以外で興味にある企業などあれば、事前にキャリアセンターにご相談ください。状況に応じて大学側が交渉をしてくれることもあります。

    特徴3:充実したメンタープログラム

    ボンド大学のビジネススクールにはMentoring Programがあり、観光学部の学生も対象です。同プログラムは大学に入学して一番最初の学期に授業以外の場所で大学の先輩&アカデミックスタッフからサポートを受けられるというもの。Week1~12まで学期中ほぼ毎週メンターの学生orスタッフと少人数の学生で集まり、「タイムマネジメントの効率的な方法」「Examを乗り切るコツ」「Q&Aセッション」など、様々なトピックについて話をすることができます。

    また留学生に対しては入学したばかりで周りに知り合いがいない状態でスタートする方も多いため、学生が希望をすればグループではなく1対1でメンターやアカデミックスタッフからのサポートを受けることもできます。

    カリキュラムの詳細

    ボンド大学の観光学部の正式名称はBachelor of International Hotel and Tourism Managementで、名前の通りホテル学と観光学が合体したプログラムで、ボンド・ビジネススクールに属しています。

    大学共通科目

    ボンド大学のUndergraduate(学士号)に在籍している学生が、学部関係なく全員受講をする科目です。
    大学共通科目(3科目)
      Critical Thinking and Communication
      Collaboration, Teams and Leadership
      Responsibility, Integrity and Civic Diiscourse

    観光学部科目

    観光・ホスピタリティ関連の科目です。
    必修科目(11科目)
      Accounting for Decision Making
      Rooms Division Management
      Contemporary Issues in Hospitality and Tourism Management
      Strategic Pricing and Revenue Management
      Tourism Analysis and Evaluation
      WHS Risk Management
      Sustainable Tourism and Indigenous Culture
      Concepts of Strategy
      Business Law
      Human Resource Management
      Marketing
    選択科目1(この中から3科目)
      Wine Studies
      International Food and Beverage Management
      Event Operations
      Adventure Tourism
    選択科目2(この中から1科目)
      International Business
      Negotiation
      Cross Cultural Management

    自由選択科目

    自由選択科目が6科目分用意されています。第二専攻/副専攻という形で1つのエリアに特化しても良いですし、専攻を選ばずに大学内で開講されている様々な分野の科目から履修することも可能です。
    第二専攻/副専攻一覧
      Accounting
      Actuarial Science
      Big Data
      Economics
      Entrepreneurship
      Finance
      International Business
      Management
      Marketing
      Marketing Communication

    コース入学要項

    コース名 Bachelor of International Hotel and Tourism Management
    期間 2年間(6学期)
    入学 1月、5月、9月
    学費 1学期21,040ドル×2年(6学期)=126,240ドル(約997万円)
    入学条件(英語) IELTS Academic overall 6.5(各セクション 6.0)以上の提出
    入学条件(学歴) 日本の高校卒業、GPAが5段階で4以上

    ボンド付属語学学校/カレッジからのパスウェイ

    上記に記載された大学が定める入学条件に満たない場合は、ボンド大学の付属の語学学校、カレッジを経由して進学することができます。

    ボンド大学付属語学学校

    英語力が足りない場合、英語力に応じてGeneral English(一般英語)、English for Academic Purposes (進学英語)にて学ぶことができます。一般英語では日常会話や英語の基礎を固め、進学英語コースでは英文エッセイの書き方やプレゼン、リサーチなどの勉強をします。
    進学英語コースで既定の成績を収めることで、IELTS免除でカレッジ&大学へ進学することができます。

    ボンド・カレッジ

    成績が足りない場合、また英語力がIELTS5.5〜6.0レベルの場合は、ボンド大学の付属カレッジであるボンド・カレッジでファウンデーションコース、Diplomaコースで学んだ上で大学に入学が可能です。Diplomaコースに関しては一部の科目を大学の正規学生と一緒に学び、取得単位も移行が可能です。*プログラムによって異なります


    奨学金

    ボンド大学は少人数制で教育の質に力を入れている分、学費は決して安くはありません。ただ大学では奨学金制度が設けられておりますので、ご自身の条件に当てはまるものがあればぜひ応募されてください。
    ボンド大学の奨学金についてはこちらから


    ボンド大学の進学問い合わせについて

    オーストラリア留学センターは、ボンド大学の日本の公式相談・出願窓口として、皆さまの進学を無料でお手伝いをしております。ご出発前のお手続きはもちろん、現地到着後も学生生活に関するサポートも継続して行っております。またボンドの学生同士が交流できるよう定期的に交流会やミートアップ開催し、大学生活でできる様々な活動についてや、就職活動の情報提供などを行なっております。
    第一回交流会の様子

    ボンド大学に関して、お気軽にお問い合わせ下さい。
    豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
    (QEAC登録番号I094)
    16歳の時、初めて北海道を出てたどり着いたのがアメリカの田舎町。そこで1年間の留学生活を送ったことから人生が変わり、この素晴らしい海外生活をより多くの方に知ってもらいたい!と思い、日本で留学カウンセラーの経験を経てオーストラリアへ来ました。日々変わっていく最新の学校・現地情報から、最適な留学プランをご提案します。 このカウンセラーに質問する

    サイトのご利用について

    当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

    お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

    無料メール相談

    平日24時間以内にご返信いたします

    お電話での留学相談はこちら