【体験談】文化の違いから学んだ!積極性が鍵となるカレッジ生活

小倉瑠佳さん | ゴールドコースト | Griffith University | Business and Management | 8か月
日本の高校を卒業後、日本を離れてオーストラリアの大学進学を決意した瑠佳さん。大学付属の語学学校を終え、グリフィスカレッジのDiploma of Hotel Managementにて専門の勉強をスタート!留学のきっかけや、語学学校とカレッジの違いについてお話を伺いました。

オーストラリアに進学をしようと思った理由は?

小さい頃から親と一緒に海外に行く機会が多く、その中でもオーストラリアが大好きでした。転機となったのは高校2年時の短期留学。ゴールドコーストの語学学校で勉強をしたことで、「海外の大学に進学をする」という考えを持つようになりました。また私は大学で観光学を学びたいと思っていましたが、日本の大学では専攻できることが少ないということもあり、オーストラリアの大学で観光学を学ぶ!という結論に達しました。

日本の友達と離れるのは寂しくなかった?

日本にいる友達同士が集まっているのを見ると、少し悲しい気持ちになることもあります。ただ、親にサポートをしてもらって、自分がやりたいことを此処でやっていることの方が意味があると思うので、大丈夫です!

語学学校とカレッジ、一番の違いは?

語学学校の時は、全員が発言の機会を持てる様に先生が一人ひとりに話かけてくれたので、自然と英語を使う環境でした。
ただカレッジの場合は先生のレクチャーが基本なので、話す機会が少なくなります。授業中に自分から積極的に発言しない限り英語を話すことがないので、そこを意識しています。


カレッジ生活で一番大変なことは?

グループワークがとにかく一番大変です。特に他の国の人とのグループワークは、文化が違う分とまどうことも。期限が迫っていてものんびりしている姿を見て焦ってしまいます。
日本の学校だと自分の頑張りだけで良かったけれど、オーストラリアではグループで協力し合っていい点を目指すので、その感覚にまだ戸惑いがあります。


ゴールドコーストでの学生生活について

日本の生活に比べてゴールドコーストでの生活は、とにかく自由を感じます!自然もあるし、人が多すぎて嫌になることもない。単純に気分が明るくなります。課題に追われる毎日なので、自分が明るい気分でいられる環境に居られるのは大切です。

最近嬉しかった出来事があったそうですね

はい、カレッジに入って一番最初の学期で、先生が選ぶEnd of semester awardに選ばれました!頑張りを先生に認めてもらえたのはとっても嬉しいですし、この様な表彰制度があるとモチベーションも高く保つことができます。

現在に日本で海外進学を目指す学生さんにアドバイス!

どんな形でもいいので、「英語を聞く・使う」ことを意識してみてください。
日本の学校では、文法について考えることばかりで使うことがないので、いざ海外に来ると考えすぎて言葉がでなくなってしまいます。
なので、高校のALTと会話をしたり、映画を見たり、海外のYoutuberの動画を見たりして、日本にいながらもなるべく生の英語に触れることをお勧めします!

スタッフからのコメント

瑠佳さんは可愛らしい女の子ですが、芯がとっても強い負けず嫌いさんです。常にクラスでもトップを目指し続けるストイックな姿を見て、いつも感心させられます。
カレッジで学んだあとには、いよいよ大学(Bachelor)のコースが待っていますが、きっと瑠佳さんなら充実した大学生活を送っていただけることでしょう!
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I094)
16歳の時、初めて北海道を出てたどり着いたのがアメリカの田舎町。そこで1年間の留学生活を送ったことから人生が変わり、この素晴らしい海外生活をより多くの方に知ってもらいたい!と思い、日本で留学カウンセラーの経験を経てオーストラリアへ来ました。日々変わっていく最新の学校・現地情報から、最適な留学プランをご提案します。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら