【お知らせ】 - オーストラリア政府が、3月20日の21時以降オーストラリアに到着する全渡航者の入国禁止を発表しました。留学予定の方はご注意ください。

カーティン大学で作業療法を学ぶ

理学療法や看護、スピーチパソロジーなど、ヘルスサイエンスに強みを持つパース、カーティン大学
その中でも、怪我や病気、障害を持つ様々な年齢層の方が、日常生活や仕事を自立して行えるよう心身をサポートする作業療法士コースにフォーカスをあててご紹介致しましょう。


1:カーティン大学のOccupational Therapyコース(学士号)

学校名カーティン大学
コース名Bachelor of Science(Occupational Therapy、Honours)
期間4年
2021年度授業料1年38,000ドルx4年=152,000ドル
入学月2月
必要な英語力IELTS7.0(各スキル7.0以上)
必要な学歴大学1年修了資格以上IB:30
その他高校3年次で生物学、化学、地球環境科学、人間生物学、総合科学、物理または心理学のいずれかを学んでいること

2:高校卒業資格で学士号に入学するには?

日本の高校を卒業後、カーティン大学のBachelor of Science(Occupational Therapy、Honours)コースに入学するには、カーティン大学に編入できるカーティン・カレッジからの進学がおすすめです。
コース名Diploma of Health Scienceステージ2
期間1年
2020年度授業料36,700ドル
入学月2月
必要な英語力IELTS6.5(各スキル6.0以上)
必要な学歴高校卒業をGPA4以上で卒業IB:29(6 IB科目)※高校3年次にサイエンス系の科目を学んでいること

3:カーティン大学のOccupational Therapyコース(修士号)

学校名カーティン大学
コース名Master of Occupational Therapy
期間2年半
2021年度授業料1年44,100ドルx2年半=110,250ドル
入学月12月
必要な英語力IELTS7.0(各スキル7.0以上)Pearson Test of English Academic: 65
必要な学歴大学卒業資格(ヘルスサイエンス関連の学部卒が望ましい)大学で65%以上の成績を修めていること
その他人間生物学と行動科学、もしくは心理学を学んでいる証明の提出が必要です

4:Job Readyな学士号コース!

カーティン大学、Bachelor of Science(Occupational Therapy、Honours)の特徴は「Job Ready」
作業療法士といっても勤務先でその役割は異なります。カーティン大学では様々な職場に対応でき、即戦力となる人材育成のため、こちらのプログラムが開講されています。

〜様々な分野での作業療法〜
・子供と働く
運動機能の向上を目指すだけでなく、子供のケアや学習、生活に関して親との関わり方も学びます。

・高齢者のリハビリテーション
病気や怪我で失った日常生活を向上させ、安全に自立した生活を送ることができるよう、家や生活の環境を改善するサポートも学びます。

・Acute care
退院後、日常生活が安全にスムーズに行えるよう、体の機能、道具の使用、精神面についてのモニターしながらサポートします。

・職場の怪我に関するマネージメント
怪我からどのように職場復帰させるか、各患者さんの症状にあわせ、プログラムを組み立てます。さらに、職場の怪我を事前に防ぐため、仕事の安全面に対する職場環境に関する教育も行います。

・メンタルヘルス
日常の活動において、個人、グループのクライアントの自立をサポートし、精神的な問題を克服するプログラムの作成を学びます。

4:学士号の実習は1000時間!

カーティン大学の作業療法コースの特徴は実習時間の長さ。実習先は病院、老人介護施設など様々で、実習を通してプラクティカルなトレーニングを行い、Job readyな人材になれるようコースがデザインされています。実習先は希望により、海外で可能なこともあります。

6:カーティン大学の作業療法コースで学ぶということ

「即戦力の人材=作業療法士としてのスキルがすぐに使える人材」だけではありません。

・メンタル面の科目
作業療法士はリハビリテーションの中でも精神面のサポートもする職業。そのため、学士号では「Introduction to Psychology」、Masterコースでは「Occupational Therapy in Mental Health Practice」という心理学やメンタルヘルスの授業もあります。

・多様なバックグラウンドを持つ患者のケアのために
多様な文化に対応した作業療法のケアが行えるよう、先住民族の文化や健康について学ぶ「Indigenous Cultures and Health Behaviours」という科目もあります。

・キャリアは世界へ
カーティン大学のMaster of Occupational Therapyコースは作World Federation of Occupational Therapists と Occupational Therapy Board of Australia認定コース。ヨーロッパ、アメリカでも作業療法士として働けるチャンスがあります。(国により作業療法士協会に登録の際の認定試験など、条件がある可能性があります)

カーティン大学の作業療法コースの900万ドル(約6億3,007万円)の最新施設はこちらからご覧いただけます。

7:カーティン大学進学のお問い合わせは

渡航前から渡航後、留学期間中まで、しっかりカウンセリング、サポートを行えるオーストラリア専門の留学エージェントです。パース留学に関するお問い合わせは、こちらからお気軽にお問い合わせください。


●カーティン大学の作業療法コースは定員のあるコースとなり、成績上位の方から入学許可が発行されたり、定員がいっぱいのため入学できないことがございます。ご了承下さい。
●上記情報は2020年5月22日時点での情報となり、予告なく変更の可能性があります。ご了承ください。
●お見積もりは学校からの情報を元にご案内しておりますが、予告なく変更となる場合もございます。
学校からのご請求書をもって、最終のご請求金額となります。
●学校の授業料は毎年変更となります。また、どの科目を受講するかにより授業料は若干異なります。ご了承下さい。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら