【体験談】祝クイーンズランド大学卒業!この春から晴れて社会人生活をスタート!

宮腰佑希さん | ブリスベン | The University of Queensland | Tourism and Hospitality
2017年12月に無事にクイーンズランド大学を卒業された宮腰佑希さん。専攻はBachlor of International Hotel and Tourism Management。日本の高校をご卒業後、ファンデーションコース(IES)を経てクイーンズランド大学へ進学。

2018年4月より、東京にある5つ星ホテルにて社会人生活をスタートさせていらっしゃいます!

留学生活を振り返り、高校卒業後受講されたファンデーションコースとブリスベンでの大学生活についてお話を伺いました。

オーストラリアの大学に進学をしようと思ったきっかけ

元々、父の仕事の関係でアメリカに中学時代3年間住んでいたこともあり、英語には昔から関心がありました。

高校の副担任の先生がメルボルン大学出身だったことにも影響を受け、英語圏で時差があまりないオーストラリアの大学に進学しようと思いました。

大学進学前に通学したファンデーションコース

中学時代にアメリカの現地校に在籍していたこともあり、英語力に関して渡航前は不安はありませんでした。

渡航前に受講したIELTSは、Listeningが7.0、Readingが8.0、Writingが6.0、Speakingが7.0のOverall 7.0を取得することが出来たので、クイーンズランド大学進学前に、International Education Service(IES)のファンデーションコースを受講しました。

日本にある私立高校を卒業後にはクイーンズランド大学へ直接入学することが出来なかったので、ファンデーションコース受講が必須でした。

IELTS7.0を取得することが出来たので、コース期間の短いMay Expressコースに入学をしました。クラスメイトは、シンガポール、中国、台湾、香港、エクアドル、タイ、インド、パキスタンからの留学生と日本人は私だけでした。

通常のコースよりも短期間で修了するコースだったので、周りのクラスメイトは英語が母国語だったり、ネイティブ並みのレベルで、とてもびっくりして不安になったのを今でも覚えています。

でも、Expressのコースは20人弱とアットホームな少人数で、分からない所は教え合い、今でも交流のある友達や、一緒に部屋を借りて住んだ友達も作ることができました。

受講した科目は、必修の進学英語(進学後に必要なエッセイなどの書き方を学びます)と数学、経済、ビジネスマネージメント、行動科学でした。

この中でも特に経済の授業はたくさんの専門用語を覚えて理解しなければいけなかったので、難しかったです。でも、ここで習ったことが大学の授業でも出てきてので、通学して良かったと感じています。

3年間の大学授業

1年生の時は主にビジネスマネージメントの基礎を学びました。会計、法律、経済など、観光業とはあまり関係なさそうな授業も必修でとりましたが、とても興味深くて楽しかったです。2年生になると専攻のホスピタリティー関係の授業が増えました。 

佑希さん2年次前期の時間割
(レクチャー:大教室での教授による講義、チュートリアル:レクチャーを基にしたグループワーク)

水曜日
9〜11時:(レクチャー)Sustainable Tourism
12〜13時:(チュートリアル)Sustainable Tourism
13〜14時:(チュートリアル)Hospitality small Business)

木曜日
15〜17時:(レクチャー)Psychology
17〜18時:(チュートリアル)Psychology

金曜日
10〜12時:(レクチャー)Hospitality small Business
12〜14時:(レクチャー)Hotel operations
14〜15時:(チュートリアル)Hotel operatios

ホテル経営で実際のホテルのマネージャーが来てくれて話をしてくれるクラスや、ホスピタリティと環境の両立について考えるクラスなど授業の内容や課題のレベルが1年生と比べて高くなりました。

3年間の中で印象に残っている授業は、以下の2つです。

* TOUR3008 Service Management in Tourism
マネジメントの基礎を観光やホスピタリティーの観点から見て、専門的に学べた授業でした。今まで学んできたことの集大成で、深く観光業を学ぶことができました。

授業では、サービスマネジメントで必要な資質やお客様の満足度の変化や対応について学びました。チュートリアルでは、自分自身が経験したサービスの良かった点、悪かった点を発表し、授業で習った理論を使い、改善点をグループに説明することもありました。

サービスを提供する側からの視点と受ける側の視点、どちらも比べることができる内容の授業だったのがよかったです。

* HOSP3004 Hotel Industry Management
ホテルの経営を国の文化や経済の観点から分析する授業です。チュートリアルでは、グループを組んで一つの地域を分析し、もっとたくさんのホテルを投資できるか、将来性はあるかをプレゼンするという課題がありました。

実際の場所、実際のデータを使うので、とても勉強になりました。

大学で大変だった、やりがいを感じたこと

大学生活で大変だったことは、アサイメントを書くときの言葉のチョイスです。私はよく大学から課題が返ってくる時に、文章が子供っぽいと注意されていました。大学の課題は専門的な文章を求められるのが、英語を勉強中の私にとっては非常に難しかったです。

また、チュートリアルのグループで討論などをするとき、会話のスピードが速く自分の意見が言えないまま、話が流れてしまう時もあるので大変でした。

また、同じ専攻でも全て同じ授業を取っている子はなかなかいません。私は奇跡的に1人いましたが、その子一人です。授業の情報共有などが出来てとても貴重な存在です。

授業を受け、チュートリアルのグループで話し合う子たちは「クラスメイト」なので、「友達」になるまではなかなか時間が掛かるなと感じることもあり、本当に自立をして自分で頑張らないといけない場面がありました。

だけど、課題で成績がよかったり、自分の意見が言えて、それに相手も意見を付け足していい話し合いができたときは、嬉しいしやりがいを感じることができた瞬間でした。

そのため、家や図書館など、場所を変えながら勉強するモチベーションにも繋がりました。

ブリスベンの好きなところ、ここはイマイチと思うところを教えて下さい

ブリスベンの好きな所は意外と交通機関がしっかりしている所です。海外だから時間通りにこないだろうと勝手に思っていましたが、電車、バス、そしてフェリーもあるし、ほとんどの場合時間にぴったりなので、けっこう便利です。

また雨が日本のように1日中降るということがないのも、ブリスベンの好きな所です。雨が降るとしても、一時的な夕立のようなので、1日中どんより天気とはなかなかないのが好きです。

反対に、お店が早く閉まったり、日曜日にお店が開いてなかったりするのはカルチャーショックで少し残念でした。

日本での就職活動

就職活動を実際に始めたのは、最終学年(3年生)が始まる少し前でした。

その時期に、自分が強く希望していた何社かに、直接説明会や、面接に行くことが難しいことメールで伝え、メールで履歴書を送れるか、スカイプ面接を行ってくれるかを連絡、確認しました。

準備としては、履歴書の作成、企業研究などを行いました。毎年9月にシドニーで開催されるキャリアフォーラムには参加せず、夏に開催された東京キャリアフォーラムに、日本に一時帰国して参加しました。

希望していた企業の中には、説明会に出席しないと選考に参加できないことや、6月には選考が終わっているところもあり、なかなか履歴書も出すことができないこともありました。

その点は、6月終わりまで大学の授業があり、簡単に日本に帰れない身からすると、不利に感じることもありました。

そのため、東京キャリアフォーラムで、説明会と選考が同時に受けられる場所があるというのは、とても便利でした。

4月からは晴れて社会人!

東京にある、5つ星ホテルの宿泊部で勤務を開始します。研修後に配属が発表されるため分かりませんが、フロントやルームサービス等を担当する予定です。

オーストラリア大学進学をお勧めする理由

自分が学びたいことがはっきりしているなら、オーストラリアの大学はぴったりだと思います。

私は、専攻が観光・ホスピタリティーでしたが、1年次に会計、ビジネスマネジメント、経済、経営の基礎を学んだあと、2年次よりより専門的な勉強をすることができました。

また、オーストラリアの大学には、目標が高い、勉強熱心な学生が集まっている気がしました。その学生と交流することで、自分自身も刺激をうけ、科目をパスするだけではなく、いい成績を取ろう!!と努力できる環境もオーストラリアの大学だからだと感じます。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号J249)
ブリスベン支店の常盤恵(ときわめぐみ)です。大きすぎず小さすぎず、住むのにちょうど良いサイズの街、ブリスベン。プライベートではトライアスロンをやっており、毎日9時に寝て朝は4時に起きています。こんなライフスタイルを送れるのもオーストラリアならでは!ブリスベンで留学生活を送ってみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら