【体験談】「最上級のサービス」を極めるホスピタリティーコース

村田 莉菜さんさん | メルボルン | William Angliss Institute | | 4年
パースで英語を勉強した後にメルボルンの専門学校ウィリアム・アングリスのホスピタリティーコース(Diploma of Hospitality)を開始された村田 莉菜さん。
今後大学の学士(Bachelor of Resort and Hotel Management)まで進学する予定ですが、今のお気持ち&近況を伺いました。

オーストラリアへ留学をしようとした理由

オーストラリアは私の両親が出会った場所であり、幼児期に2年ほど住んでいた事もあるので私にとってはオーストラリアは常に身近な国でした。両親からオーストラリアに住んでいた頃の写真やビデオを見せてもらったり、環境やオーストラリア人の人の良さなどを聞いてきた為、もし私が留学する事になったらオーストラリアが良いなと考えていました。

その後、高校生の頃シドニーへ2週間短期留学プログラムに参加しましたが、英語も全然話せない中でオーストラリアの方に道案内をしてもらったり、バスで出会った老夫婦の方と毎朝お話をしたり、オーストラリア人のフレンドリー&優しさも身をもって感じました。その経験から高校を卒業したらこの国にまた戻って英語を勉強したいと具体的に考える様になりました。


パースからメルボルンへ移動した理由

留学地としてパースを選んだ理由は、オーストラリア留学センターの「東京セミナー」に参加した際に興味を持ったからです。 私が目標としていたケンブリッジ英語検定試験の合格、IELTS英語検定で高得点を目指すにあたり、落ち着いて勉強が出来る最適な都市だと思ったからです。またパースに友人がいたので両親を安心させられるかなと思い決めました。

日本にいる時はオーストラリアの専門学校/大学へ進学など余り考えておらず、漠然と英語の習得を目標にしていました。ただパースで一緒に過ごしたホストマザーから彼女の素敵な旅行の思い出を聞いていた時に、「私も誰かに思い出に残る一瞬を提供してあげたい!」それが仕事だったらなんて素敵だろうと強く考える様になりました。

その後はパースの語学学校の先生、ホストマザー、そしてオーストラリア留学センターパース支店の早川さんへ相談した所ホスピタリティーの有名校ウィリアム・アングリスを教えてもらいました。自分で調べている際もメルボルンは観光地として有名でホテルの数も多い為、ホスピタリティーの勉強をするには移動するべきだと決心しました。

ホスピタリティーコース(ホテルストリーム)を開始してから大変だった事

学校は私が想像していたより大変です。
英語もそうですが、一番は課題の量の多さです。全ての科目/単位につき少なくとも3つの課題が出されます。課題によっては自身で本やインターネットなどからリサーチも必要になりますが、課題の提出期限が非常に短いので自分でスケジュールを管理しなければ期限に間に合いません。1日1日がハードですが充実しています。


ホスピタリティーコースの内容

一学期目では コーヒー・バリスタ、法律関係、食べ物アレルギー、食へのスタイル(ベジタリアンやビーガンなど)、ホテルで仕事をする上でのチームワークをどう形成するか、リーダーシップ、病気や怪我などのハザード対処、料理基礎、カスタマーサービスの提供、バーなどでのお酒の提供、カクテル/モクテル(アルコールゼロのカクテル)の作り方、学校が運営をしているレストランで接客の実践、ホテルフロントスタッフの仕事内容、宿泊予約の受け方、コンシェルジュの仕事内容など毎日3教科は勉強していました。私のホテルストリームコースではホテル内での全ての部署に目を向け勉強しています。
2学期は、ウェスティンホテルで週に3日インターンシップが組まれてレストラン / バーテンダー / 清掃などの業務を経験する予定です。

1日の生活リズムを教えてください。


5:45am: 起床
6:50am: 登校
7:30-7:45am: 学校着
8:00-11:00am: 1限目-法律Law Class
11:00-12:00pm: 昼食
12:00-2:30pm: 2限目-フードアドバイス
2:30-3:30pm: 休憩
3:30-4:30pm:3軒目-マネージメントLead and management
4:30-5:00pm: 休憩
5:00-6:30m: 4限目-顧客強化Enhance customer
6:45pm: 帰宅
7:30-7:45pm: 夕食
8:30-9:00pm: シャワー
9:00pm-1:00am: 課題&復習
1;00am:就寝

オーストラリアでの思い出

パースに住んでいた頃は夏に毎日のようにビーチへ行き友人と色々な話で盛り上がり、ハロウィン、クリスマスなどの全てのイベントにコスチュームを着て参加したり、ホームパーティーを週末開いたり、BBQをしたりなど毎日が充実していました。


私の親友のサラとは10日間海が綺麗なエスペランスへキャンプに行ったことは一生忘れられないほど楽しく面白い旅行でした。インターネットが使えない環境だったので毎晩お互いの国、家族のことなど深い話をしたり、ツアーに参加した人々と友達になりゲームをしたりしました。


メルボルンではいろんなカフェ、レストラン、バーに友達と出かけています。カフェでも毎回違う料理を試してみたり、ラテアートの技術の高さに驚かされています。

"カラーラン フェスティバル”ではボランティアとして参加し友達の輪を広げたり、フィリップ島へ行ったり... 学校生活は忙しいですが楽しい思い出も増え続けています!

大学の学士(Bachelor)まで勉強した後の将来の夢

私は人とコミュニケーションを取りながら「最上級のサービス」を提供したいと考えているのでホテルフロントスタッフが私の一番の希望です。フロントスタッフで経験を積み上げてからはフロントスタッフのマネージャーとなってホテルをまとめて行きたいと夢見ています。

また英語や日本語以外の言語も習得して、それぞれの言語を使い分けて様々な国の客様へしっかりとしたサービスを提供出来たらと思っています。


留学してみて思うことは?

私の日本の友人の殆どが日本の大学へ進学していき、私は留学を選びパースへ着いた際は自分の将来が不安で不安でしょうがなかったのですが、今はこの選択肢で合っていたと心から思います。

様々な国から来た人々と出会い、自分の意見をシェアし視野を広げることができます。留学は他の言語を学ぶだけでなく、オーストラリア、多国籍ならではの理解、ライフスタイルなどバックグラウンドが全く違う様々な人に会うことができます。

最後に留学をしてから毎日両親への感謝の気持ちでいっぱいです。両親から影響を受けて海外に興味を持ち、この留学に何より大賛成してくれたことに心から嬉しく思います。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号N1067)
様々な人種が住んでいるというメルボルン、文化や食などリアルにお伝えしていきます。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら