【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

通訳&翻訳のプロになる!RMIT大学のDiplomaから修士号まで徹底解説

ご自身の母国語のスキルと英語を使って行う『通訳&翻訳』。日本人にも人気のコースとなり、オーストラリアでもたくさんの大学でコースが開講されています。
今や英語が話せるだけでは通用しなくなってきているこの時代。日本では海外との取引きが重要視され海外に支店をもつ日系会社も多いので、英語が堪能に話せ、なおかつ通訳翻訳スキルを持っている人材の需要が年々高まってきています。また翻訳機に簡単にアクセスできるこの時代だからこそ専門的な知識や経験を身に着けたプロフェッショナルな人材が求められることも事実です。

通訳翻訳の技術を持つことで、スキルにもプラスになるためキャリア選択が増え、様々な機関でスキルを活かした雇用が得られる機会も広がります。グローバルレベルでの高いスキルと学位、そして経験を身につけることが大事ですので、日本よりも海外で学位を取ることで、コネクションや経験値も更に上がります。

RMIT大学の通訳&翻訳コースとは

メルボルン市内にキャンパスを持つRMIT大学(ロイヤル・メルボルン工科大学)はDiplomaやAdvanced Diplomaなどの専門コースから修士号コースまで幅広く提供しています。ご自身のバックグラウンドやどこまで学びたいかによって、コースを選ぶことが可能です。

RMIT大学はオーストラリアの大学やTAFEの中で唯一DiplomaとAdvanced Diplomaを開講していることでも注目されておりますが、1975年にこの学部を開講し、長い実績も培っております。

RMIT大学のすべてのコースは、オーストラリアの通訳者・翻訳者のための国会標準および認定機関であるNAATI(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters )に推奨されております。コースはNAATI規格に沿っており、コースの終了時に受験する事も可能です。講師もすべて経験豊富なNAATI取得者となります。
※コースによっては決められた単位を取得してないと受験出来ない場合があります。

実際に「教育」「社会福祉」「医療」「ビジネス」「法律」「移民」など、幅広い分野をカバー出来るような内容となっている為、専門コースでは卒業後はひとつの分野というよりは様々な分野に強くなれるように設計されていますが、修士課程では幅広い選択授業から選ぶことが出来ますので、よりご自身の目標に沿った興味のある教科を取ることが出来ます。最終的に修士課程に進みたいけれど、全く知識がなくて心配であれば、同大学のTAFEセクションで実践的部分を学んでから行けるのが、この大学の良さでもあります。

ほとんどの授業は他の言語学生との合同授業となるのですが、日本語向けのセッションもあり、コースや参加人数によっても変わりますが、週3-5時間ほど組み込まれています。経験豊富な教師陣のもと、コースの間みっちり技術を学ぶことが出来ます。
※参加人数によってスケジュールが変わる場合があります。また修士号の場合は、選択授業として選ぶ必要があります。

目的別に選べる学位とコース

将来設計や経験で選ぶ

《Diploma》
基礎を学ぶコース。通訳しか現在選択肢はありませんが、経験が全く無い、また学士号をお持ちでない人が最初に学ぶのに適したコースです。1年の基礎コースですのでこの後すぐに通訳者になるというよりは、ご自身のお持ちのスキルに通訳のスキルを+してキャリアアップにつなげることが目的です。

《Advanced Diploma》
通訳と翻訳共に選択肢あり。基礎以上のより高度なスキルを実践的に学ぶコース。キャリアゴールとして、フリーランスで活躍したり、病院、裁判所、企業、政府機関など活かせるスキルを提供しています。またご自身のすでにお持ちの職歴にスキルを+してキャリアアップにつなげる方にもお薦めです。

《Graduate Diploma&Master》
学士号をお持ちであれば参加できるコース。Graduate DiplomaはMasterの最初の1年だけを取り学位がもらえ、Masterは2年コースとなります。選択授業もたくさんの中から選ぶ事が出来、よりご自身の将来に沿ったスタディプランを作ることが可能です。大使館、政府機関、NGO、コンサルタント会社、 国際貿易機関などグローバルな分野での活躍が出来るスキルや経験の提供をしています。

※翻訳者・通訳者だけとして活躍していきたい方には、Masterまでの習得をお勧めします。知識量や、勉強する深さは専門コースと修士号では変わります。 ただどちらにしてもこの職業一本で最終的に活躍していくには卒業後もたくさんの実践経験が必要になる分野であることは間違いありません。

通訳か翻訳か。内容で選ぶ

《通訳を学びたい方》
査定次第ではAdvanced Diplomaから開始することは可能です。ですがAdvanced Diplomaでは通訳の基礎のダイアログ通訳の練習が少ないため、通訳の経験がない方、もしくはDiploma受講をされてない方にはDiplomaコースからの開始を強くお勧めします。修士号は経験者の方にお勧めしますが、経験がない場合は専門コースを介してからでも可能です。修士課程では通訳翻訳両方の勉強となります。

《翻訳を学びたい方》
翻訳のみ希望の場合は選択肢としてAdvanced Diplomaからの開始になるのですが、上級のバイリンガルスキルがないとコースが難しい場合があるので、時間的に余裕があり通訳にも興味がある方はDiploma of Interpretingからの開始をお勧めします。修士号は経験者の方にお勧めしますが、経験がない場合は専門コースを介してからでも可能です。修士課程では通訳翻訳両方の勉強となります。

目標とするNAATIレベルで選ぶ

またご自身が目指すNAATIレベルによってコースを選ぶことも可能です。NAATIの試験日程は事前には決定されておりませんので、受験ご希望の場合はコース受講時に講師と確認が必要です、

《Certified Provisional Interpreter》 
Diploma of Interpreting

《Certified Interpreter》
Advanced Diploma of Interpreting、Graduate Diploma in Translating and Interpreting、Master of Translating and Interpreting

《Certified Specialist Interpreter》
Graduate Diploma in Translating and Interpreting、Master of Translating and Interpreting

《Certified Translator》
Graduate Diploma in Translating and Interpreting、Master of Translating and Interpreting

《Certified Advanced Translator》
Master of Translating and Interpreting

※上記はNAATIホームページのNAATI Endorsed Qualificationsを参考に2020年1月に記載しております。予告なく変更の可能性があります。

Diploma&Advanced Diplomaコースの内容

学歴の条件としては高校卒業以上であれば問題ありません。通訳&翻訳の全くの経験がない方はDiplomaからの開始をお勧めします。

短期集中コースですので、課題、アセスメントが最初から盛りだくさんです。計画を持って学習ができる人、時間を惜しまずに練習ができる人、言語と社会に興味がある人にお薦めです。多くの実践が含まれるコースです。

       
Diploma of Interpreting (LOTE-English) ※学校の英語ページはこちらより
通訳の基礎コースです。通訳における筋書き、ロールプレイ、グループディスカッションとプロジェクト参加、デモンストレーション、シュミレーションなどを主に学びます。

ここではダイアログ(対話)形式の通訳を主に学びます。実際に「社会福祉」「作業&理学療法」「法律」等のコースの学生さんと一緒になってアクティビティーに参加し通訳のシュミレーションを行うこともあります。
コース概要
[入学]2月、7月(約1年コース)
[学費]11,000ドル(約82.5万円*1ドル75円計算)
[英語]IELTS6.0(各セクション5.5以上)、TOEFL iBT 60(R10,L9,S16,W19以上)
[条件]最終学歴が高校卒業以上+学校独自のバイリンガルテスト受験と合格が必要
授業スケジュール
週2日のキャンパススタディーと教科ごとの週3時間の個別スタディーから構成され、7つの必須教科と5つの選択教科を習得します。
       
Advanced Diploma of Translating ※学校の英語ページはこちらより
すでに上級のバイリンガルスキルがあり、翻訳に特化したい人向けのコースです。

Diploma of Interpreting (LOTE-English)を取らなくても直接入学は可能ですが、すでに翻訳もしくは通訳のバックグラウンドがある方にお勧めします。

翻訳プロジェクトの参加、レビュー、グループディスカッション、ペアもしくは個人での取り組み、PCを使った翻訳などを主に学びます。経験ある講師を通して、学生はビジネス、法律、医療そして地域社会サービスなどの分野で生じる翻訳ニーズに取り組む経験が出来ます。
コース概要
[入学]2月、7月(約1年コース)
[学費]9,500ドル(約71.2万円*1ドル75円計算)
[英語]IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT 79(R13,L12,S18,W21以上)
[条件]最終学歴が高校卒業以上で総合成績が2以上(受講科目によっても判定が変わります)+学校独自のバイリンガルテスト受験と合格が必要
授業スケジュール
週3日のキャンパススタディーと教科ごとの週3時間の個別スタディーから構成され、5つの必須教科と8つの選択教科を習得します。
       
Advanced Diploma of Interpreting (LOTE-English) ※学校の英語ページはこちらより
すでに上級のバイリンガルスキルがあり、通訳に特化したい方向けのコースとなります。

Diploma of Interpreting (LOTE-English)を取らなくても査定次第では直接入学は出来ますが、すでに通訳のバックグラウンドがある方が理想です。

通訳における筋書き、ロールプレイ、グループディスカッションとプロジェクト参加、デモンストレーション、シュミレーションなどを主に学びます。

ここではダイアログ以外にも、ウィスパリング、スピーチ通訳、サイト・トランスレーションなどを学びます。実際に「社会福祉」「作業&理学療法」「法律」等のコースの学生さんと一緒になってアクティビティーに参加し通訳のシュミレーションを行うこともあります。
コース概要
[入学]2月、7月(約1年コース)
[学費]12,750ドル(約95.6万円*1ドル75円計算)
[英語]IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT 79(R13,L12,S18,W21以上)
[条件]最終学歴が高校卒業以上で総合成績が2以上(受講科目によっても判定が変わります)+学校独自のバイリンガルテスト受験と合格が必要
授業スケジュール
週3日のキャンパススタディーと教科ごとの週3時間の個別スタディーから構成され、8つの必須教科と7つの選択教科を習得します。

Graduate Diploma&Masterコース内容

通訳翻訳の力をプロレベルで身につけたいとお考えの場合は、修士号の取得をお勧めします。根本的な通訳翻訳の基盤から実践的な内容まで盛り込まれておりますが、クラスメイトのほとんどは経験者となりますので、全く知識がない方にはあまりお勧めできません。その場合は専門コースから開始されることをお勧めします。

学歴の条件としては大学卒業以上となりますが、通訳翻訳以外の分野であっても問題ありません。
       
Graduate Diploma in Translating and Interpreting ※学校の英語ページはこちらより
キャリアを伸ばしたい上級バイリンガルスキルを持つ方向けに設計されたこのコースは、理論的アプローチ、業界の専門知識、および現場の倫理的問題などを学びます。コミュニケーションメディアを使用して、通訳と翻訳の仕事をサポートする方法を学び、理論と実践の共通部分についての洞察力を身に着けます。

独立した研究、講義、ワークショップとチュートリアル、ロールプレイ、専門的なプロジェクトなどを学び、ご自身では口頭、書面、オンラインでのさまざまなコミュニケーション方法を実演する必要があります。アサインメントやプレゼンテーション、グループディスカッション、業界ベースの評価、試験や小テストを通じて評価されます。
コース概要
[入学]2月、7月(約1年コース)
[学費]30,720ドル(約230万円*1ドル75円計算)
[英語]IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT 79(R13,L12,S18,W21以上)
[条件]最終学歴が大学卒業以上+学校独自のバイリンガルテスト受験と合格が必要
授業スケジュール
8教科から構成され、4つの必須教科と4つの選択教科を習得します。
       
Master of Translating and Interpreting ※学校の英語ページはこちらより
キャリアを伸ばしたい上級バイリンガルスキルを持つ方向けに設計されたこのコースは、ポリシー、戦略的討論、分析的思考などを必要とされるレベルで働くスキルを養います。また、福祉、医療、警察、法律、会議通訳などご自身でオプションを広げて、さらに勉強することもできます。コミュニケーションメディアを使用して、通訳と翻訳の仕事をサポートする方法を学び、理論と実践の共通部分についての洞察力を身に着けます。2年次には選択授業にてクラスターが選べ、通訳翻訳の興味のある分野をより専門的に学ぶことが可能です。

独立した研究、講義、ワークショップとチュートリアル、ロールプレイ、専門的なプロジェクトなどを学び、ご自身では口頭、書面、オンラインでのさまざまなコミュニケーション方法を実演する必要があります。アサインメントやプレゼンテーション、グループディスカッション、業界ベースの評価、試験や小テストを通じて評価されます。
コース概要
[入学]2月、7月(約2年コース)
[学費]61,440ドル(約460.8万円*1ドル75円計算)
[英語]IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFL iBT 79(R13,L12,S18,W21以上)
[条件]最終学歴が大学卒業以上+学校独自のバイリンガルテスト受験と合格が必要
授業スケジュール
15教科から構成され、8つの必須教科と7つの幅広い選択教科を習得します。

2020年後期よりMasterコースに新たな選択授業が増えます!

また2020年後期より通訳者および翻訳者のニーズと業界の期待度をカバーすることを目的とした、下記5つのグループの選択授業を提供することになりました。

Legal Interpreting Cluster(法律通訳)
Medical Interpreting Cluster(医療通訳)
Conference Interpreting Cluster(会議通訳)
Translation Cluster(翻訳)
Research Cluster (研究)


Masterの学生は、2年次にご自身の専門分野を選択授業から選び学ぶことが出来ます。(1つでも2つ以上でも可)1つの教科は約4週間となり週2時間の講義と3時間のチュートリアルで構成されております。

RMIT大学のコースに通った学生の声

「Diploma of InterpretingとAdvanced Diploma of Translatingを経由してMasterコースを修了しました。Masterのいいところは、勉強する内容の深さのレベルが専門コースとでは全く違う点です。通訳翻訳の奥深さをしっかり理解した上で実務に役に立てられる知識を沢山得ることが出来ました。

また単位の半分は選択授業ですので、通訳翻訳の単位を取ることも出来ますし、逆に全く違う分野(例えば、外国語、医療、法律など)を勉強することも出来ます。自分が将来どういった分野に進みたいかによって柔軟なプランニングが出来ます。

クラスメイトの多くがすでに翻訳通訳経験者で、今までの経験を活かし、次にステップアップするために理論や経験、アカデミックな知識を学ぶ為に受講していました。私は全くこの分野の経験がありませんでしたので、先に専門コースを受講していたことは役に立ちました。修士課程では通訳翻訳の基本理解がある前提で始まりますので、現場の想像が出来ない、基礎知識がない未経験者からの修士号開始は、十分な理解、そしてモチベーション維持においても大変かもしれません。

Masterはセオリー(論理)やディスコース・アナリシス(コミュニケーションにおいて、言葉がどのように相手に伝わるかを解析する学問)、エシックス(倫理)をしっかり理解した前提での授業となりますので、その知識がある上で開始されることをお勧めします! セオリーが中心のコースとはなりますが、自分の興味のある分野を強化でき、とても身になるコースでした。」
上記は2020年3月に完成したマスター学生が学ぶ通訳ラボです。最新テクノロジーと技能を備えた実習室です。

RMIT大学で修士号を学ぶ理由

RMIT大学は世界的にみても珍しい約40もの言語を扱っており、通訳翻訳のリーダ的役割を担っています。市場・顧客・取引先で起こっている状況や問題など正確に理解し、戦略的討論、分析的思考に基づいて的確な通訳翻訳スキルを学びます。

同コースでは実際に地域の病院に1週間通い通訳の経験を積むようなカリキュラムが含まれ、その他にも他のコースの学生と一緒に警察署、法廷など見学し、後日実際のシチュエーションでロールプレイをしてその分野での通訳の実践を積むような練習も行います。

またRMIT大学では言語を扱っている機関やエージェントなど、関連した企業とのコネクションをしっかり持つことでリサーチやインターンシップ、今後の就職の機会を学生に提供しております。修士号でのNAATI取得希望の場合、選択授業で事前に取らないといけない教科がありますので、単位取得決定時に講師と相談が必要です。

人と人をつなぎ、世界との架け橋となるお仕事。日本と世界があなたを求めています!

英語力基準が不足している方は、事前にRMIT大学附属英語学校ホーソン・メルボルンにて英語コースを受講してから希望コースへ入学することができますのでご安心ください。

費用や、英語力診断、学校詳細についてはこちらまでまでお問合せくださいね。

※当ページの詳細は2020年5月の大学の情報を元に作成しております。内容は予告なく変更になる可能性がございますので随時お問い合わせ下さい。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I138)
メルボルンは、市内に行くとおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、少し車で走ると自然が広がるオーストラリアのいいところを凝縮した街です。様々な国籍の方と一緒に学んだり、働いたりできる機会がたくさんありますので、是非一度いらっしゃってください! このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら