グローバルなおもてなし術を身につける、ホスピタリティコースのご紹介

パースの州立専門学校・TAFEのホスピタリティコースをご紹介します!

ホスピタリティとは、ホテル、レストランだけにとどまらず、お客様をおもてなしするという接客に関してのプロになる為のコースです。近年、日本でも様々な国からのお客様が増えており、接客サービスにも多様性というものが求められるようになりました。そういった異国の文化、バックグラウンド、宗教、人種に対して差別なく、理解をした上での国際感覚のおもてなしを身につけられる事は、オーストラリアでホスピタリティを学ぶ大きなメリットではないでしょうか。

ホスピタリティはこんなお仕事&キャリアを積みたい方にお勧め
飲食業界、ホテル業界、航空業界、コンシェルジュ、受付、カフェ・レストラン経営など

TAFEとは?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースは250以上ものコースを開講しています。

また大学進学希望の場合、TAFEでは費用を抑えながら実践的な技術が身につけられる事から、先にTAFEで実務を学び、その後大学へ進学するというパターンが増えています。

■TAFEから大学へのパスウェイはこちらをご覧ください。
■パースのTAFEから大学編入仕組みとメリットはこちらをご覧ください。
■TAFEから編入できる!エディスコーワン大学のホスピタリティ&ツーリズムコースはこちらをご覧ください。

各キャンパスのご紹介


西オーストラリア州のTAFEだけでも、キャンパスはたくさんあり、ホスピタリティのコースは下記のキャンパスで開講しています。

キャンパス場所特徴
ベントレー
(South Metropolitan TAFE)
Bentleyカーティン大学に隣接、シティにアクセスが便利
ジュンダラップ
(North Metropolitan TAFE)
Joondalupエディスコーワン大学に隣接、日本人留学生の割合が少なめ
パースシティ
(North Metropolitan TAFE)
Perthパースシティ内、ノースブリッジ
バンバリー
(South Regional TAFE)
Bunbury海外留学生は少数、クラスも少人数
マーガレットリバー
(South Regional TAFE)
Margaret River言わずとも知れたワイナリーの密集地

主に学ぶ内容

【主要科目の参考例】
− 顧客サービスの向上
− 職場環境の安全
− 人材、職場における多様性
− 予算(財務管理)
− 業務のモニタリング
− 作業効率
− スキルのコーチング

【選択科目の参考例】
− オーストラリアワイン、輸入ワインの知識の習得
− 酒類販売に関する知識
− 飲食物の提供(バー業務、食べ物に合う飲み物のアドバイス、コーヒーマシーンの使い方など。科目により衛生管理や酒類の販売知識科目の受講が求められます)
− 食品の安全管理
− 人事管理(ロースター管理ほか)など
− 衛生管理
− オペレーションとICT管理(データベース、文書やスプレッドシート作成など)
− 顧客サービス(案内業務、拾得物の扱いなど)

※コースの学位により上記の履修科目が異なる場合があります。

授業料


コースCertificate IV in Hospitality
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,420ドル(約135万7,000円)
教材費が別途1,000ドル(約8万8,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年卒業

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を修了している事

コースAdvanced Diploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万8,000円)
教材費が別途550ドル(約4万8,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Diploma を修了している事
※Advanced Diplomaは、ベントレーとジュンダラップキャンパスのみで開講しています。
【入学方法について】
ご自身の英語力がわからない方は、無料で英語力判定テストをご受験いただくことができます。
英語力判定テストをご希望の方は、こちらからお申込みください。

またTAFEの英語コース、もしくは提携語学学校を経由してのご入学も可能です。詳しくはこちらまでお問い合わせください。
パースTAFEのコースにご興味のある方は、ぜひお気軽にこちらからお問い合わせください!

<ご注意点>
※ご参考の日本円は、1ドル=88円換算としています。
※上記費用や情報は、2018年7月20日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもあります。

TAFEマードックキャンパス新校舎がオープン!

西オーストラリア州の州立専門学校(TAFE)のMurdoch Campus(マードック・キャンパス)が、改装工事を終え、新校舎としてオープンしました!

TAFEとは?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースは250以上ものコースを開講しています。

また最近では、学費を抑えて勉強できることから、大学へのパスウェイとしてもTAFEに進学される方が増えています。

■TAFEから大学へのパスウェイはこちらをご覧ください。
■パースのTAFEから大学編入仕組みとメリットはこちらをご覧ください。

TAFEのマードックキャンパス

今回私が見学をさせて頂いたのは、South Metropolitan TAFEのマードックキャンパスです。マードックキャンパスはパースシティから南に電車で20分程行ったところにあり、すぐ側にはマードック大学、Fiona Stanley Hospitalなどがあります。マードックキャンパスの教室のバルコニーからは素晴らしい景色が見え、また新しく新設された図書館はビーンクッションなどがあり、開放的でリラックスできる空間です。

マードックキャンパスでお勧めのコース

Diploma of Remedial Massage

コースDiploma of Remedial Massage
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用12,240ドル(約104万円)
教材費が別途890ドル(約7万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校2年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

Diploma of Beauty Therapy

コースDiploma of Beauty Therapy
期間1年(2セメスター)
入学2月のみ
費用12,240ドル(約104万円)
教材費が別途1,800ドル(約15万3,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい
※キャンパス内には一般のお客様をお迎えするStudent Clinicがあり、そこでの実習がコースには含まれます。

●リメディアルマッサージコースの体験談はこちらをご覧ください。

入学条件は?

TAFEで専門コースを学ぶ為には、最低IELTS5.5以上の英語力が必要です。コースによってはもっと高い英語力が必要になることもあります。もし現段階での英語力が足りない場合は、英語コースから始める事もできますのでご相談ください。

ご自身の英語力がわからない方は、無料で英語力判定テストをご受験いただくことができます。
英語力判定テストをご希望の方は、こちらからお申込みください。
パースTAFEのコースにご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としています。
※上記費用や情報は、2018年8月29日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもあります。

農業学(Agriculture/アグリカルチャー)

学ぶ内容

農学のコースは、OJT(on-the-job training)を含め、実習が充実しています。オーストラリアの農業は、畜産、酪農、牧羊が中心のため、コースも関連したものが多いのが特徴です。牧畜や農場経営を学ぶには、最高の環境が整っています。

卒業生の主な就職先

牧場/デリ・ファーム/農協等

コース例

学校名 メルボルン・ポリテクニック
コース名 DIPLOMA OF AGRICULTURE
期間 1.5年
費用 20,004ドル
開講キャンパス エッピング・キャンパス&Yan Yean Fram(トレーニングのみ)
課目
  • 天候モニター
  •      
  • 農業・農園プランニング
  • 農業技術
  • 地理情報システム(GIS)
  •      
  • 牧場管理
  • 均等性のとれた作物と牧草生産
  • 寄生虫駆除法
  • 予算・財務レポート管理
  • 家畜の健康と飼育管理
  • 家畜の繁殖管理
  • 持続性を高める土壌管理
  • 作物や牧草地の栄養管理とデザイン 等
  •  

高卒資格者の南オーストラリア大学への編入方法、Diplomaコース経由

オーストラリアの教育システムでは、高校の最終学年までに、日本の大学1年生にあたる一般教養課程を修了し、大学1年次から専門分野の科目を履修することができるため大学を3年間で卒業します(学部によって4年間のコースもあります)。
日本の高校卒業後、大学進学をするには

① ファンデーションコース  1年終了後、大学1年生として入学
② ディプロマ(Diploma)コース 8ヶ月から1年終了後、大学2年生に編入
 

上記どちらかを経由して進学する事になりますが、②のディプロマコースからの進学の場合にはトータルの留学期間を短く抑えることが出来るのが大きなメリットです。
今回は、アデレードにある南オーストラリア大学への進学ステップをご案内します。

まずは南オーストラリア大学の魅力

南オーストラリア大学は、33000名以上の生徒を誇り400以上のプログラムを展開しているアデレードで最大規模の大学です。留学生は6000名以上と比較的留学生比率も高く、学生サポートが充実しています。
研究ばかりに注力している学校ではなく、より実践力を見つけることに力を入れており、インターンの機会を豊富に提供してくれるので、より就職のための即戦力を身につけやすいということで名高い大学です。


南オーストラリア大学への進学ステップ!

南オーストラリア大学では、提携の専門学校South Austrlian Institute of Business and Technology(SAIBT)で開講されるディプロマコースで規定の成績を修めることで大学へ編入が出来るステップが整っています。
ディプロマとは、学士号の一歩手前である準学士号と呼ばれており、日本の専門学校の位置づけです。

ディプロマコースの期間は8ヶ月~1年。
入学条件を満たすことができれば、日本の高校卒業後ストレートに入学することができます。

●日本の高校卒業 ⇒ SAIBTディプロマコース(8ヶ月間 or 1年間)⇒ 南オーストラリア大学2年次編入(2年間)⇒ 大学卒業

上記のように大学の2年次に編入することができるため、ディプロマ+大学2年間の合計2年8ヶ月〜3年間で大学を卒業することが可能になります。

ディプロマコースへ入学するにも、IELTSと呼ばれる英語試験でIELTS5.5〜6.0の入学英語力条件に達していることが必要になりますが、もし英語力が足りず1年ほど付属英語コースに通った場合でも留学トータル期間が4年程度となるので、高校を卒業してから、日本の4年制大学卒業とほぼ同じタイミングで大学学士号を取得することが出来ます。

【例】進学スケジュール

1年目 (2017年3月~12月)大学付属語学学校(英語コース)
2年目 (2018年2月~2019年2月)南オーストラリア大学付属カレッジSAIBTディプロマコース(3セメスター)
3年目 (2019年2月~12月)大学2年生(学士号コース)
4年目 (2020年2月~12月)大学3年生(学士号コース)



SAIBTで開講されているコース


開講コース・Diploma of Arts
・Diploma of Business
・Diploma of Engineering
・Diploma of Health Science
・Diploma of Information Technology
コース入学日2月、6月、10月
コース費用 ・Diploma of Arts  $24400 (1ドル80円計算で約192万円)
・Diploma of Business  $26800 (1ドル80円計算で約214万円)
・Diploma of Engineering $31000 (1ドル80円計算で約248万円)
・Diploma of Health Science $26400 (1ドル80円計算で約211万円)
・Diploma of Information Technology $28400 (1ドル80円計算で約227万円)
コース期間 2セメスター 8ヶ月 もしくは3セメスター 12ヶ月
入学英語力条件Diploma of Engineeringは IELTS6.0(各セクション5.5以上)、もしくは付属英語学校にてAE4レベル以上
それ以外のコースは IELTS5.5(各セクション5.0以上)、もしくは付属英語学校にてAE3レベル以上
入学条件高等学校GPA2.5相当またはそれ以上の成績で卒業

※2セメスター8ヶ月コースになるか、もしくは3セメスター12ヶ月コースになるかは、SAIBTの入学タイミングにより変わります。

SAIBT入学タイミングは2月、6月、10月。大学編入タイミングは2月。7月です。
例えば2月からSAIBTに入学し、3セメスターのディプロマコースなら翌2月に大学編入を目指します。
例えば、6月にSAIBTに入学し、2セメスターのコースなら翌2月の編入、3セメスターなら翌7月の編入を目指します。

2セメスターも3セメスターも履修内容は同じですが、授業の進行速度やホリデー有無で期間が変わります。



SAIBTから2年時編入可能な南オーストラリア大学学士コース

SAIBTコース南オーストラリア大学コース
Diploma of ArtsBachelor of Arts(English and Creative Writing)
Bachelor of Arts(History and Cultural Studies)
Bachelor of Arts(International Relations)
Bachelor of Arts(Languages)
Bachelor of Arts(Linguistics)
Bachelor of Arts(Performing Arts)
Bachelor of Arts(Sociology)
Bachelor of Communication and Media
Bachelor of Journalism and Professional Writing
Bachelor of Media Arts
Bachelor of Psychological Science
Diploma of BusinessBachelor of Business(Design and Innovation)
Bachelor of Business(Economics, Finance and Trade)
Bachelor of Business(Health Service Management)
Bachelor of Business(Human Resource Management)
Bachelor of Business(Innovation and Entrepreneurship)
Bachelor of Business(Sports and Recreation Management)
Bachelor of Business(Tourism and Event Management)
Bachelor of Business(Finance)
Bachelor of Business(Information, Strategy and Management)
Bachelor of Business(International Business)
Bachelor of Business(Legal Studies)
Bachelor of Business(Logistics and Supply Chain Management)
Bachelor of Business(Management)
Bachelor of Business(Marketing)
Bachelor of Business(Property)
Bachelor of Business
Bachelor of Commerce(Accounting)
Bachelor of Commerce(Accounting)/Bachelor of Business(Finance)
Diploma of EngineeringBachelor of Engineering (Honours)(Civil)
Bachelor of Engineering (Honours)(Civil and Structural)
Bachelor of Engineering (Honours)(Civil and Project Management)
Bachelor of Engineering (Honours)(Electrical and Electronic)
Bachelor of Engineering (Honours)(Electrical and Mechatronic)
Bachelor of Engineering (Honours)(Mechanical)
Bachelor of Engineering (Honours)(Mechanical and Advanced Manufacturing)
Bachelor of Engineering (Honours)(Mechanical and Mechatronic)
Bachelor of Engineering (Honours)(Mechatronic)
Diploma of Health ScienceBachelor of Human Movement
Bachelor of health Science
Diploma of Information TechnologyBachelor of Information Technology
Bachelor of Information Technology (Games and Entertainment Design)
Bachelor of Information Technology (Mobile Application Development)
Bachelor of Information Technology (Networking and Cybersecurity)
Bachelor of Information Technology (Software Development)
Bachelor of Software Engineering(Honours)
※大学2年次編入には、SAIBTにて規定の成績を修めることが必須です。

オーストラリアへ進学する魅力

オーストラリアに来て「自分の仕事にプロ意識と誇りを持って働く人が多い」と驚いたことを覚えています。オーストラリアの大学は一般的に日本式の「なんでもできるジェネラリスト」というよりも、専門分野を絞り深く掘り下げていき、「この分野だけは誰にも負けないスペシャリスト」を排出するような教育を提供していることがその一因になっているように感じています。

例えば日本の大学の「経済学部」の中にいくつの学科がありますでしょうか。経済学部で学びどれだけの人が本当にその道のスペシャリストだと胸を張れるでしょうか。南オーストラリア大学ではビジネス過程だけでも20もの専攻を提供しています。それだけ専門分野に特化しているということが見て取れます。

入学するよりも、進級したり卒業するのが難しいと言われるオーストラリアの大学。学生たちは本当に必死になって勉強しています。せっかくの大学生期間、思いっきり必死になって勉強する環境で夢を持った仲間と勉強に明け暮れる日々を送ってみたくありませんか?

この記事がみなさんの留学の一歩を踏み出す助けになると嬉しいです。

【高校卒業者向け】マッコーリー大学の入学条件が変わります!

日本の高校を卒業してマッコーリー大学に進学をお考えの方へ重要なお知らせです。
今までマッコーリー大学では日本の大学を卒業して直ぐに大学の学士(Undergraduate)コースに入学をすることは出来ませんでしたが、来年度の入学より高校卒業資格をお持ちの方は直接入学をすることができるようになりました!

MQ_INT_HOR_RGB_POS CRICOS Provider No 00002J

最終学歴における入学条件の変更点

旧:日本の大学で1年生を修了、もしくは大学附属校でFoundation又はDiploma修了

新:日本の高校を卒業し、成績のGPAが3.3以上
MQ ATAR
*ATARとはオーストラリアの偏差値のようなもので、オーストラリアの高校からの入学基準はこのスコアとなります。
*入学条件が90以上を必要とするコースの場合は、別途確認が必要です。


FJG-MQ-5668

その他の入学方法

高校から直接入学も可能となりましたが、旧来の方法でも入学が可能です。

■Foundationコースからの入学
下記の場合はFoundationコースからの入学となります。

・高校2年生修了後から大学準備を始めたい方
・入学に必要な科目が足りない方
・はっきりとした学部が決まっていない方(アーツ、ビジネス、エンジニア・サイエンスの分野から専攻を選びます)

Foundationコースでは、授業で使う専門英語、ディスカッションや研究・分析の方法、レポートの書き方など、大学で勉強するために必要な英語力や学習スキルを習得し、修了後は大学1年次に入学します。最終学歴と英語力によって下記の2つのコースから選択が可能です。
*どのコースに入学ができるかは、査定によって最終的な判断がされます。

Standard Foundation Course入学条件・費用・期間

入学条件17才以上、高校2年生修了、IELTS5.5(各スキル5.0以上)
費用23,000ドル(1ドル90円として、およそ207万円)
期間24週間
入学時期2月、7月、10月

Intensive Foundation Course入学条件・費用・期間
入学条件17才以上、高校卒業、IELTS6.0(各スキル5.5以上)
費用16,000ドル(1ドル90円として、およそ144万円)
期間12週間
入学時期2月、10月

■Diplomaコースからの入学
既に入学したい学部が決まっているけれど、英語力が若干足りない方、初めての留学で大学の授業について行けるか心配な方は、大学よりも少人数で学ぶことができるDiplomaコースからの入学がお勧めです。Diplomaコースは24週間で修了後は大学2年次に入学します。
*コースに入学ができるかは、査定によって最終的な判断がされます。

Diploma Course入学条件・費用・期間
入学条件17才以上、高校卒業、IELTS6.0(各スキル5.5以上)
費用27,000ドル(1ドル90円として、およそ243万円)
期間24週間
コース種類会計、商学、ビジネス、エンジニア、IT、メディア、アーツ、サイエンス
入学時期2月、7月、10月


Untitled

成績や英語力だけでなく、どんなバックグラウンドが有るかによっても、大学を卒業するルートは異なります。どのコースから入ってよいかわからない、直接入学をしてついていけるかわからないなどご質問がございましたら、こちらまでお気軽にお問合せ下さいませ。

必見!サザンクロス大学にカレッジができました!

Southern Cross University(サザンクロス大学)とは?



ニューサウスウェールズ州にキャンパスを持つ大学です。ニューサウスウェールズ州で有名な都市といえば、ずばりシドニーですが、サザンクロス大学はシドニーとはあまり近くありません。では、どの辺りにあるの?ということで、下記の地図をご覧ください。


大きな地図で見る

メインキャンパスはニューサウスウェールズ州最北端の町、Lismore(リズモア)にあります。州は違いますが、クイーンズランド州のブリスベンから車で約2時間ほどの場所。メインキャンパスであるリズモアキャンパスの他に、ゴールドコーストキャンパス、コフスハーバーキャンパスがあり、専攻するコースによってキャンパスが異なります。また、各キャンパスに付属の英語学校があるので、まずは英語から!という方にもぴったりの大学です。

サザンクロス大学を選ぶ3つの理由


①SCU Study Abroad Package(サザンクロス大学スタディ・アブロード・パッケージ)がスタート!

SCU Study Abroad Packageプログラムは、約半年~1年間の大学聴講、またはディプロマコース受講ができるプログラム。ご希望の方は、Diploma course(ディプロマコース)から大学2年次編入も可能なんです!

※Diploma course(ディプロマコース)とは?
Diploma(ディプロマ)とは準学士号コースのことで、コース期間は約1年。定期的な学力確認試験や、提出するレポート評価などの積み重ねで単位を取得していくことが必要とされます。

本日は、SCU Collegeができたということで、カレッジで受講することできるディプロマコースへの留学プランをいくつかご紹介しますね!

例1)

例2)

例3)
※尚、ご渡航前にIELTS5.5とお持ちの方は付属の英語学校で10週間英語コースにご通学すると、ディプロマコースではなく大学聴講への進学が可能です。



上記3例以外にも、英語コースの後に大学聴講をしたりと留学プランはたくさんあります。目的、ご予算、留学期間等と合わせてご相談下さい!


②サザンクロス大学で取得した単位が、日本の大学の単位に加算可能!

サザンクロス大学で取得した単位が、そのまま日本の大学へ加算できるので、オーストラリアの大学で授業を受けることができる+帰国後も安心です。
※単位を加算させるには、在籍している日本の大学で自分が専攻しているコースに近いコースを受講する必要があり、必ずしも全ての単位が加算できるとは限りません。


③学費が安価!

サザンクロス大学、カレッジ、附属英語学校と、他大学と比べると学費が安価なのも大きな魅力!

大学に進学する上で、他都市、他大学に進学するよりも、かなりの費用削減が期待できますので、「とにかく費用を抑えてオーストラリアの大学に進学したい!」とお考えの方にはお勧めです。
学費だけでなく、家賃等の生活費も都市部と比べるとかなり低いので、生活費も節約できます。

進学プログラムがしっかりしていて、勉強に集中できる環境が整っていて、尚且つ、学費や生活費が安価な大学。『もうちょっと詳しくこの大学のことが知りたいな』という方は、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしています!


お電話でのお問い合わせ:03 4530 4131(東京支店)
ご相談フォームでのお問い合わせ

マッサージを学び、お仕事につなげよう!

マッサージを学んでみませんか? 
メルボルンにあります、エンデバー・カレッジオブ・ナチュラル・ヘルス(Endeavour College of Narural Health) という専門学校では、14週間でCertificate Ⅳの資格が取得できるマッサージの専門コースを設けています。このコースでは、生理学や人体の生体構造や組織を理論として学びます。基本的なマッサージテクニックを学ぶのはもちろん、自信をもってリラックスマッサージができようなカリキュラムが組まれています。このコースはローカルの学生や留学生共に非常に人気のあるコースになり、コース受講者にヨーロッパからの留学生が多いのも1つの特徴です。

この学校ではメルボルン市内の便利な場所にクリニックを併設しており、ここでの実習も授業内容に含まれます。一般に開放されているクリニックなので、お客様は全てローカルの方になります。マッサージを学びながら、実務経験を積むことができるコースなので、職歴として履歴書に書くことができる点も魅力となります。


学校・コース紹介


学校名:エンデバー・カレッジ・オブ・ナチュラル・ヘルス(Endeavour of Natural Health) メルボルン校
コース:Certificate Ⅳ in Massage Therapy Practice    
期間 :14週間

■入学時期
1月・5月・9月
(詳しい開講日についてはお問い合わせ下さい!)

入学の為の条件
■高校卒業同等もしくはそれ以上
■入学時の英語レベル(英語力中上級から上級)
  ●アカデミックでIELTS6.0
  (全ての技能で5.5を下回らない事)
  ●TOEFL
  ペーパーベースで550以上


卒業後のお仕事について


オーストラリアではマッサージは非常に普及していて、シティ内だけでなくショッピングセンター等いたる所でマッサージサロンの看板を目にします。しっかりとマッサージの理論や方法を学んだ後、その資格と経験を生かしてマッサージのお仕事に就くといった事が可能になるコースです!14週間のコースなので、ワーキングホリデービザをお持ちの方でも履修できる点は大きな魅力です。ワーキング(ホリデービザをお持ちの方ですと、同一雇用主の元で最大6ヶ月まで働く事ができますから、十分オーストラリアでお仕事を得て働くチャンスはございます!


英語力に自信がない場合


もし英語力に自信がない場合でも、このコースを目指すチャンスはあります。エンデバーではメルボルンの複数の学校とパスウェイ提携を結んでいます。パスウェイ提携とは、提携している語学学校で一定期間の英語学習をする事で、エンデバーへテストの結果なしに進学できるという提携です。どの位の期間の通学が必要になるかは、おもちの英語力によって異なりますが、弊社では提携校のレベルチェックテストを無料でアレンジする事ができますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
尚、エンデバーの提携校としてメルボルンのおすすめの語学学校は、インパクト・イングリッシュ・カレッジディスカバー・イングリッシュを挙げる事ができます。


パスウェイ提携を活かして、エンデバーの進学を目指す場合には、例として

1、はじめは英語力の向上とオーストラリアでの資格取得を目指して、学生ビザで語学学校+エンデバーにご通学
2、その後ワーキングホリデービザを取り直し、英語力と資格を生かしてオーストラリアでお仕事をする!
(学生ビザからワーキングホリデービザの切り替えは、オーストラリア国内でする事はできませんので、一度オーストラリア国外に出てビザを申請する必要がございます。)

といったプログラムを組んでのご渡航をする流れを、ご提案する事ができます!


コース卒業後のさらなる進路について


このコースを修了され、さらにマッサージについてしっかり学びたいという場合には、エンデバーが設けているDiploma of Remedial Massage(36週間)のコースに進むことができます。このコースではリラックスマッサージだけでなく、患者の怪我の痛みを癒したり、背中や関節の痛みをやわらげたりして、日常生活を送れるようになるような専門的なマッサージを学ぶコースになります。Certificate Ⅳ とDiplomaを合わせて学習することで、マッサージについてより深く学ぶことも可能です。

ケータリング(Catering)

学ぶ内容

このコースは、サービス産業の中でも、特にケータリング・スーパーバイザーとして働きたい人にピッタリのコース。接客業務、財政管理、食材準備と、総合的に学ぶことができます。コース終了後、ホスピタリティ・マネージメントのディプロマ・コースを受講し、さらに経営全般に関しての知識を身に付けることもできます。

主な就職先

ケータリング・サービス

コース例

学校名 ノース・コースト・インスティチュート・オブ・TAFE
コース名 Certificate Ⅳ in Hospitality (Catering Operation)
期間 1年
費用 10,000ドル
課目
  • 食材選び/準備
  • 調理場の衛生管理
  • 調理器具の基本的な使い方
  • 調理
  • 給仕
  • 接客
  • 食品の包装
  • 食料の輸送/保管
  • 配膳計画/管理
  • 資金管理
  • 栄養管理
  • 食品の安全性確保
  • 職場の健康、衛生、安全管理
  • 人材教育

調理師(Cookery/クッカリー)

学ぶ内容


このコースでは、高い技術をもった調理師の育成を目指しています。基礎をしっかりと身に付け、調理師として働いていきたい、という人のためのコース。ディプロマ・コースでは、経営に関する内容も含まれますので、将来、自分のお店を開くことを考えている人は、こちらのコースがオススメ。ウィリアム・アングリス・インスティチュートには、アジア料理を専門に学ぶコースもあります。

主な就職先


レストラン/カフェ/ホテル/給食施設

コース例

学校名 ウィリアム・アングリス・インスティチュート・オブ・TAFE
コース名 Diploma of Hospitality Management (Commercial Cookery stream)
期間 2年
費用 26,600ドル
課目
  • サービス産業に関する基礎知識
  • 食品の安全管理
  • 調理場の衛生管理
  • 調理器具の使用法
  • 各食材の調理法
    (肉/魚/チーズ/チョコレート/卵/野菜など)
  • スープ/サラダ/メイン/デザートの調理
  • ペーストリー
  • ケーキ
  • メニュー・プラン
  • 表計算基礎
  • カスタマー・サービス
  • 資金管理
  • 職場の環境管理

会議・イベント運営(Meeting & Event Management/ミーティング・イベントマネージメント)

学ぶ内容

このコースでは、会議、イベント、展示会などの企画、運営に関する実践的な知識とスキルを学んでいきます。卒業後の就職先としては、観光業はもちろん、一般企業の広報・宣伝部門などで活躍することが可能でしょう。幅広い分野で役立つスキルを身に付けることができます。

 

主な就職先

ホテル/旅行代理店/企業の広報・宣伝部門/自治体機関

コース例

学校名 ゴードン・インスティチュート・オブ・TAFE
コース名 Diploma of Tourism (Meetings & Events Management)
期間 2年
費用 17,000ドル
課目
  • コミュニケーション・スキル
  • ワード・プロセッシング
  • 統率力
  • 財政管理
  • 法律関係
  • プロジェクト管理
  • マーケティング
  • カンファレンス起案
  • イベント・プランニング
  • カスタマー・サービス
  • 展示会の企画/運営
  • リスク・マネージメント
  • 安全管理
  • 人材管理

お得に会計士を目指す!

オーストラリアの大学に3年通学するとなると、英語力を始め、学費も安くはありませんね。大学の本科コースを開始するまえに、大学の入学レベルの英語力まで達成するには、結構時間もかかりますし、とても遠い道のりに感じます。
そこで、現在2011年7月11日開始の会計コースでスペシャルを出している、キングス・インターナショナルのお知らせです。ビジネスや、老人介護、チャイルドケア、ナーシングなどをはじめ、専門コースに焦点をおいているキングス・インターナショナルは、落ち着いたロケーションに位置しています。ゴールドコースト国際空港(クーランガッタ)からバスで約30分。巨大ショッピングセンター、ロビーナの最寄りの駅からバスで15分。最寄りのバス停(ルート769番、Ambassador Drive)から徒歩5分です。
そんな集中できる環境にあるキングスでは、直接大学の本科コースへ無理して入学するよりも、IELTS5.5相当レベルへ到達すると、下記のコースからのパスウェイが可能です。
コース名:ディプロマ・オブ・アカウンティング
コース期間:1年間
コース開始日:2011年7月11日(まだ、間に合います!)
コース費:8,000ドル!(通常10,100ドル)
入学レベル:IELTS5.5相当レベル

上記のコースを順調に終了されると、セントラル・クイーンズランド大学(CQU)の2年目に編入することが可能ですので、大学の1年目の学費をかなりカットできます。また、突然の本科コースで余裕なく授業を受けるよりも、ディプロマコースからマイペースで、みっちりと実力をつけながら、吸収していく方が、効率が良いと言えます。
まずは、本コースに関するご質問は、お気軽にオーストラリア留学センターまで、お問い合わせください!