【体験談】いろんな可能性を広げてくれる ICHMホテルマネージメント留学

石橋 麻世さん | アデレード | ICHM(International College of Hotel Management)
日本の大学を休学してアデレードへ語学留学へ。当初は英語とラクロスをプレーするための留学が日本の大学を中退してICHM ホテルマネージメントスクールへ。将来の目指すキャリアを留学中に見つけた麻世さんのICHM の2年前期を終えたところでの近況をお聞きしました。ホテルマネージメント、有給インターンシップ、世界のホテルでのキャリアを目指す人は必見です。

日本の大学を中退、ICHMに進学をしようと思ったキッカケは?



日本の大学で、経営学を学んでいたのですが、2年生の後期から休学して留学することを決めました。理由は、ラクロスというスポーツをしながら英語をメインに学ぶためだったのですが、アデレードに留学中、自分が今後どういう将来(キャリア)へ進むべきかを考えていたのですが、あるきっかけでホテルマネージメントスクールの ICHM のことを耳にしました。

調べていくうちに・・さらに話を聞いていくうち・・ホスピタリティ業界でのビジネス・マネジメント分野に本格的に興味をもちました。

日本の大学を中退し オーストラリアの大学へ入学するのは、とても大きな進路変更のように感じましたが、自分が「やりたい!」「挑戦したい!」と強く思ったことだったので、決断して行動に移すのは早かったと思います。


ICHMの授業内容を教えてください



1年前期では Practical Class (実技)が多かったのとは対照的に、2年前期ではもっとクラスで学ぶ理論的な内容の授業が圧倒的に多いです。

1年前期のPractical Class (実技)は、後期の有給インターンに備える意味もありますし、さらに1年後期でのインターンシップの実践経験が 2年前期の理論の授業に非常に役立ちますし、理論をより深く理解できたと思います。

また、ICHMは本当に生徒が多国籍で、講義中での意見を交えながら異文化理解も自然と深まっていくのも、魅力の一つだと思います。アカデミックセメスターでは、とにかくアサインメントが多いので日々忙しいです。私は 2年次で大学の講義と並行してアルバイトもあったので、とにかくタイムマネジメントが鍵でした。
今は、ICHMでの講義と並行して アデレード市内の「Adina Hotel」でアルバイトしています。

後期の有給インターン先を選んだ理由を教えてください



1年次の有給インターンシップではオーストラリアでホスピタリティ業界での経験値を出来る限り広げようというのが第一優先でした。もちろん、様々なホテルブランドも興味あったし、行ってみたい都市も沢山ありましたが、出来ればホテル内の複数の部署(デパートメント)でクロストレーニングを受けながら仕事に集中することを考えて、選んだところが「タスマニア」でした。


インターン先では Food & Beverage と Housekeeping の両方のデパートメントで働くことが出来て、自分がホスピタリティ業界で働くうえでの「基礎」をここで築くことができたと思います。


もちろんその分、朝から夜まで働くのが当たり前で、時には全く休みのない週もありましたが「経験値」も「貯金」もたまって私が望んでいたそのものでした。


特に大自然にあふれたタスマニアなので、休みがある日はトレッキングに出かけたり4WDのドライブに連れて行ってもらったりと、オフも大充実していました!




ICHMでは生徒会員をされましたが、留学生の立場から学内のイベントの取りまとめ役がいかがでしたか?



1年生でStudent Representative Council(SRC)として活動しました。

オーストラリアでのイベント企画は初めてなのはもちろん1年次でまだまだ大学生活がどんなものかもわかっていなかったので、とにかく何をするにもわくわくしていました。

ミーティングを重ねてイベントを企画していく中で、シニアの生徒が率先的に引っ張ってくれて、私はとにかく出来ることをやろうと精一杯取り組みました。チャリティー活動には特に自分からアクティブに参加しましたが、様々なバックグラウンドを通じてみんなでイベントを作り上げるのは楽しかったです。


毎週SRCは夕方にミーティングがあったので、時間も取られますが、自分にとってプラスになったのは間違いありません!2年次は勉強とホスピタリティ業でのアルバイトにもっと集中すると決めていたのでSRCとしては活動しませんでしたが、今振り返っても1年次で活動できたことにとてもうれしく思っています。









ICHMを選んで良かった点を教えてください



よかった理由は話し出したらキリがありません(笑)が、何よりも一番は自分の可能性が広がったことです。異文化理解やキャリアの幅はもちろん、生涯の友達が世界中に出来ました。ホスピタリティ業界では人と人とのつながりがとても大切だと私は感じていて、そういう意味では広いようで皆が皆知り合いなんてことも珍しくありません!


この業界に大きなパッションを持ってる人が多く、そういう人たちと一緒に勉強したり、経験をシェアしたり、将来のイメージを語ったりしていると、自然と新しい自分が見つかったりしています。そういう意味では私にとってICHMは自分が生涯出会いたかった人たちと出会える場です。


ホテルマネージメント受講をお考えの方へメッセージを!



ICHMはホテルマネージメントを学べるだけでなく、キャリアだけじゃなく人として、いろんな意味で学生の可能性をも広げてくれる場所だと思います。ホテルマネジメントの知識やスキル、英語、異文化理解はもちろんですが、それ以上の魅力は、普通じゃ行かないような都市で働くことを選択できたり、それに伴って今まで出会ったことのない人に出会って、
今までにない経験をして、新しい自分を見つけるチャンスが沢山ころがっているところです!

もちろん楽なことばかりじゃないですが、ホスピタリティマネジメントに少しでも興味がある方はきっとICHMでさらなる可能性を見つけられると思います!

スタッフからのコメント

麻世さんが通学中のカレッジは、ICHM(International College of Hotel Management)です。ICHMは、学士課程3年間のうち半分の1年半が有給インターンシップの実践的カリキュラムが特徴のホテルマネージメントスクールです。詳しくは下記をご参考ください!

海外就職に強い!ホテル・マネージメントを学ぶ!

ご興味のある方は お気軽にお問い合わせ下さい。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら