【体験談】クイーンズランド大学進学を目指して〜語学学校編〜

中本武元さん | ブリスベン | The University of Queensland, Institute of Continuing & TESOL Education(ICTE) | General English Course | 10か月

高校3年生の夏休みにブリスベンに短期留学、クイーンズランド大学のオープンデイにも参加をした中本武元くん。

日本の大学に進学をするかオーストラリアの大学に進学をするか迷いながらも、ご両親の声援を受け、高校卒業後クイーンズランド大学進学を目指すことを決意。

クイーンズランド大学付属語学学校での勉強も終了し、今年2月からはファンデーションコースに進みます。

武元くんのクイーンズランド大学付属語学学校での体験談です。

オーストラリアの大学に進学をしようと思ったきっかけ

高校の修学旅行先が海外であったり、一般的な進学よりも違うことをしたかったという思いがありました。
高校3年生の夏にブリスベンに短期留学をし、その時にUQのオープンデイ(日本のオープンキャンパスのようなもの)に参加しました。

そこで、社会科学部のガイダンスを聴き、興味深いと感じたので、オーストラリアの大学に進学をしようと決めました。

両親の助けがなければ、オーストラリアの大学進学を目指すことは実現しなかったと思います。

ICTE-UQで受けた授業について

授業では先生と生徒の距離が近く、積極性が求められました。

一般英語コースでは日常よく使う言い回しや単語を習うクラス、オプションクラスではファンデーションコースへ進学をするために IELTSスコアが必要だったので、IELTS対策クラスを受けました。

EAPコースでは大学進学を目指す人がほとんどで、エッセイの書き方など大学進学に必要なことを学びながら、意識の高い中で集中して勉強できました。

授業以外で頑張っていること

ICTE-UQのアクティビティーである、インドアサッカーに参加していました。

そこでは語学学校の生徒のみならず、UQの学生も参加していて、レクチャーなど大学に関する話を聞くことが出来ました。

英語を伸ばすために努力していること

耳を英語に慣らすために、ラジオのニュース番組を時間があれば聞くようにしています。
知らない単語が流れた時は、書き取り、辞書で調べて理解しています。

ICTE-UQで印象に残っている思い出

頻繁に連絡をしあう友達ができたことです。ICTE-UQに通学し、英語を通じて、このような関係を築けたことは嬉しかったです。

スタッフからのコメント

2月からはいよいよファンデーションコースへ進学です。大学進学に向け、1年間しっかりと勉強してくださいね!応援しています!
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号J249)
ブリスベン支店の常盤恵(ときわめぐみ)です。大きすぎず小さすぎず、住むのにちょうど良いサイズの街、ブリスベン。プライベートではトライアスロンをやっており、毎日9時に寝て朝は4時に起きています。こんなライフスタイルを送れるのもオーストラリアならでは!ブリスベンで留学生活を送ってみませんか? このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら