TAFE/専門カレッジの入学条件、入学時期、出願書類

TAFE/専門カレッジの入学条件

TAFE/専門カレッジの入学基準には、英語力と学業成績の2つがあります。
英語力英語力はIELTSと呼ばれる検定試験で判断され、アカデミックで5.5ポイント以上が必要です(目安としてTOEFLibt50以上)。
専門性が高い通訳・翻訳の分野や、医学関連などのTAFE本科コースではIELTS6.0〜7.0が必要になる場合もあります。
学業成績高校を50〜60%以上の成績で卒業していることが一つの基準とお考えください(例:高校の成績5段階評価中2.5〜3.0以上)。
アート&デザイン関連のTAFE本科コースでは作品の提出が必要となる場合も多く、専門性が高いコースについては、それまでに関連するコースを修了していることや、実務経験が問われることもあります。

TAFE/専門カレッジの入学時期

TAFE本科コースの入学時期は、基本的に2月と7月です(稀に年に4回ほど入学時期のあるコースもあります)。
コースによっては稀に2月入学のみの場合もありますので、IELTS受験、成績証明書の入手、申込み締切日など、十分に注意して留学プランをたてましょう。

特に新卒者技術独立永住権取得につながるコースなどは早期に入学枠が埋まる傾向にありますので特に注意が必要です。
※専門カレッジの場合は年に複数回の入学時期が設けられており、TAFEと比較してフレキシブルに入学できます。

TAFE/専門カレッジの出願書類

TAFE/専門カレッジへの出願をご希望の場合は、下記4点の出願必要書類をご準備のうえ、当社(担当カウンセラー)へご提出ください。

●最終学歴の卒業証明書(英文)
●最終学歴の成績証明書(英文)
●英語力の証明書(IELTS,TOEFLなど)
●パスポートのコピー

上記の他、GraphicコースやDesignコースでは、作品(Portfolio)の提出を求められる場合もあります。ご希望コースに必要な出願条件/出願書類/出願作品については、お気軽にお問い合わせください
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号H318)
13歳でのメルボルン短期留学をきっかけに「英語」と「海外」に目覚め、その後カナダ(語学留学)とアメリカ(大学留学)にも留学。卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ再渡豪し、オーストラリア留学センターでワーペリ。帰国と同時にオーストラリア留学センター日本窓口が開設され現職へ。留学生を現地オーストラリアで「迎え入れる立場」と日本から「送り出す立場」、両側での勤務経験を通して、双方の視点からアドバイスすることを心がけています。 このカウンセラーに質問する

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら