TAFEについて(TAFE留学)

TAFEとは?

Goldcoast Institute of TAFETAFE (Technical and Further Education)とは、オーストラリアに100校以上ある、州立の職業訓練専門学校です。留学生を対象とした様々な専門コース、英語コースを開講し、90%以上は現地のオーストラリア人。その為、TAFEで学べる内容もバラエティに富んでいます。

TAFEの魅力は、市場のニーズや需要に対応し、常にタイリムーな専門知識、スキルを身に付けることができる点です。学習環境も充実していて、最先端のテクノロジーを駆使した設備が整っています。TAFE修学後、即戦力として働ける人材育成を目的としているので、各産業界と連携した実地研修も頻繁に行われています。こういった実務経験は、就職活動の際も高く評価されますので、雇用の機会を広げるチャンスといえるでしょう。この「地元の企業とつながりを持つ教育機関」という点も、TAFEの大きな特徴です

学生だけでなく、「キャリアアップしたい」、あるいは「転職のために実践的な専門スキルを身に付けたい」という社会人にも人気があり、年々TAFE留学を考える留学生が増えています。

なお、近年では「Boxhill institute」や、「Tasmanian Polytechnic」というように、母体はTAFEながらも、「TAFE」という名前を外すTAFEが増えています。

TAFEで学べる分野

Holmesglen Institute of TAFETAFEのコース内容は、ビジネスから農業、レジャーまで非常に幅広く、特にビジネス、福祉、園芸、アート&デザインといった分野は、コース数も充実しています。ツーリズムも人気の高い分野のひとつ。

オーストラリアならではの分野としては、マリン・ツーリズム、ワインメーキング、馬産業(競馬調教、馬上経営)などがあり、各TAFEは毎年様々なコースを開講しています。
TAFEで学べる分野
ビジネス ホスピタリティ ツーリズム デザイン
レジャー 福祉 航空 情報技術
自動車 看護 海洋 通訳・翻訳
農業 動物 工学 映像
園芸 建築 保健・医療 教育
美容 環境 法律 馬産業
さらに詳しいTAFEで学べる分野についてはこちらをご覧ください。

TAFEで取得出来る資格

TAFEでは、様々な資格を取得することができます。Certificateから順に難易度が上がり、Advanced Diplomaが最も高い資格レベルとなります。厳密にはCertificateは"証明書"となり、Diploma以上が"資格"となりますから、TAFEに進学する多くの留学生は、Diploma以上の資格を目標としています。
学位 期間 概要
Certificate1 4~6ヶ月 必要な管理指導のもとで、ある業種の規定された業務内容を理解し、実行できる能力をつける
Certificate2 6~8ヶ月 かぎられた管理指導のもとで、Certificate I よりは複雑な業務内容を理解、実行できる能力をつける
Certificate3 6ヶ月以上 技術面での専門性、他者を管理できる能力、高いレベルの自己管理能力、技術面での適応力をつける
Certificate4 12~18ヶ月 ある技能の全般的な資格、専門技術を含み、他者の業務に対する責任、経営管理のプロセスについての責任が一定のレベルに達する
Diploma 18~24ヶ月 履歴書にも資格として記載が出来るレベル。Advanced Diplomaよりも専門性と責任のレベルは、やや低くなるが、各分野における基本となる知識は全て身につけている。
Advanced Diploma 24~36ヶ月 複数の職種にわたる能力・適性、高いレベルでの専門技術、管理者としての責任が求められる。知識や技能は、より複雑なものとなり、個人的な責任も、より重いものとなる
Bachelor 36~48ヶ月 一部のTAFEでは、大学の学位と同様のレベルとなるBachelor(学士号)コースを開講しています。同コースを修了すれば、大学を卒業したことと同様の資格として認められます。

TAFE本科コースの入学条件

TAFEの入学基準は、英語力学業成績です。

英語力

TAFE本科コースに進学するための英語力は、IELTSと呼ばれる検定試験で判断され、アカデミックで5.5ポイント以上が必要です。専門性が高い通訳・翻訳の分野や、医学関連などのTAFE本科コースは、講義で用いられる英語も難しいものになってくるため、IELTS6.5、7.0が必要になる場合もあります。各TAFEのキャンパスによって変わりますが、例としてブリスベンで開講するブリスベン・ノース・インスティチュート・オブ・TAFEの本科コース入学条件を見てみましょう。
英語力検定試験 TAFE本科コース入学に必要な英語力
IELTS 5.5ポイント(Academic Module)
TOEFL 530
TOEFL(CBT) 197
ISLPR 全科目3以上(Certificateの場合は2+以上)
Cambridge(FCE) Aもしくは>B以上
Cambridge(CAE) ランクにかかわらず合格していればOK

学業成績

学業成績に関しては、高校卒業以上であることが一つの基準とお考えください。高校卒業証書と最終学歴の英文成績証明書の提出が必要です。アート&デザイン関連のTAFE本科コースでは、作品の提出が必要となる場合も多く、専門性が高いTAFE本科コースについては、それまでに関連するコースを修了していることや、実務経験が問われることもあります。

英語力が満たない場合、TAFE付属の英語学校で学習することができます。ほとんどのTAFEで留学生のための英語コースが開講され、ダイレクトエントリーコースと呼ばれるコースに入学することにより、英語力の証明を必要とせず、TAFE本科コースに入学出来ます。
コース 必要な英語力 最終学歴 英文成績証明書 英文卒業証明書
Certificate1 IELTS4.5~5.5 中学卒業資格
Certificate2※1 IELTS4.5~5.5 中学卒業資格
Certificate3※2 IELTS5.5 高校1年修了資格
Certificate4 IELTS5.5 高校卒業資格
Diploma IELTS5.5~7 高校卒業資格
Advanced Diploma IELTS5.5~7 高校卒業資格
Bachelor IELTS6.0 高校卒業資格

TAFE本科コースの進学方法

一般英語コースに参加

一般英語コースで中上級レベルの英語力を身につける

ダイレクトエントリーコース (10~20週間)

一般英語、進学英語コースで中上級レベルの英語力を身につける

IELTS検定試験にて、5.5ポイント取得
TAFE本科コース
Diplomaコース

TAFE本科コース
Advanced Diplomaコース
Bachelorコース
「TAFE本科コースの入学条件」の項目では、入学条件として英語力の証明及び、最終学歴の成績が必要と記載しましたが、英語力の証明を免除してもらう方法があります。付属の英語学校や提携校からダイレクトエントリーコース経由で入学する方法です。

ダイレクトエントリーコースは、TAFE本科コースに進むための準備コースとして用意されているため、同コース終了後は、IELTSで5.5 ポイント取得しなくとも、TAFE本科コースに進めます。

もちろん、このダイレク トエントリーコースに入学するためにも、一定以上の英語力(中上級レベル)が 必要となりますが、「IELTSの試験が苦手」という方は、このダイレクトエントリーコース経由で入学する方法がオススメです。

実際、「しっかりとした英語力を身につける」という点は変わりませんから、ダイレクトエントリーコース経由の方が、入学が簡単というわけではありませんが、自身の英語力にあわせて、コースを選択してください。

TAFE入学に必要な書類

TAFEの一般英語コースに入学する場合は特に必要ありませんが、TAFE本科コースに入学する際は、語学学校と違い様々な書類が必要となります。
  • TAEF本科コースへの入学願書
  • パスポートのコピー
  • 最終学歴となる、英文卒業証明書
  • 最終学歴となる、英文成績証明書
  • 英語力の証明書(IELTS,TOEFLなど)
上記の他、GraphicコースやDesignコースでは、作品(Portfolio)の提出を求められる場合もあります。

TAFE本科コース開講日

TAFEの本科コース開講日は、基本的に、毎年2月と7月の2回です。1年以上のTAFE本科コースについては、ほとんどが2月開始です。IELTS受験、成績証明書の入手、申込み締切日など、十分に注意して留学プランをたてましょう。

特に新卒者技術独立永住権取得につながるコースなど、早い時期に入学枠が埋まる傾向にあります。この点は、注意が必要です。

TAFEから大学進学に向けて

Deakin UniversityTAFEで取得した単位、資格は、全国的に認定されます。ディプロマやアドバンス・ディプロマといった上級コースを修了していれば、大学2年に編入することが可能です。この場合、通常必要とされる期間より、短い期間で、2つの学位・資格を取得できるということになります。

将来、大学に進学することを考えている人も、TAFEの関連コースを事前に受講すれば、理解力が格段に上がることは間違いありません。

豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら