オーストラリアの専門・大学・大学院留学のスペシャリスト

手配料無料! 現地 6都市サポート無料!

シドニー・メルボルン・パース・ブリスベン・ゴールドコースト・アデレード・日本の 7都市サポート

オーストラリアに持込めない物

持ち込めないものは、どこで没収されるか?

オーストラリアへ留学する際、現地ではなかなか入手できない日本の食料品や、ホームステイへのお土産を持ち込まれる方がいます。しかし、オーストラリアを含め、どの国にも検疫と呼ばれる、「入国時に持ち込む物の確認」が行われ、オーストラリアに持ち込む物によっては、申請する必要があります。

具体的な申請の流れとしては。まず、機内で受け取る”入国カード”に申請内容を記入します。「入国カードは、すべてNOを選べばよい」というような事を言う方もいらっしゃいますが。オーストラリアの検疫審査は非常に厳しい審査です。食品、植物、動物製品、薬を持参する場合は、必ず該当する欄をYESにしてください。

この入国カードは、5番の税関及び、検疫審査の際に提出し、持ち込む物の申告を行います。

オーストラリア到着から入国までの流れ
機内で入国カードを受け取り、記入。
オーストラリアに到着
入国管理官による、入国審査
出発時に預けた荷物のうけとり
税関及び、検疫(入国カードの提出)
到着ゲートをくぐり、到着ロビーへ
空港からホームステイ先(宿泊場所)に移動

申告すべき物かどうかわからない

オーストラリアの検疫規定がわからず、持ち込んだ物が検疫対象となるかはっきりしない場合は、とりあえず申告しましょう。仮に申告しないで良い物を、申告したとしても罰金などはありませんから、検疫官に確認するのが一番確実です。

申告を行わないと

仮に申告を忘れたり、見つかることを恐れて虚偽の申告を行った場合、法律違反で捕まる場合があります。その際は、 「その場で$220ドルの罰金が科される」か「 起訴され罰金$60,000以上や懲役10年が科せられる」こともありますので、くれぐれも注意してください。

申告しなければならない品目

下記の項目に記載されている物は、入国時に申告が必要です。
食品 調理済み及び生の食品と材料
乾燥及び生の魚や魚介類で、寿司及び魚卵を含む
乾燥及び保存果物。梅干し(販売用に製造されほうそうされたものであること)
乾燥及び保存野菜で、漬け物やキノコ類をふくむ
インスタントヌードルを含む麺類やご飯類
ソース、ドレッシング、調味料
機内食を含むレトルト食品等の加工食品
ハーブとスパイス
漢方薬、伝統薬、治療薬、トニック、ハーブティー
スナック類
ビスケット、ケーキ、菓子類
紅茶、コーヒー、ミロやその他の乳製品
市販薬、処方された薬
動物製品 羽根、骨、角、牙(清潔で細胞組織が付着していないこと)
皮、獣皮、毛皮(太鼓や楯を含め、生皮は処理が施されていない限りは持ち込み禁止。)
羊毛や獣毛(原毛、紡ぎ糸、工芸品を含む)
剥製の動物及び鳥類(一部の品種については絶滅危惧野生生物法により持ち込みが禁止されている場合があり)
ジュエリーや土産品を含む貝殻類。サンゴ礁については絶滅危惧野生生物法により持ち込みが禁止)
蜂蜜、ハニーコム、ローヤルゼリー、ビーワックス等の蜜蜂製品。ポレン(花粉)は持ち込み禁止
獣医用器具や薬品、羊毛刈りや食肉処理用器具、サドルその他馬具、動物用カゴ、鳥カゴ類の動物関連用具で使用済みの物
ペットフードやペット用のおやつ。生皮でできた犬用咀嚼製品を含む。魚の餌は持ち込み禁止
植物やその一部を使った品物 塗料の塗ってある物や漆製品を含む木製品や彫り物(樹皮は持ち込み禁止のため、没収ないしは処理を要します)
植物でできた工芸品、芸術品、骨董品
植物でできたマット、バッグ、その他製品、ヤシの葉でできた物も含む(バナナの葉でできた製品は持ち込み禁止)
麦わらを用いた製品及び包装材
竹、籐、ラタンでできた籠や家具類
ポプリやココナッツの殻
種でできているか、種の入った物品
クリスマス用デコレーション、リース、装飾品(松ぼっくりは持込み禁止)
ドライフラワー
生花やレイ(バラ、カーネーション、菊等茎からも繁殖可能な花は持込み禁止)
その他の物品 動物ないしは植物でできたクラフト類やホビー製品
使用済みのスポーツ、キャンプ道具で、テント、自転車、ゴルフ用具、釣り具を含む
土、糞、植物の付着した履物・ハイキングブーツ

この記事は私が書いています

オーストラリア政府認定留学カウンセラー
PIER資格保持(QEAC登録番号I008)
2014年現在、メルボルン・オフィスで働いています。オーストラリアの生活歴はかれこれ12年。長期留学、高校留学、大学留学などのご質問はもちろん、社内一のコーヒー好きなため、バリスタコースも詳しくご案内しています。出来るだけ多くの方に有意義な情報が提供できる&ムードメーカー的な立ち位置に滑り込めるよう、日々奮闘中です。

留学手配料無料、現地サポート無料のオーストラリア留学センターでは、留学に関する皆さまのご質問に、専門のスタッフが丁寧にメールで回答を差し上げております。尚、留学相談は、お電話各支店でも、無料で承っております。お気軽にご利用ください。

無料 留学相談はコチラ↓

24時間365日受付中!

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。