海外就職に強い!ホテル・マネージメントを学ぶ!

2020年の東京オリンピック開催に向けて、ホテルやホスピタリティ業界では今後ますます英語を使える人材が必要と言われています。現実に優れたホテルスタッフ・ホテリエは英語能力の他にも、多くの知識と経験、 さらに柔軟な思考法を身に付けなければなりません。
サービス業の世界では最高峰と言われるホテルで活躍したい、就職の舞台が世界のホテル、そこで通用する技術と知識を身につけたい・・世界のホテルで就職を目指す人は、ICHM (International College of Hotel Management) でホテルマネージメントを学ぶことを選択肢の一つとして検討されてみてください。

ICHM を選ぶ理由「就職に強い」

ICHM(International College of Hotel Management) で「在学中に就職先が決まる」率は、なんと80%を誇ります。

卒業後ではなく「在学中」に就職先が決まります。残りの20%の学生が、卒業後に就職決定、または修士課程(Master)へ進まれる学生となりますので、ホスピタリティ関連への就職は同校の卒業生であれば、ほぼ間違いないと言えます。ホスピタリティ・ホテル分野の就職にはベストは選択でしょう!(就職率は2018年8月時点です)

実際にICHMを在学中に現地ホテル就職を実現された留学生の体験談はこちら↓

アデレードのホテルマネージメントスクール ICHM 在学中に現地ホテルからビザスポンサーと就職が決まった古泉菜々子さんに体験談をお伺いしました。すでに現地ホテルで働かれていて、忙しい合間に寄稿していただいた体験談となりますので、将来ホテル就職を目指す方には、必読です!
古泉菜々子さんの体験談はこちら!


ICHM卒業生(日本人学生)の就職先

ICHMの卒業生は世界各地の有名ホテルで働いていますが、その中で日本人留学生が就職されたホテルの一部をご紹介します。全豪に数あるホスピタリティ専門学校・大学でも、過去の卒業生の就職先を発表している教育機関は少ないですから、ぜひご参考ください。

ホテル名
ヒルトン東京、インターコンチネンタル ANA ホテル 東京、アマン東京、インペリアルホテル、ウェスティンホテル、魚山園 京都、Pierre インターコンチネンタルホテル大阪、オークウッドレジデンス青山・東京
ホテル名(オーストラリア)
フォー・ポインツ by シェラトン(シドニー)、クラウン メトロポール(メルボルン)、インターコンチネンタル(アデレード)、セイルズ イン ザ デザート ホテル(エアーズロック)
ホテル名(その他海外)
マルコ ポーロ (香港)、キャッスル ホテル & スパ(ニューヨークUSA)
上記の通り様々な有名5つ星ホテルに就職をされています。

ICHMを選ぶ理由 「Swiss Hotel Association認定」

ホテルマネージメント分野で国際的に権威ある「スイスホテル協会(Swiss Hotel Association)」は有名なのでご存知の方も多いはずです。同校は、「スイス国外で最初の認定教育機関」であり「オーストラリアで唯一のスイスホテル協会認定」ホテルマネージメントスクールです。
ICHM が世界トップレベルのホテルマネージメントスクールである証明でもあります。

ICHMを選ぶ理由 「ホテル・マネージメントに秀でた人材を育てる」

ICHMではキッチン設備を利用した調理も学びます(3コースを学びます)し、世界各地のワインをテイスティングするために作られたワイン学の教室もあります。

ただし、学士号のホスピタリティ・マネージメント / ホテルマネージメントスクールなので、キッチンでの調理やレストラン内のフード&ベバレッジ業務で学ぶことは「ホテル内のレストランでは日々何が起きているのか?」を経営・マネージメント視点で学ぶことです。
ICHM 学校担当者いわく「優秀なシェフや菓子職人、レストランのホールマネージャーなどのキャリアを望む人へ最適な優秀な教育機関は TAFE などたくさんありますから、そちらで学んでください。ホスピタリティ分野でマネージメント・経営やビジネスに秀でた人になりたい方は ICHM にホテルマネージメントを学びに来てください。」とハッキリおっしゃられています。

現地就職、海外就職でも、ホテルのセールスマネージャーやスーパーバイザーなど管理職キャリアで就職される方が多い意味が頷けます。

ICHMを選ぶ理由「学士コース期間の半分が有給インターンシップ」

ICHMでは ビジネスの学士号(ホスピタリティ・マネージメント 3年)とスイスホテル協会認定の国際ホテル経営の修士号が取得可能です。(学士号3年間、修士号2年間)

前期がオンキャンパスでの授業と講義、後期を世界中400以上あるホテル、リゾート、サービス関連業と独自ネットワークでグローバルキャリアに直結するインターンシップ(有給)を体験出来る実践的カリキュラムを誇っています。

Bachelor of Business(Hospitality Management)
YEAR 1
1学期 オンキャンパス 20~22週2学期 有給インターンシップ 20~24週
YEAR 2
3学期 オンキャンパス 20~22週4学期 有給インターンシップ 20~24週
YEAR 3
5学期 オンキャンパス 20~22週6学期 有給インターンシップ 20~24週(オプション)

Master of International Hotel Management (Swiss hotel Association)
YEAR 1
1学期 Graduate Certificate 課程2学期 Graduate Diploma 課程
YEAR 2
3学期 Master 課程 4学期 Professional Practice & Research(有給インターン)

インターンシップは、もちろん有給となりますので、生活費(半年で約150万ほど。ポジションや勤務時間によります)を有給インターン中で稼ぐことが出来ます

また、この有給インターンシップの勤務候補地は希望を出すことができます。
このメリットは、留学中において、いろんなホテルで、様々なキャリアを積む事が出来る 点とそれぞれのホテルでコネクションを作ることです。例えば、1年目のインターンシップ先はアデレードのホテル、2年目のインターン先はシドニーのホテル、3年目はメルボルンなど、、、、提携ホテルからICHMが認められているからこそ出来るインターンシップの手配となります。

下記の表は過去にICHMから手配されたインターンシップ先のホテルや企業です。

アデレード
Crowne Plaza Adelaide、Great Southern Rail、Hurley’s Arkaba Hotel、Intercontinental Adelaide、Hilton Adelaide
シドニー
Four Points by Sheraton、Four Seasons Hotel Sydney、Holiday Inn Old Sydney、Radisson Blu Plaza Hotel Sydney
メルボルン
Crown Melbourne、Grand Hyatt Melbourne、Hilton Melbourne on the Park、Holiday Inn Melbourne on Flinders、Langham, Melbourne、Marriott Hotel Melbourne、Park Hyatt Melbourne、Swanston Hotel, Grand Mercure
ノーザンテリトリー
Longitude 131、Voyages Ayers Rock Resort
クイーズランド
Hamilton Island Resort、Sheraton Mirage Port Douglas、Sheraton Mirage Gold Coast
ブリスベン
Marriott Brisbane Hotel
パース
Hyatt Regency Perth
タスマニア
Strahan village hotel

その他のオーストラリア国外の提携ホテルは、下記のICHMのウェブサイトから確認できます。
ICHM Industry Partners
https://www.ichm.edu.au/program/experiences-opportunities/industry-partners

上記の通り、インターンシップ提携先はオーストラリア国内・国外含め、たくさんありますが、その中でもご自身が将来目指すホテル(シティホテルなのか、リゾートなのかなど)も含め、ICHMのインターンシップ担当者と絞り込んで決めていくことになります。提携ホテルは皆さんも一度は聞いたことのある有名ホテルばかりです。

Bachelor of Business (Hospitality Management) の3年間のうち1年6ヶ月が有給インターンシップ、Master of International Hotel Management (Swiss hotel Association) の2年間のうち6ヶ月が有給インターンシップとなります。

入学基準と2019年度費用について

ICHMで取得できる学位はBachelor(学士号)、Master(修士号)となります。

コース名Bachelor of Business (Hospitality Management)
期間3年間
入学月2月と7月
求められる学歴高等学校卒業以上で80%以上の成績
英語力英語力はIELTSアカデミックモジュールで6.0以上。
英語力の足りない方のパスウェイIntensive English Language Institute、またはSouth Australian College of English にて、規定の英語力に達したと判断された場合は無試験で進学が可能です。
学力条件の足りない方のパスウェイEynesbury Institute of Business and Technology のTertialy Preparation Program(1年または8ヶ月)の受講後に進学が可能です。
学費の目安年間で約AU$27,600(2019年度) その他入学金など$1,600ほどかかります
学校のホームページ学校コース詳細

上記3年間のコースを終えた学生、または他大学にてBusiness, Hospitality Managementの学士過程を終えた学生さんには、 下記のスイスホテルアソシエーション認定の修士課程 Master of International Hotel Management (Swiss hotel Association))へ進学できます。

コース名Master of International Hotel Management (Swiss hotel Association)
期間2年間
入学月2月と7月
求められる学歴 学士号を終了していること(学部不問)
ビジネス、ホスピタリティ分野で学士号を終えている方は単位認定で1年〜1年半になる可能性があります。
英語力英語力はIELTSアカデミックモジュールで6.5以上。
学費の目安年間で約AU$30,000(2019年度)
学校のホームページ学校コース詳細

2019年2月入学または7月入学にて Master of International Hotel Management (Swiss hotel Association) へ進学をご希望の方へ、ICHMでは奨学金をご用意しています。

奨学金: 授業料の10%オフ
条件: IELTS Academich 6.5(各セクション 6.0)以上をお持ちで、修士課程にダイレクトでのご就学希望の方へ

奨学金: 授業料の15%オフ
条件: IELTS Academich 7.0(各セクション 6.5)以上をお持ちで、修士課程にダイレクトでのご就学希望の方へ

修士課程のMaster of International Hotel Management (Swiss hotel Association)について、さらに詳しくご希望の方は下記のページをご参考ください。
ホテルマネージメント修士号に奨学金!

英語学習について

ICHM では学士号レベルのホテルマネージメントスクールになりますので、コースを履修するのに必要な英語力はIELTS 6.0以上です。現時点で英語力が足りないからと言って諦めてはいけません。
ICHMが提携するアデレードの英語学校(Intensive English Language Institute または South Australian College of English)の進学準備英語コースを規定の成績で終えることで IELTS免除 で進学出来ます。

また日本の高校卒業時の成績が足りない方へは、提携の Eynesbury Institute of Business and Technology にて、Tertialy Preparation Program(ファウンデーションコース)を終えることで、ICHMへの進学を目指すことができます。

ホテル就職を真剣にお考えの方へ

創立から20年の歴史があり、すでに2500名以上の卒業生がインターン先ホテルを含む、世界各地のホスピタリティ関連業界で活躍しています。

ICHM(International College of Hotel Management)で、ホテルマネージメントを学ぶことはホテル就職の可能性を広げるだけでなく、その就職先の舞台は世界中のホテルが対象になります。

ホスピタリティ・ホテル分野での海外就職を目指す方、ぜひ留学無料カウンセリングフォームよりお問い合わせ下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら