【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

【体験談】社会人のMBA留学

Satoshiさん | ノースシドニー | Australian Catholic University | Business and Management | 2年
社会人留学でMBAを終えれたSatoshiさんから、大学生活についてお話を伺いました。

なぜMBAにチャレンジをしようと思ったのですか?

最初のきっかけは、MBAホルダーってかっこいいなという気軽な気持ちでした。大学を卒業し、働き始めてからも英語力を身につけたい、世界基準でのビジネスを学びたい、という気持ちが高まったので、MBA留学を決意しました。

なぜオーストラリアを選んだのですか?

将来自分でビジネスをしたいと思っていたので、アジアとのコネクションが他の英語圏と比べて強いオーストラリアを選びました。実際、アジア人の比率は高く、まだまだ発展途上の国が多いアジアにおいて、ビジネスチャンスを増やすためには、とても良い選択だったと思います。

大学院に入るまでに大変だった事、楽しかった事はなんですか?

英語はとても苦労しました。入学後、周囲の英語のレベルはさらに高くなるので、とにかく友達をつくって、たくさん英語を使うのが一番大事だと思いました。今振り返っても、たくさんの友達と色々な話しをしたことが一番の思い出です。

大学院の雰囲気はどうでしたか?

学校やその時期の生徒によって雰囲気は変わってくると思いますが、基本的にはみんなフレンドリーで良い感じでした。ただ、グループワークなどで、うまく進まないグループは険悪なムードになっているところもありました。そのため、自分のタスクは確実にやること、そしてメンバーのタスクがしっかりと進捗しているかの確認が大事だと思います。

英語学校と大学の大きな違いは何でしょうか?

学ぶスピード、量、共に語学学校とは大きく違うので、それにともなって予習、復習などの勉強時間も増えました。アサインメントの提出期限やテストのスケジュールが重なってしまうこともあるので、自分で勉強のスケジュールをマネジメントしていくことが大事になると思います。

大学院に入学して一番大変だったことは何でしょうか?

やはり英語が一番のネックになりました。日本語でも理解することが難しいこともあるのに、それを英語で聞いて、考えて、伝えるという作業はとても困難なものでした。これに関しては、地道に反復練習していくことが、大事だと思います。

オーストラリアで一番の思い出や成し遂げた事は何ですか?

一番の思い出は色々な国の、たくさんの友達をつくったことです。日本人、自分と比べて何が違っていて、何が一緒なのか、ということを生活を通じて実感できたことは、自分にとって大きな成果でした。

日本に帰ってからの目標は何でしょうか?

まずは、希望の仕事に就くことです。せっかくMBAを取得したので、それをしっかりと生かすためにも、今後に繋がるキャリアを築いていきたいと思います。また、自分が社会で活躍することで、MBAの価値を高めることにも貢献したいと思っています。

これからMBA留学を希望している方へメッセージをお願いします。

異なる言語で習得するということは簡単な道のりではありませんでしたが、日本で受けた教育、社会での経験がとても支えになりました。英語に関して読み書きは苦労せずにできましたし、ビジネスに関しては、働いていたときのことを参考にできたので、理解する上でとても役に立ちました。今の環境で頑張っていらっしゃる方は、必ずMBAを取得する上でも支えになりますので、諦めずに頑張って下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号G176)
英語の習得はもちろん、様々な経験やチャンスを得られるシドニー。最終的な目標を是非お知らせ下さい!時間もお金も無駄にしないよう、効率的な方法をご案内します。もちろん、留学中は自分の方向性を見失った時、辛い時にもしっかりサポート。一緒に頑張っていきましょう! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら