【体験談】専門用語に苦戦!でもスキルを確実に得られるマッサージ留学

松川ゆうきさん | パース | TAFE WA - South Metropolitan TAFE |
ワーキングホリデーで渡航。現地で学生ビザに切り替え、現在パース、TAFEのマッサージコースで学ばれている松川さんにお話を聞きました。

天気が良くて、海があって、日本から一番遠い所、パース


留学を考えた時、周囲は「30歳過ぎからの留学なんて、もっと他の人のように地に足をつけて生活することを考えた方がいいんじゃない」と反対ムードでした。だからこそ真剣に留学地を選びました。


他国に比べて、オーストラリアは山もあれば砂漠もある、海もある、と色々な種類の自然があり、オーストラリア固有のユニークな動物も多く面白そう、プラス暖かい国に行きたかったという理由で、オーストラリアを選びました。
オーストラリアの都市を調べていくうちに、「西海岸唯一の都市、パース」というフレーズが気になり始めました。
唯一というフレーズに弱く、東海岸の知名度のある都市に比べ、パースは限定品のようなレアな感じがしましたし、よくよく調べてみると天気も良い、海もある、日本人も少ない、ほどよく都会で、ほどよく田舎。長期で滞在するにも住みやすそうな印象でした。
それに、周囲の反対を押し切っての留学。日本からの直航便も無く、自分が日本に帰りたい、と思った時に簡単に帰れない、覚悟の留学にパースはぴったりでした。

実際、パースは多国籍でオーストラリア人、日本人だけじゃなく、他の国からの生徒も多く、マルチカルチャーな文化で外国人の自分も受け入れてもらえている感じが嬉しいですね。みんなのびのびとしているし、自分も生活していて楽しいと感じます。

TAFE専門コース留学は何よりも安心感


TAFEより安い学校もあるけれど、確実に一定レベル以上の技術が学べるし、州立なので倒産も無いですし、何よりも安心感があります。
元々、英語の勉強をしにワーキングホリデーで来たのですが、英語と興味のあるスキルの両方を学べて一石二鳥です。

マッサージコースの勉強は専門用語との戦い

最初は、授業で出てくる単語、専門用語が全く分からず、分からないまま筋肉の名前や体のつくりの勉強についていくのに必死でした。

病気の名前、マッサージをしてよい症状の病気とそうでない病気。
日本語では当たり前の単語でも、こちらではばっと言われて、でも分からなくて、
授業中に調べる時間は無いので、家で調べて、の繰り返し。
1学期中、ずっと筋肉の勉強は続き、日本語でもここの筋肉ってなんていうの?と分からないものを英語で学ぶことをひたすら続けていました。
そんな中、ラテン系のバックグラウンドを持っている留学生には、似ていたり馴染みの単語も多くてずるいなと思うこともありますが。笑

マッサージのテクニック

マッサージのアルバイトをしているので、他の人よりテクニックの部分ではリードしており、余裕を持ってスタートすることができました。
病気、筋肉の勉強はついていくのに必死だけど、マッサージのテクニック部分はついていける、頑張らないと!と授業を受けていました。


でも、Remedial Massageは施術の前に、お客様のお名前・住所、どんな病気を持っているか、手術経験があるか、どうして今日はマッサージを受けに来たかなど、病院の問診のようなことをお尋ねします。
病気の名前を網羅した上でのプロフェッショナルな質問なのに、私は英語が出てこなくて、たどたどしい英語で問診をしてしまったと泣きたくなるくらい自分にプレッシャーをかけてしまってしまいた。この授業は未だに苦手です。

楽しい充実した瞬間

学校には一般のお客様がいらっしゃるマッサージクリニックもあり、実習はそこで行われ、レクチャーがそばにつきながらマッサージをします。もっと向上した方がいいところ、よかったところ、お客様から率直なフィードバックをもらえる機会です。そこで気持ちよかったと言ってもらったり、プラクティカルな部分を褒めてもらうととても嬉しく、テンションが上がって楽しくマッサージができます。

業界に精通した経験豊富な先生から学べる喜び

先生は3人。現在のマッサージ産業を深く理解している先生方です。
一番大きいオーストラリアマッサージ協会のスーパーバイザーのようなポジションの先生や実際にスポーツマッサージ師として、オリンピックで選手のマッサージをしていた先生も。アシスタント先生方も皆TAFEフリーマントル校の卒業生で、同じ部位をマッサージするのにも、それぞれ違ったテクニックを披露してくれ、とても勉強になります。

多国籍なクラスメート

全部で20名。国籍割合は豊かで、オーストラリア人、日本人の他、台湾、中国、イタリア、スイス、アイルランドの留学生が学んでいます。個性豊かな20人で、19歳〜45歳まで幅広く、どんな人がいても全く違和感が無い感じです。お昼ごはんも一緒に食べたり、卒業しても仲良くできそうですね。

TAFE卒業後はオーストラリアでマッサージ経験を積みたい

マッサージに興味がある方にはお勧めのコースです。思ってた以上に専門的なことが学べます。このコースを学ぶ前はSPAで働ければいいかなと思っていたけれど、今では体の仕組み、筋肉を理解し、体がつらくて困っている人に自信を持ってマッサージができるようになりました。

広く世界を知りたい、様々な価値観の人と出会いたい、と日本を飛び出し、今、色々な経験ができています。学校でも1年間で学ぶことはたくさん。ものすごい量をバンバン詰め込まれていますが、このコースをやって本当によかったと心から思います。


豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら