【体験談】人生観を変えたTAFEマネージメント留学

谷口愛実さん | パース | TAFE WA - North Metropolitan TAFE |
パースTAFEでDiploma of Leadership + Managementを学ぶ谷口さん。インタビューの最後に「(オーストラリア留学に)来てよかった!」とおっしゃった谷口さんが、挫折だらけの留学生活から何を見つけたのか?いろんな発見のある体験談、ぜひご覧ください。

留学を決意したきっかけ

私が留学を決意した理由には色々とありますが、まず英語力が無いと自分のやりたいことができなかった、ということがあります。世界の人とコミュニケーションを取るのが大好きで、アプリを使って世界中の英語を勉強したい人や日本のことが好きな人と交流していました。そのうち日本で日本語だけでコミュニケーションを取ることがつまらなく、だんだん苦痛に感じるようになってきました。
また日本の文化を広めたり、日本に来る人へのサービスを提供する仕事にキャリアチェンジも考えており、英語の必要性を考えるようになりました。
そんな中、旅行先のプラハでホステルのオーナーさんがとても良くしてくれたのに、英語ができないがために話もできず、お礼も十分に伝えられなかったことから、帰国後すぐ「留学しよう!」と決意しました。


オージー英語はダメ!?迷った留学先

オーストラリアはオージー・イングリッシュ!というくだらない先入観があったことと、憧れている人がカナダ留学をしていたので、最初はカナダ、トロントに留学予定、実際、私立ビジネスカレッジに手続きも進めていました。
が、カナダは学費も高額、学生ビザでアルバイトもできず、資金的に自分の望むマネージメントを含む留学が実現できませんでした。カナダに留学したいけれど、留学プランには悶々とした気持ちを抱えていたその時に、「オーストラリアは語学+専門学校の留学中、アルバイトもできる」という選択肢があることを教えてもらいました。
そこで初めてオーストラリア留学のオプションを検討し始めました。

パースを選んでよかった!

 
都市を選び始めた際、ワーキングホリデーでパースに行った友人から、日本人が少なく街が落ち着いていていいところだと教えてもらいました。その後、自分でも調べたら、いい情報がたくさん出てきたのですぐ決断ができました。

今はオーストラリア留学、パース留学にして本当に良かったと思います。何より、天気が素晴らしい!
カナダに行っていたら、空もどんよりしていて落ち込んで鬱になっていたかもしれません(笑)
それに日本と時差がたったの1時間というのも、家族や友達に連絡取りやすく助かります。朝起きてすぐ「おはよう、今日も頑張るね!」と家族に言えることが幸せです。

パースはシティの機能もきちんとありながら自然もあり、海も近くきれいなビーチに気軽に行ける。勉強と余暇のバランスが取れるためリラックスして勉強できます。それにパースを選んでいる留学生は、パーティー好きな人より穏やかな人が多い気がします。じっくり勉強したいならパースをおすすめします!


今だからわかるオーストラリア留学のメリット

メリット①オーストラリアのライフスタイル
オーストラリア人が大らかなのは、何かを我慢しなくても生きていける、人生のことを心配しなくても生きていける地盤があるからだと、留学してから分かりました。日本だと、全部が効率が良く、何でも便利で豊かに見えますが、実は不安要素がいっぱい。オーストラリアのストレスを抱えない生活が、実は一番豊かなライフスタイルだと、ここに住み始めてわかりました。せっかく留学するなら、こんなオーストラリア、おすすめです。

メリット②学費が安く実用的なTAFE留学
オーストラリアのTAFE留学は学費が大学より安く、より実践的なスキルが学べ、実際に即仕事に活かせます。大学のビジネスコースでの勉強は理論中心ですが、こちらのTAFEの授業内容は実際の仕事内容につながり、即戦力の育成に役立つコースです。また、学んでいる学生の年齢幅が広く、社会人でも気軽に学生に戻れ、また様々な国から来た社会人経験のある留学生から学ぶことも多くあります。


TAFEのマネージメントコース

最初は先生の英語が半分ぐらい分かりませんでした。クラスメートは、ネイティブは15人中4人ぐらい。残りは南米、ヨーロピアン、アフリカからの留学生で、アジア人は韓国人と私だけ。想像していたより少なく、アジア人以外の留学生は、すでにオーストラリア滞在歴3年だったり、母国の大学で英語で授業を受けていたりで英語も流暢。一方、自分は英語がすぐに頭に入ってこず、落ち込んだりあせったり。アジア人の多い他のコースに変えようと思い、先生にコース変更の相談をしました。先生と話をした結果、授業はとても魅力的だったし、マネージメントは自分が本当に学びたい分野、もう少し頑張ってみようと続けることにしました。でもやはり2週間後に、もうこれ以上は無理!と再度先生に相談したら、もうコース変更手続きが可能な時期は過ぎ手遅れ、変更できないと言われ、諦めて少しずつ頑張って勉強を続けました。


特に、入学したばかりの2月、3月が大変で、3人の先生&3つのチームが編成され、全部チーム単位で動く授業内容だったのですが、チームの人と英語がバリアになってコミュニケーションが取れない!という状況。コミュニケーションが取れないので、周りもイライラする、説明してくれても自分は分からない、課題の締め切りも迫る中、早くやりたいのにコミュニケーションが上手く取れずに進まない。1週間に1回は家で泣いていました。
クラス以外の友達に愚痴を言ったり、日本語が分からない香港人の親友に「1時間日本語で話していいかな」と言ってずっと日本語で話しをしたこともあります。彼女に「Sure」や「Yes」は日本語でなんていうの?と聞かれたので教え、相槌を日本語でうってもらいながら、毎週話をきいてもらっていました。


ところが、慣れ始めたらリーダーシップやマネージメントは前職からの知識があるので、4月頃になると自信もついてきて「これはいけるかも」と思い始めました。その後は、課題には追われるけれど精神的にはかなりラクになりました。
特にチームワーク系の授業が楽しかったですね。ちょっとできない自分の従業員スタッフをどうフォローするのか、チーム内のコンフリクトをどう解消するのか、そんな授業を一人でエンジョイしていたら、なんでそんなに楽しそうなのとクラスメートに言われたことも。


ビジネスコース専門のサポート

先生は3人。一人の先生は、10年間ぐらい海外で仕事をされていた先生で、タイムマネージメントの仕方など、実際に役に立つ授業内容です。実際に活躍した人から教えてもらえる、それもTAFEで学ぶ魅力だと思います。一方で、英語の文法ミスが多かったせいで、あなたのレポート、途中で採点するのを止めたから、と言われたこともあります。でも心のオアシスのような先生もいて、毎日16時〜17時半まで、英語をチェックしてくれるビジネスコース専門の先生にはとても助けられています。

パースでの留学生活

シェアハウスで、インドネシア人、香港人、日本人と住んでいます。友達とビーチに行ったり、スワンリバー沿いをサイクリングしたり、たまには飲みに行ったり。
アルバイトは朝5時〜10時の午前中のみ、スーパーに卸すお寿司などの日本食を作っています。ストレスを貯めずに働きたいので、日本人と一緒なのは有難いです。朝4時に起きてアルバイトか、仕事が無い日は勉強してから学校に行き、夜9時には寝ています。日本では朝10時に起きて仕事は午後1時から、寝るのは午前1〜2時だった私がこんな健康的な生活を送っているなんて日本にいた頃は考えられなかったです。
パースに住むようになってから、朝日を見るということは大切なことだと思うようになりました。朝アルバイト先から自転車で帰宅する時も、空気も緑もキレイ、ハッピーだなあと。このライフスタイルが気に入っているので夜のバイトには戻りたくないですね。


Diplomaコース卒業後は、、、?

留学後の仕事の幅を広げたいと思ってオーストラリアに来たけれど、自分が日本から持ってきた「仕事を人生の糧として生きる」という概念が、こちらに来て揺らぎました。今までは疑っていなかったことが「実は正しくないのかも」と思ってきたところです。
人生を存分に楽しんでいるオーストラリア人のように、仕事以外の何かを糧に生きていくのもいいなと思っています。
仕事をベースにして考えるならTAFE卒業後すぐ日本に帰った方がいい、でもそうすると仕事に比重を置く生活に戻ってしまう。日本で自分のやりたい仕事をするなら、東京などの都会で腰を据えてやらないといけないと思うけれど、自分の人生でそれが正しい選択なのか分かりません。
でも、この留学が私にもたらしてくれたものは英語力やマネージメント力だけでなく、私の人生における価値観や人生観に新しい風を吹き込んでくれました。これはオーストラリアに来なかったら、絶対に得ることができなかったものです。オーストラリアに来て本当によかったです。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら