【新型コロナウイルス関連情報】オーストラリアの状況について

ブリスベンのフェリー

ブリスベンを語る上で外せない、ユニークな公共交通機関…それは、フェリーです!

川の都市・ブリスベンにはブリスベン・リバーが悠々と流れています。その川をうまく利用して移動できるフェリーは、ブリスベンに住む人たちにとって必要不可欠な存在となっています。

現在ブリスベンでは4種類のフェリーが、北はハミルトンから、南はUQセントルシアまでブリスベン・リバーを元気に行き来しています。

・CityCat
・SpeedyCat(急行)
・CityHopper (無料・限定区間)
・Cross River CityFerry (川を渡る)


フェリーは電車やバスと同じ料金、交通渋滞なし、時間もほぼダイヤ通り、朝5時台から夜11時台まで運行しており、大変便利です!

時間によって変わるブリスベンの景色と、気持ち良い風を楽しみながら、クルージング気分でおでかけしましょう!心からオススメの交通手段です!

マップ・スケジュール

4種類のフェリーは、それぞれ停留所が違います。こちらのマップで路線の確認ができます。


運行スケジュールはTranslinkを使うと一発検索できます。

Translink All Ferry Timetable

フェリーの種類

シティキャット・スピーディーキャット
シティ・キャットとスピーディーキャットは、両方ハミルトンからUQセントルシアまでの区間で運行しています。スピーディーキャットの方が停留するターミナルが限定されるので、早く移動することができます。午後5時以前は15分毎、それ以降は約30分毎の運行です。


シティホッパー
嬉しい無料のフェリーサービス!シティーキャット、スピーディーキャットに比べると運行範囲は狭くなりますが、シティ、サウスバンク、カンガルーポイント、ニューファームの人気エリア内8つのターミナルを自由に行き来することができます。30-40分毎の運行です。


クロスリバーシティーフェリー
橋がない場所でも、フェリーで簡単に川を渡ることができます。3つのラインが出ていて、それぞれのスケジュールは違いますが約15−30分毎に運行しています。

・CityーKangaroo Point
・BulimbaーTeneriffe
・New FarmーNorman Park

利用方法

ブリスベンの交通ICカード、”Go card”で乗車ができます。乗る時、降りる時どちらもタッチパネルにカードをタッチしてください。

※現在、現金でなく、go cardでのみ支払いができます。


料金

ブリスベンの交通費は、移動したZone数(距離)と、時間帯(ピーク時間・オフピーク時間)で決まります。


フェリーでできること


①自転車ごと乗船できる
自転車ごとフェリーに乗れるのが本当に便利です。自転車はフェリー後部のオープンエアエリアに、他の乗客の邪魔にならないように停車してください。


②4本足のお友達と一緒に乗船
平日(8時半〜15時半、19時〜翌6時)、週末は最大2頭のワンコと一緒にフェリーに乗船できるようになりました。その際は必ずリードとマズルを着用、もしくはキャリーの中に入っていてもらってください。必ず飼い主がワンコをしっかりコントロールして、他の乗客の迷惑にならないように努めてください。

フェリーでできないこと

①飲食

②喫煙

③スピーカーで大きな音で音楽を聴く
小さな音なら良いのね…というのがまたオージーらしいゆるさですね。先日、運転手のおじちゃんが音楽を聴きながら、気持ちよさそうに歌っていました。(歌いたくなる気持ち、わかります!)

ブリスベンは、朝は爽やか、日中は晴れやか、夕方は綺麗な夕焼け、夜はロマンチックな景色が楽しめます。豊かな自然、華やかなブリスベンシティ、色んな形の橋に、川に反射する光・・

乗客たちはニコニコ笑顔で、景色を楽しみながら、旅行気分!

ブリスベンに住んで、フェリーが一番大好きな交通手段になりました。是非みなさんも素晴らしいクルージングを楽しんで下さい!

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら

サイトのご利用について

当サイト記載の情報の正確性には万全を期しておりますが、当社はそれらの情報内容に関し、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また、情報は予告なしに変更となる場合がございますので、随時ご確認ください。

お問い合わせはお気軽に! 平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

平日24時間以内にご返信いたします

お電話での留学相談はこちら