パースTAFEで学ぶ、クッカリー&パティスリーコース

パースの州立専門学校・TAFEのクッカリー&パティスリーコースをご紹介します!

コマーシャル・クッカリーとは、プロの調理師として働く為に勉強をするコース、パティスリーは製菓技術を学びパティシエとなる為に学ぶコースです。近年は日本でもヴィーガンやハラル、グルテンフリー、ローフードというような言葉をよく耳にするようになりましたが、多民族国家のオーストラリアでは、ずっと前から毎日日常的に目にする、耳にする言葉です。調理師やパティシエもインターナショナルに適応できる能力があれば、仕事でのキャリア、得られるポジションの幅が広がります。またディプロマ以上のコースを卒業すると、マネージャーやスーパーバイザーとしての管理職のポジションを目指す事もできます。

今回ご紹介をする州立専門学校のTAFEでは、キャンパス内に学生だけで運営されるトレーニングレストランを持つキャンパスもあり、 調理師やパティシエとしての実務経験をしっかり身につけたい方は、ぜひTAFEでの就学をご検討ください。

クッカリー&パティスリーはこんなお仕事をしたい方にお勧め
調理師 & 料理長(レストラン、カフェ、ホテル、病院、老人介護施設、クルーズ船など)、パティシエ、カフェ・レストラン経営、ケータリングなど

TAFEとは?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースはクッカリーやパティスリーを含め、250以上ものコースを開講しています。

各キャンパスのご紹介

西オーストラリア州のTAFEだけでもキャンパスはたくさんあり、調理&製菓コースは下記のキャンパスで開講しています。

キャンパス場所特徴
ベントレー
(South Metropolitan TAFE)
Bentleyカーティン大学に隣接、シティにアクセスが便利、
※キャンパス内にトレーニングレストランあり
ジュンダラップ
(North Metropolitan TAFE)
Joondalupエディスコーワン大学に隣接、日本人留学生の割合が少なめ、
※キャンパス内にトレーニングレストランあり
マンジュラ
(South Metropolitan TAFE)
Mundurahマードック大学、ジョン・トンキンカレッジと設備を共有する小規模キャンパス
パースシティ
(North Metropolitan TAFE)
Perthパースシティ内、ノースブリッジ、英語コースも開講
バンバリー
(South Regional TAFE)
Bunbury海外留学生は少数、クラスも少人数、
※キャンパス内にトレーニングレストランあり
マーガレットリバー
(South Regional TAFE)
Margaret River言わずとも知れたワイナリーの密集地

主に学ぶ内容

【調理師コース 科目の一例】
− 調理方法の基礎
− 調理器具の使用
− ストック(煮汁)、ソース、スープの準備
− 前菜とサラダの準備
− 野菜、果物、卵、穀粉加工品の準備
− 肉料理
− シーフード料理
− パン、デザートの準備
− 特別条件の食事(Special Dietary Requirements)
− 食品の管理衛生
− 生鮮食品の品質維持
− 職場の安全管理
− キッチンの清掃
− スキルのコーチング
− 基本的なメニューの計画と費用 など

【製菓コース 科目の一例】
− 調理方法の基礎
− 調理器具の使用
− ケーキ、ペイストリー、パンなど(イースト使用)
− プチフール(一口サイズのケーキ)ガトー、トルテ
− エスプレッソコーヒーの準備と提供
− マジパン(準備とモデル作成)
− チーズの扱いと提供
− 食品の管理衛生
− 在庫管理
− 生鮮食品の品質維持
− キッチンの清掃
− スキルのコーチング など
※コースにより上記の履修科目が異なる場合があります。

クッカリー(調理師)コース


コースCertificate III in Commercial Cookery
キャンパスベントレー、ジュンダラップ、マンジュラ、バンバリー、ジェラルトン、マーガレットリバー
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途3,476ドル(約29万5,000円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年卒業、もしくは高校卒業が望ましい

コースCertificate IV in Commercial Cookery
キャンパスベントレー、ジュンダラップ、バンバリー、マーガレットリバー
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途350ドル(約3万円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate III を終了している事

コースDiploma of Hospitality Management
キャンパスベントレー、ジュンダラップ、パースシティ、バンバリー、マーガレットリバー
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を修了している事

コースAdvanced Diploma of Hospitality Management
キャンパスベントレー、ジュンダラップ
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途550ドル(約4万7,000円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Diploma を修了している事

パティスリー(製菓)コース


コースCertificate III in Patisserie
キャンパスジュンダラップ、バンバリー、ジェラルトン
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途820ドル(約7万円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年卒業、もしくは高校卒業が望ましい

コースCertificate IV in Patisserie
キャンパスベントレー、ジュンダラップ
期間ベントレー:1.5年(3セメスター)ジュンダラップ:半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用:ベントレー23,580ドル(約200万4,000円)
教材費が別途5,250ドル(約44万6,000円)必要です。
費用:ジュンダラップ7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途525ドル(約4万5,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴ベントレー:高校を卒業している事 ジュンダラップ:Certificate III を終了している事

コースDiploma of Hospitality Management
キャンパスベントレー、ジュンダラップ、パースシティ、バンバリー、マーガレットリバー
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を修了している事

コースAdvanced Diploma of Hospitality Management
キャンパスベントレー、ジュンダラップ
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途550ドル(約4万7,000円)必要です。※キャンパスにより費用は異なります。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Diploma を修了している事

オーストラリア留学センターは現地無料エージェントです

ご自身の英語力がわからない方は、弊社で無料英語力判定テストをご受験いただくことができます。英語力判定テストをご希望の方は、こちらからお申込みください。

パースTAFEにご興味のある方は、ぜひお気軽にこちらからお問い合わせください!
<ご注意点>
※ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としています。
※上記費用や情報は、2018年10月25日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもあります。

バンバリーのTAFEキャンパスを訪問!


今回はTAFE International Western Australia の Director であるクリスティーナさんに直々に運転をして頂き、South Regional TAFEのバンバリーキャンパスまで連れて行って頂きました。バンバリーはパースシティからだと、南に約2時間のドライブになります。バンバリーにはドルフィン・ディスカバリーセンターや、ホエールウォッチングができるスポットなどがあり、大自然に囲まれています。さらにバンバリーから南へ1時間程行くと、有名なワイナリーが密集するマーガレットリバーにも立ち寄る事ができます。

このバンバリーという地域は自然が多いのはもちろんの事、滞在する留学生の数も少ないです。ですので、街にでると必ず日本人に出会うという事がほとんどなく、オーストラリアのローカルに溶け込んだ留学生活を送りたい方にはお勧めのキャンパスです。



TAFEとは?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースは250以上ものコースを開講しています。

また最近では、学費を抑えて勉強できることから、大学へのパスウェイとしてもTAFEに進学される方が増えています。

■TAFEから大学へのパスウェイはこちらをご覧ください。
■パースのTAFEから大学編入仕組みとメリットはこちらをご覧ください。

バンバリーキャンパスの設備

バンバリーキャンパスでは、留学生が参加できるコースとして、チャイルドケア、ナーシング、ホスピタリティ、クッカリーなどのコースを開講しています。TAFEバンバリーキャンパス前にはたくさんのバスが往来するバスポートがあり、キャンパスへの通学はバスでも可能です。また隣の敷地にはECU(エディスコーワン大学)のバンバリーキャンパスもあり、TAFEの学生はECU学生寮に滞在する事もできます
エントランスにある校内地図
ライブラリー(図書館)
キャンパスの中庭

バンバリーキャンパスでお勧めのコース

バンバリーキャンパスのチャイルドケアコースの施設ですが、もうすぐ拡張工事の予定で、それが完成すればさらに広く整った設備になります。また海外留学生の数も現在の所、ディプロマコースの方はイギリス人留学生お一人で、あとはローカルからの学生でした。

Certificate III in Early Childhood Education and Care

コースCertificate III in Early Childhood Education and Care
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用12,540ドル(約109万1,000円)
教材費が別途135ドル(約1万2,000円程)必要です。
英語IELTS6.0(各セクション5.5以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

Diploma of Early Childhood Education and Care

コースDiploma of Early Childhood Education and Care
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用12,540ドル(約109万1,000円)
教材費が別途180ドル(約1万6,000円程)必要です。
英語IELTS6.0(各セクション5.5以上)
学歴Certificate IIIを終了している事

クッカリーコースのキャンパス内には、一般の方も利用できるトレーニングレストランがあります。また、1日コースでブリュワリー(ビール醸造)のコースも開講しており、ホスピタリティやクッカリーの学生がビールの知識を得る為に受講されるそうです。

Certificate III in Commercial Cookery

コースCertificate III in Commercial Cookery
期間1年(2セメスター)
入学2月
費用15,420ドル(約134万2,000円)
教材費が別途1,600ドル(約14万円程)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

Certificate IV in Commercial Cookery

コースCertificate IV in Commercial Cookery
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万1,000円)
教材費が別途350ドル(約3万円程)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate III を終了している事

Diploma of Hospitality Management

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万1,000円)
教材費が別途550ドル(約4万8,000円程)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事



ご自身の英語力がわからない方は、無料で英語力判定テストをご受験いただくことができます。
英語力判定テストをご希望の方は、こちらからお申込みください。
パースTAFEのコースにご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=87円換算としています。
※上記費用や情報は、2018年5月11日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもあります。

緑に囲まれたキャンパスでホスピタリティを学ぶ!

西オーストラリア州の州立専門学校(TAFE)のJoondalup Campus(ジュンダラップ・キャンパス)で、ホスピタリティの施設を見学させて頂きました!

TAFEとは?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースは250以上ものコースを開講しています。

また最近では、学費を抑えて勉強できることから、大学へのパスウェイとしてもTAFEに進学される方が増えています。

■TAFEから大学へのパスウェイはこちらをご覧ください。
■パースのTAFEから大学編入仕組みとメリットはこちらをご覧ください。

TAFEのジュンダラップキャンパス

今回私が見学をさせて頂いたのは、North Metropolitan TAFEのジュンダラップキャンパスです。ジュンダラップはパースシティから北に電車で30分程行ったところにあり、イギリス系移民が多く住む新興住宅地として知られています。またTAFEのジュンダラップキャンパスの隣には、エディスコーワン大学のキャンパスもあり、学生がたくさん住む街でもあります。

ジュンダラップにはパースでも最大級の売り場面積を誇る、大型ショッピングセンター『Lakeside Joondalup』が駅の隣にあるので、生活をするのにも大変便利な環境です。街中の騒がしい環境ではなく、自然があり、それでいて便利で落ち着いた場所で勉強がしたい方には、TAFEのジュンダラップキャンパスは最高の環境です。

充実のホスピタリティ施設

TAFEのジュンダラップキャンパスでは、素晴らしいキッチン、トレーニングレストランが完備されています。キッチンは1人の学生に十分なスペースが与えられるように人数を8人までと制限を設け、トレーニングレストランでは常に2人のトレーナーがキッチンで学生に指示をだしながら学生を指導しています。またパン職人(Retail Baking)コースは、このジュンダラップキャンパスだけが開講をしています。

調理師コース


コースCertificate III in Commercial Cookery
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,420ドル(約135万7,000円)
教材費が別途1,100ドル(約9万7,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースCertificate IV in Commercial Cookery
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万8,000円)
教材費が別途650ドル(約5万7,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

パン職人コース

コースCertificate III in Retail Baking-Combined
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,420ドル(約135万7,000円)
教材費が別途1,100ドル(約9万7,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

ホスピタリティコース

コースCertificate IV in Hospitality
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,420ドル(約135万7,000円)
教材費が別途1,700ドル(約15万円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースDiploma of Hospitality of Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万8,000円)
教材費が別途600ドル(約5万3,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい
Certificate IV in Hospitality, Patisserie, Asian Cookery, Commercial Cookeryのいづれかを修了

コースAdvanced Diploma of Hospitality of Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,710ドル(約67万8,000円)
教材費が別途500ドル(約4万4,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい
Diploma of Hospitality Managementを修了

入学条件は?

TAFEで専門コースを学ぶ為には、最低IELTS5.5以上の英語力が必要です。コースによってはもっと高い英語力が必要になることもあります。もし現段階での英語力が足りない場合は、英語コースから始める事もできますのでご相談ください。

ご自身の英語力がわからない方は、無料で英語力判定テストをご受験いただくことができます。
英語力判定テストをご希望の方は、こちらからお申込みください。
パースTAFEのコースにご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=88円換算としています。
※上記費用や情報は、2017年9月15日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもあります。

ホスピタリティコースが充実、TAFEベントレーキャンパス

学生の街、ベントレー

パースシティからスワンリバーを越えて南へ渡った所に、TAFEのベントレーキャンパスがあります。ベントレーという地区は、シティからのアクセスも便利で、バスで約30分程で行く事ができます。またTAFEベントレーキャンパスの向かいには、カーティン大学のキャンパスがあり、このあたりは学園地区としても自然が多くとても環境の良い場所です。

TAFEってなに?

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEでは留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。キャンパスは、西オーストラリア州だけでも北のブルームから南はアルバニーまで、様々ところにキャンパスがあり、コースは250以上ものコースを開講しています。

ベントレーキャンパスの特徴

ベントレーキャンパスで学ぶ留学生の数は、なんとベントレーキャンパスの全体学生数の約40%以上にも登ります。またベントレーキャンパスは、ホスピタリティ系のコースが充実しており、クッカリー、ホスピタリティ、パティスリー、アジアンクッカリー(ベントレーキャンパスのみ)などのコースを開講している為、キャンパス内の設備も充実しています。

キャンパス内には、学生が授業で作ったパンを販売するベーカリーがあったり、クッカリー、パティスリー、ホスピタリティの生徒がトレーニングをする為のトレーニングレストランまであります。こちらのトレーニングレストランは、クオリティもさながら、リーズナブルに食事ができるレストランとして人気があり、地元のローカルのお客様で連日予約がいっぱいです。

また、こちらのレストランは『Industry Open Day』という日を設けており、地元の企業をレストランに招待して、企業が欲しい学生をそこでスカウトしていくという機会もあります。

調理師コース


コースCertificate III in Commercial Cookery
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途3,476ドル(約29万5,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースCertificate IV in Commercial Cookery
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途350ドル(約3万円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate III を終了している事

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事

ホスピタリティコース


コースCertificate IV in Hospitality
期間1年(2セメスター)
入学2月、7月
費用15,720ドル(約133万6,000円)
教材費が別途1,000ドル(約8万5,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事

製菓コース


コースCertificate IV in Patisserie
期間1.5年(3セメスター)
入学2月、7月
費用23,580ドル(約200万4,000円)
教材費が別途5,250ドル(約44万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴高校1年修了と同等、もしくは高校卒業が望ましい

コースDiploma of Hospitality Management
期間半年(1セメスター)
入学2月、7月
費用7,860ドル(約66万8,000円)
教材費が別途300ドル(約2万6,000円)必要です。
英語IELTS5.5(各セクション5.0以上)
学歴Certificate IV を終了している事

TAFE付属英語コース


【入学英語基準について】

①英語力が不足している場合
TAFE付属語学学校やTAFE提携の語学学校で英語の勉強をして、進学を目指すことができます。

②ご自身の英語力がわからない場合
IELTS等、英語力証明をお持ちでない方でも、弊社ではTAFEの英語レベルチェックテストを無料で受けて頂くことができますので、お気軽にお問い合わせください。

TAFEのコースを受講するには、最低IELTS5.5レベルの英語力が必要です。すでにIELTS5.5をお持ちの方でも、プレゼンテーションやライティング、ディベートなどに慣れておられない場合は、TAFEの進学英語コースを事前に受講される方が望ましいです。

TAFEの英語コースについての詳細は、こちらをご覧ください。

ターム 2018年開講日
ターム5(前半) 2018年10月29日(月)〜2018年11月30日(金)
ターム5(後半) 2018年12月3日(月)〜2019年1月18日(金)
ターム 2019年開講日
ターム1(前半) 2019年1月21日(月)〜2019年2月22日(金)
ターム1(後半) 2019年2月25日(月)〜2019年3月29日(金)
ターム2(前半) 2019年4月1日(月)〜2019年5月3日(金)
ターム2(後半) 2019年5月6日(月)〜2019年6月7日(金)
ターム3(前半) 2017年6月10日(月)〜2019年7月12日(金)
ターム3(後半) 2019年7月15日(月)〜2019年8月16日(金)
ターム4(前半) 2019年8月19日(月)〜2019年9月20日(金)
ターム4(後半) 2019年9月23日(月)〜2019年10月25日(金)
ターム5(前半) 2019年10月28日(月)〜2019年11月29日(金)
ターム5(後半) 2019年12月2日(月)〜2020年1月17日(金)

TAFEのホスピタリティーにご興味のある方、TAFEの英語力診断テストの受験をご希望の方、もっと詳しい情報をお聞きになりたい方は、ぜひお気軽にこちらからお問い合わせください!

※※備考※※
・上記は、2018年10月24日の情報に基づいており、今後予告なく変更となることもありますので、ご注意下さい。
・ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としております。