【体験談】やりたいことが見つかった!パースのTAFEでマーケティング留学

上野未来さん | パース | TAFE WA - North Metropolitan TAFE
日本の大学を休学し、パースのTAFEでマーケティング留学を終えた上野さんにお話を伺いました。

空手がきっかけで目覚めた英語でのコミュニケーション

小さい頃から続けている空手の影響で、オーストラリアを始め、色々な国の人と交流をする機会が多々あります。その中で、英語ができるようになってコミュニケーションをとれるようになりたい、絶対に留学をしたいという気持ちが中学生の時からありました。そこで、大学2年生を終えた時点で休学留学をしようと決断し、両親に支えてもらいながらパースに留学しました。

オーストラリアを選んだ理由は、やはり私にとって、初めての海外旅行で行った場所であったこと、移民や留学生が多いため生活しやすい環境にあること、またのんびりとした環境が私に向いていたからです。また、他の国と比較すると安全だと思います。

パースに留学

パースを選んだ理由は、やっぱり田舎が好きだからですね。私自身も地元が田舎のため、パースに親近感を覚えています。(笑)シドニーやアデレード、クイーンズランドなど他の都市も行ったことはありますが、私の中ではパースが一番好きです。

小学校6年生の時に初めてパースでホームステイをし、オーストラリアをとても好きになりました。それからパースは2回以上、他のオーストラリアの都市にも自分で旅行に行ったりしていましたが、留学はパースにしようと思い、決めました。

修了証がもらえるTAFE休学留学

今回は、休学留学ということで期間も、取れるコースも限られていました。しかし、その中で思ったのはこの留学をただの語学留学で終わらせたくないということです。オーストラリア留学センターにTAFEという学校を紹介してもらった時、修了証が取得でき、英語+αを学べるということで、これだ!と思い、語学学校を終えた後、TAFEで勉強することにしました。コースは、もともと日本の大学で統計系の科目を勉強していたというのもあり、マーケティングを選びました。 

マーケティングの前に通った英語コース

英語コースについてTAFE付属語学学校の英語コースでEAP(進学英語コース)レベル4を10週間、IELTSのコースを5週間終えました。EAP4のクラスは、大学進学を目指している人達用のクラスだったので、授業の内容はレポートの書き方やプレゼンテーションに焦点が置かれていました。答え合わせの時でもクラスメイトとなぜこの答えだと思ったのかなど言い合う時間が与えられるため、スピーキングの練習になりました。

また、IELTSコースはひたすら本番と同じIELTSの問題を解く授業でした。スピーキングだけという授業もあり、とても楽しんで受けることができたと思います。そして、私が通っていたTAFE付属語学学校では、学校では英語だけというルールや、英語を友達と喋っていたら先生がシールをくれ、それを集めてクラスごとに競い合うというのもありました。どうしても同じ国の人と固まって日本語を話すということになってしまうのが普通ですが、こういった環境が英語を話すというモチベーションを高めてくれました。 


プレゼンテーションも課題もたくさんのマーケティング授業

Certificate Ⅳ in Marketing and Communicationを取っています。このコースでは、マーケティングがどのように必要とされるようになったか、消費者にモノを売る時にどういった戦略で売るかなどの勉強をしています。

実際に簡単なマーケット調査を行ったり、キャンペーンを自分で考えて発表したりなど実践的な授業が多いです。他にも、広告を自分たちでデザインしたりということもしています。私は、このデザインの授業が一番大好きです。

プレゼンテーションは頻繁にあり、課題もたくさん課されます。プレゼンテーションは、ローカルの生徒の前でも発表しないといけないため、毎回緊張しましたが、回を重ねるごとに慣れ、今ではあまり何も思いません。

課題が終わらない日は夜遅くまでしたり、クラスメイトと相談しながら進めたりして何とか乗り越えました。また、私のクラスメイトは、みんないい人ばかりでお互いに助け合いながら勉強できたことがいいところだったと思います。 

お気に入りの過ごし方

私は、学校が終わったらフリーマントルまで空手の練習に行っています。また、フットボールやバレーボールクラブにも参加して、とにかくスポーツをしています。(笑)

また、私が住んでいる寮が主催しているイベントに毎日のように参加し友達を作ったりしています。イベントには、ヨガ、ムエタイ、料理教室など様々なものがあり端から端まで参加しました。そのおかげで、色々な人に出会い仲良くなることが出来ました。

休日はルームメイトと海に行ったり、公園に行ったりしています。一番のお気に入りは、公園に寝そべって音楽を聴きながら友達と色々なことについて語り合うことです。また、週末にはクラスメイトとパーティーに行ったり、ご飯を食べに行って楽しんでいます。

ここで得た友達はオーストラリア人だけではなく、色々な国から来ているので、話す内容や違った価値観から刺激をもらうことが多々ありました。今では、何でも言い合える仲になり、もうすぐみんな自分の国に帰ってしまうので寂しくなります。 

価値観が変わる留学

TAFEのセオリーだけでなく、プラクティカルな授業を経験することで、マーケティングにより興味が持てるようになり、自分が将来どんな分野に進みたいのかを見つけることが出来ました。

TAFEのように「努力した人が良い成績を取る環境で学びたい」という思いでオーストラリアに渡航しましたが、厳しい勉強を通して自分から積極的に学ぶ姿勢に変わったと思います。

ルームメイトからも「来たばかりの頃と変わってもっとポジティブになった!」と驚かれています。

1年の休学留学のつもりで来たのですが、自分が本当に勉強したいことをパースで見つけました。そのため、現在、認定留学を申し込みたいと考えています。まだ、これからどうするかは決まっていませんが、将来的にはこの留学が活かせる、スポーツビジネスやマーケティング関連の仕事に就きたいと考えています。 

留学は、英語だけではなく、様々なところから学ぶことは多く、見る目や考え方が大きく変わると思います。また、留学することによって日本の良さを実感することもあるので留学をする価値は大いにあると思います。もし、留学をしようか迷っている方がいれば是非一度挑戦して欲しいなと思います。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I005)
週末はガーデニングという名目の雑草取りに追われ、その疲れをパースのきれいな海とおいしいワインで癒しながら、この素晴らしい環境で生活できることを感謝。たまに野生のカンガルーに会いに郊外へ出かけたり、釣りをしながらアシカを見たり、野生のイルカと出会えるスポットがあるのも楽しみ。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら