緊急時・災害時マネージメントを学ぶ

毎年、悲しいことに多くの国で災害が増加している傾向にあります。それらの原因として、都市への人口集中、地球規模の気候変動、などが挙げられていますが、世界各地で災害により尊い人命や資産が奪われています。
オーストラリアでも過去には、台風による家屋の損壊、豪雨による水害、そしてブッシュファイヤーと呼ばれる山火事による災害、など毎年のように被害があります。2019年11月11日現在もNSW州内陸部での山火事による被害がニュースにもなっています。
日本でも地震、台風、豪雨で河川の欠壊による水害、など毎年のように災害による被害が起こっています。また、発展途上国では、それらの災害の上、なかなか貧困から抜け出せないという悪循環に陥ることもあるでしょう。緊急時・災害時の管理はどうするのか? 国や政府機関だけではなく、医療機関、一般企業から地域コミュニティ、個人に至るまで、現代では緊急時・災害時の管理は、とても重要な分野ではないでしょうか。

本ページでは、オーストラリアのチャールズ・ダーウイン大学で学ぶ「Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント)」をご紹介します。

チャールズ・ダーウィン大学

オーストラリア北部のNorthern Territory準州に位置するチャールズ・ダーウィン大学(Charles Darwin University)は、NT準州で唯一の大学になりますが、Diploma コースから Master まで様々な分野のコースを開設しています。メインキャンパスは、首都ダーウィンに位置しています。

オーストラリア国内のどの都市よりも東南アジアに近い立地から、近隣アジア諸国の主要な業界パートナーと州政府サポートを受け、 Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント)を開講しています。


オーストラリア全土の大学の中でも修士課程(コースワーク)で Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント)を受講できる唯一の大学院と言って良いでしょう。

Emergency and Disaster Management を学ぶ

Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント)は 2年間の修士課程で学びます。

コース名Master of Emergency and Disaster Management(修士課程)
期間2年間
学費年間 31,000ドル(2020年)
入学2月、7月
英語IELTS Academic overall 6.5(各セクション 6.0)以上
学力日本で学士過程を終えていること(学部不問)
教科について
必修科目(100 Credit)
2年間で、必修 6教科と2つの必修リサーチプロジェクト(2教科相当 x 2)を履修します。
  • Emergency and Disaster Management in Context
  • Indigenous Knowledges and Epistemologies
  • Interdisciplinary Aspects of Emergency and Disaster Management
  • Cultural, Social and Psychological Aspects of Emergency and Disaster Management
  • Reflective Case Study
  • Leadership in Emergency and Disaster Management
  • Research Project X 2
選択科目(60 Credit)
選択科目は Research Methodology から 2教科を履修 + Specialiy から4教科を履修
▶︎Research Methodology
  • Research Methodologies in Global Learning
  • Epidemiology
  • Biostatistics
  • Qualitative Research Methods
▶︎Specialiy 分野
Public Health、Engineering、Management、Environment、Indigenous Knowledges の各分野から4教科を履修します。
▶︎Public Health
  • Global Health
  • Tropical Child Health
  • Building Safe Communities
  • Dynamics of Loss and Grief
▶︎Engineering
  • Water Resources Engineering
  • Communication Systems
  • Engineering in Emergencies
  • Project Management Risk and Reliability
▶︎Management
  • Business Economics
  • Decision Making
  • International Human Resource Management
  • Organisational Behaviour
  • Organisational Strategy and Leadership
  • Operations Management
▶︎Environment
  • Remote Sensing
  • Environmental Monitoring and Modelling
  • Fire Ecology and Management
  • Geographic Information Systems and Spatial Thinking
  • Statistical Methods for Impact Analysis
  • Aquatic Resource Management
  • Environmental Planning and Policy
  • Carbon Economies
  • Ecosystem Function: Field Studies in North Australia
  • Natural Resources and Indigenous Livelihoods
  • Wildlife Management
  • Community Engagement for Bio-Security and Natural Resource Management
▶︎Indigenous Knowledges
  • Neocolonialism, Advocacy and the Critique of Development
  • Indigenous Policy Agendas in Federal and State Politics
  • Indigenous Knowledges, Property Rights and Economic Participation

期待されるキャリアについて

Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント) で学ぶことは、緊急時および災害時における管理とリーダーシップの役割、災害に対する備えや予防、復旧までにおける健康、環境、社会福祉、人道への支援 など、多岐にわたる分野です。

国・自治体・NGO・人道支援団体・教育機関や各民間研究所、防災対策部署などでの雇用が見込まれ、防災・危機管理コンサルティング、や、企業の危機管理に関するイベントのコンサルティング、事後だけでなく、事前の予防や対策におけるリーダーシップ的な役割を担うことが期待されます。

Emergency and Disaster Management(緊急時・災害時マネージメント) にご興味のある方、ぜひお問合せください。
豪政府認定留学カウンセラーPIER資格保持
(QEAC登録番号I009)
オーストラリア歴は15年目になりました。QLD州、NSW州、SA州の主要都市で仕事と生活していましたので、都市の違いから皆さまの目的に沿ったベストなアドバイスを心がけています。オーストラリア留学センターサイトとオーストラリア留学センター・進学版サイトの中の人(企画・更新の管理責任者)です。 このカウンセラーに質問する

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら