【体験談】日本と世界の架け橋へ - グリフィス大学 国際関係学 -

高橋保乃華さん | ゴールドコースト | Griffith University | International Relations | 3年3か月
現在グリフィス大学で勉強をする保乃華さん。留学当初は観光業界に興味がありGriffith College(進学準備カレッジ)ではホテルマネジメントを専攻しましたが、学生生活を送る中で昔高校で学んだ国際関係の授業が忘れられず、思い切ってBachelorの編入時に専攻を国際関係学部に変更されました!今回はグリフィスの大学での様子についてやゴールドコーストの生活、また学部変更の理由などをお伺いしました!

オーストラリアの大学で学ぼうと思った理由は?

高校二年生の時、オーストラリアに交換留学生として一年留学しており、のんびりした街の雰囲気やおおらかな国民性がとても好きでした。そして留学が終わった時、またオーストラリアで勉強をしたいと強く思ったのがきっかけです。同時に英語力をもっと伸ばしたいとも思いました。英語を勉強するよりも、英語を使って違う分野を勉強してみたいと思っていたので、オーストラリアの大学に行くことはとても私にとってプラスになるなと思い、オーストラリアの大学にアプライすることを決めました。

グリフィス大学を選んだ理由は?

私はクイーンズランドの中でも一番ゴールドコーストが好きで、このような青い海と青い空の近くで勉強したいなと思っていました。そしてたまたまゴールドコーストにある大学がグリフィスでした。他にもブリスベンの大学も視野に入れましたが、それぞれのパンフレットを見た時に、そこから伝わってくるそれぞれの大学の特徴で、一番私に合っているなと思ったのがグリフィスでした。

日本の高校とオーストラリアの大学の違い

私は日本の高校でも英語科だったので、英語でエッセイを書いたり、プレゼンをしたり、自分の意見をディスカッションしたりする時間は多くありました。しかしCollegeのホテルマネジメント&大学の授業では、同じエッセイやプレゼン・ディスカッションでも、専門分野(ホテル、ビジネス、政治や法律など)についてより深く詳しく、実践的に学んでいます。

あと、オーストラリアのCollege/大学は授業数も1学期3~4教科と高校に比べてはるかに少ないです。1週間にレクチャー2時間、チュートリアル2時間の計4時間しかなく、1つの教科書を一学期かけて学んでいくので、一つ一つの授業の大切さと重みを知りました。(その分、カバーする内容はとても深いので課題などは大変です・・・)

学部を観光から国際関係学に変更した理由

これもまた高校時代の話になるのですが、授業でWorld topicという世界の情勢を英語で勉強しようというものがありました。テロリズムや、イスラム情勢、国連やユニセフのことを習った時にとても面白くて、もっと学びたいなと思いを持ったまま、大学は観光学部を選んでいました。
現地でホテルマネージメントを学んでいる時に、グリフィスでは国際関係学にも編入ができることを知り、思い切って変えてみようと思いました。※

ホテルマネージメントもとても楽しく学び甲斐のある学部です。それと同時に、オーストラリアから見た国際情勢は日本から見たものとどう違うのだろうと考えるようになり、国際関係学を残りの大学生活で学びたいと強く思いました。

※全ての単位が変換できない可能性もありますので、ご注意ください。


国際関係学部で学んでいること

今はそれぞれの国の政治制度についてや、国連・NGOや国際法の仕組み、世界のグローバル化の影響や、核兵器について、さらにはイスラムについてなど幅広い分野を習っています。
特に興味深い授業は、国際関係論のクラスです。オーストラリアは核兵器を持つべきか持つべきではないかというディベートで沢山の面白い意見が上がってきました。人それぞれ本当に違う意見を持っていてとても興味深かったことを覚えています。

1週間の生活のスケジュール

私は月・火・水・金曜日と週4日授業があります。授業自体は1日3時間と決して長くありませんが、毎週違うディスカッションのトピックがあるため、事前にそのトピックについて調べたりなど、授業の予習と復習は欠かせません。他にもエッセイとテストが沢山あるので、授業がない木曜日や土日も学校の図書館や近くのカフェで、一日中勉強をしています。エッセイの提出前やテスト前は夜の遅くまで勉強をしていることも多々あります。しかし勉強だけしてるのではなく、気分転換に綺麗なゴールドコーストの海でゆっくりしたり、ショッピングをしたりします。

ゴールドコーストでの大学生活

課題が多く、とても忙しい日々です。しかしそれと同時に分からないところなどを助けてくれる友人が沢山できました。オーストラリア人だけではなく、ヨーロッパだったりと色々なバックグランドを持った学生がいて、その学生たちとお互いの国について話し合えたりすることがとても好きです。

又、大学に入ってテニスクラブに入部しました。週二回あり、勉強後の疲れを発散するとこができます。そこにはたくさんの日本に興味があるオーストラリアの学生が多く、テニスが終わった後日本について話していたら、気がついたらあっという間にこんな時間!ということもよくあります。忙しいスケジュールの中でも、テニスクラブに入ったことは良かったなと思っています。

今後の目標

一つ一つの授業、そして一人一人のオーストラリアで出来た友達を大切に残り少ない学生生活を充実させていけたらいいなと思っています。
また大学卒業後の目標としては、大使館や州政府など国と国を繋ぐ仕事に強く興味を持っています。将来は日本とオーストラリア、もしくは日本と世界を繋ぐお仕事に関わることができればと思っています!

これからオーストラリア進学を考えている方にメッセージ

辛いこともありましたが、それと同時に楽しいことや嬉しいこともいっぱい体験することができました。そしてオーストラリアの大学では世界中の友達と知り合うことができ、かけがえのない大学生活を彼らと過ごすことができます。もしオーストラリアの大学に興味があるのなら、勇気を持ってオーストラリアの大学に進学してほしいなと思います。オーストラリアの大学だけでしか出来ないことが沢山あるので、1人でも多くの人にその経験をしてほしいと思います!

スタッフからのコメント

日本の高校に在籍されている頃から、ゴールドコーストより保乃華さんのご留学手続きをさせていただきましたね。今も引き続き現地でサポートさせていただいておりますが、入国時から「勉強」に対してとても真面目に向き合っているなという印象を持っています。

観光学から国際関係にコースを変更する時も「自分のやりたいこと」に対して強い意志を持っていらっしゃることに、とても感心をしました。体験談をお伺いしている間も、大学で出会った世界中のお友達について楽しそうに語ってくださり、大変だけどとっても充実した大学生活を送っていらっしゃるのが伝わってきました。

将来は日本とオーストラリア、もしくは日本と世界を繋ぐことをお仕事にできれば良いですね!これからも応援しています。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I094)
16歳の時、初めて北海道を出てたどり着いたのがアメリカの田舎町。そこで1年間の留学生活を送ったことから人生が変わり、この素晴らしい海外生活をより多くの方に知ってもらいたい!と思い、日本で留学カウンセラーの経験を経てオーストラリアへ来ました。日々変わっていく最新の学校・現地情報から、最適な留学プランをご提案します。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら