オーストラリアで拡張現実(AR)・仮想現実(VR)を学ぶ!

ポケモンGOやGoogle Glassesに代表される拡張現実(Augmented Reality:AR)、そしてソニーのプレイステーションVR、フェイスブックのOculus Rift等の仮想現実(Virtual Reality:VR)、2016年はVR元年ともいわれています。

AR/VR市場は今後年間180%以上の成長、2020年には16兆円規模にもなるとの予想(IDC調査)も出ており、今後AR/VRに対応できる人材は世界的に必要とされてきます。

オーストラリアでもAR/VRの研究は活発になっており、オーストラリアではメルボルンのディーキン大学でAR/VRを学ぶことができます。

今後大きな需要が見込まれているAR/VR、多文化社会オーストラリアで学び、国際的にプロジェクトを推進できる人材を目指してみませんか?

コース概要

ディーキン大学ではBachelor of Information Technologyの専攻として、Virtual Reality and Augmented Realityを選ぶことができます。

条件を満たすことができれば、AR/VR業界でのインターンシップができる科目を取ることもでき、専門知識・スキルのみならず実践経験も積むことができます。
           
進学方法
ディーキン大学の進学コースを開講する、Deakin CollegeのDiploma of Computingから、大学2年編入を目指すことができます。

Diploma of Computing:8ヵ月~1年

↓大学2年編入

Bachelor of Information Technology:2年
入学条件
入学には英語力と高校の成績条件が設定されています。

❑英語力
IELTS5.5(各セクション5.5以上)
TOEFL iBT52(ライティング19, スピーキング16, リスニング・リーディング5以上)

❑高校の成績
5段階評価で3.0以上
ご参考学費
Diploma of Computing:26,700ドル(約227万円)

Bachelor of Information Technology:年間30,200ドル(約257万円) x 2年

ディーキン大学ITコース

ディーキン大学のITコースでは、11の必須科目、7つの選択科目、そして6つの専攻科目を受講します。

Virtual and Augmented Realityで開講されている科目はこちらになります。
 
Introduction to Creative Technologies

Application and Design of Virtual and Augmented Reality Systems

Audio and Visual Production

Development for Virtual Reality

Creative Production

Augmented Reality Systems
選択科目では、ITとは異なる分野から授業を取ることもできますし、7科目のうち6科目を1つの専攻の授業を受けて、第二専攻とすることもできます。

ディーキン大学のITコースは、Virtual and Augmented Realityの他に、こちらの専攻が開講されています。
 
Application Development

Cloud Computing

Creative Technologies

Game Development

Cyber Security

ディーキン大学への進学

オーストラリア留学センターは、ディーキン大学の日本公式相談・出願窓口として、無料で皆さまの大学進学をお手伝いしております。

高校3年生の1学期の成績が出ておりましたら、ディーキン大学への出願を行うこともできます。

オーストラリアでAR/VRを学ぶことにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=85円換算としております。
※上記費用や情報は、2018年9月17日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもございます。
※授業料は科目の取り方によって変わりますので、ご参考費用としてご覧ください。

水産・養殖とビジネスを学ぶ ジェームスクック大学

海洋学や環境学で有名なジェームスクック大学(James Cook University)では、海洋学・環境学と関連した、ユニークなビジネスコースが開講されています。

ビジネスと環境との共存が言われて久しい現在、持続可能な重要性はますます増しており、ビジネスと環境のスペシャリストになることは、将来的にご自身の大きな強みとなります。

ジェームスクック大学のBachelor of Business and Environmental Scienceでは、環境とビジネスについて学ぶことができ、特に、水産関係・養殖関係のキャリアやビジネスにご興味をお持ちの方にお勧めのコースです。

ジェームスクック大学の海洋学・環境学についての詳細は、「世界屈指のユニークな地球環境保全学」「世界遺産グレートバリアリーフで学ぶ海洋学」もご覧下さい。

環境・養殖とビジネスで学べること

Bachelor of Business and Environmental Scienceでは、養殖を専攻にして学ぶ、専攻を決めずに学ぶ2つの方法があります。
1年生1年生では、会計、ビジネス、持続可能性やエコロジーといった分野の基礎科目を学びます。
ご参考科目:Accounting for Decision Making, Contemporary Business Communications, Introduction to Sustainability等
2~3年生【養殖を専攻】
養殖を専攻する場合は、養殖の基本から養殖産業、実際の養殖方法等を学びます。
ご参考科目:Aquaculture of Tropical Species, Aquaculture: Feeds and Nutrition, Marine Ecology and Environmental Assessment等

【専攻なし】
養殖を専攻せずにご自身のご興味分野から科目を選ぶことができます。
ご参考科目:Introduction to Environmental Economics, Field Studies in the Equatorial Tropics: Borneo, Fisheries Science等

コース概要

ジェームスクック大学は、日本の高校卒業の学歴で直接入学を目指すこともできるので、3月に高校を卒業されて、入学条件を満たすことが出来ていれば、最短で7月に大学入学をすることができます。
コースBachelor of Business and Environmental Science
学費年間32,000ドル(約282万円)x 3年
入学2月、7月の年2回
英語力IELTS6.0(各セクション6.0), TOEFL iBT79(各セクション19)
条件成績と受講科目次第で、日本の高校から直接入学が可能です。
英語力条件を満たせていない場合は、ジェームスクック大学の英語コースから、成績条件がクリアできていない場合は、ファウンデーションやディプロマコースから進学、大学編入を目指すことができます。

ジェームスクック大学への進学

オーストラリア留学センターは、ジェームスクック大学の日本公式の相談・出願窓口として、進学のご相談から出願、現地でのサポートを無料でお手伝いをしております。ジェームスクック大学のBachelor of Business and Environmental Scienceにご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。
ご注意点
※ご参考の日本円は、1ドル=88円換算としております。
※上記費用や情報は、2018年2月15日現在のものとなり、今後予告なく変更されることもございます。
※授業料は科目の取り方によって変わりますので、ご参考費用としてご覧ください。

犬の散歩の効用 西オーストラリア大学

ペット大国オーストラリア、以前西オーストラリア大学(University of Western Australia)の「ペットとご近所関係の研究」をご紹介しました。

今回、公衆衛生の研究者から、犬の散歩の効用についての研究が発表されたのでご案内致します。

オーストラリアとアメリカ、1000人以上のドッグオーナーに対して調査が行われ、犬の散歩をするこは健康の促進に役立つだけではなく、犬と一緒に歩くことで安全感が高まる結果となりました。

特に女性は男性よりも犬と一緒に歩くことで安全を感じ、近所を散歩することでその土地のことに詳しくなり、また住人とも顔見知りになることもできます。土地やご近所さんと顔見知りになることにより、不審者に気づきやすくなり犯罪の抑止につながるため、コミュニティへの利益も大きいといえます。

この研究をさらに進めることで、犬の散歩が健康・社会的にどのような利益をもたらすかを明らかにし、社会福祉政策に活かすことが期待されています。

参照元 the University of Western Australia on 11 Oct 2016, Walking the dog keeps owners healthy and neighbourhoods feeling safe“, accessed on 15 Nov 2016, UWA University News

西オーストラリア大学 公衆衛生コース

日本でも医療費の増大が問題となっている中、健康をマネジメント・コントロールする公衆衛生の分野が注目を浴びています。

西オーストラリア大学の公衆衛生コースでは、病気の予防を促進したり、病気予後への対応等、地域コミュニティ一人ひとりの健康管理や健康促進について学ぶことができ、将来的に、医療・健康関係の分野のキャリアをお考えの方にお勧めです。
大学のコース
コースBachelor of Science – Population Health
学費年間36,500ドル(約310万円)x 3年
条件ファウンデーションコースの成績、もしくは国際バカロレア(IB)資格
大学院のコース
コースMaster of Public Health
学費年間37,000ドル(約315万) x 2年
英語IELTS6.5(各セクション6.0以上)、TOEFLも可
条件大学で専門に関連した内容を学んでいること。

西オーストラリア大学への進学

オーストラリア留学センターでは、西オーストラリア大学の公式相談・出願窓口として、皆様の進学を無料でお手伝いしております。こちら「パースの大学・大学院進学ならオーストラリア留学センター」もご覧下さい。

西オーストラリア大学の公衆衛生学にご興味を持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

※携帯電話のメールをご利用の場合は、セキュリティ設定の関係でメールが届かないこともございますので、パソコンからのメールを受信できるように設定をお願い致します。

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりずらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します。
備考
※上記費用や入学基準等は、2016年11月15日現在の情報に基づいており、今後予告なく変更されることもございます。
※大学・大学院の学費は授業の取り方によって変わりますので、掲載費用はご参考としてご覧ください。
※ご参考の日本円は1ドル=85円換算としております。

トップ8大学への編入でグローバルキャリアを!

良質な教育と安全な環境で、年々注目度がアップしているオーストラリアの大学。

通常、日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学に進学をするには、下記3つの方法があります(国際バカロレア資格をお持ちの場合は除く)。

☆Foundation(ファウンデーション)経由で大学1年入学

☆Diploma(ディプロマ)経由で大学2年編入

☆Associate Degree(アソーシエートディグリー)経由で大学3年編入

オーストラリアの大学進学についての詳細は、「大学進学無料サポート致します!」もご参照下さい。

ディプロマコースからの大学編入プランは、大学卒業までの期間を短縮することができるので、人気があります。ただ、オーストラリアのトップ8大学、Group of 8(グループ・オブ・エイト)では、ディプロマから2年への編入コースはあまり実施されていません。

そんな中、Group of 8の1つ、西オーストラリア大学(The University of Western Australia)のビジネス系コースでは、ディプロマからの2年編入を目指すことができます。

キャニングカレッジから編入

キャニング・カレッジ(Canning College)は、西オーストラリア州立の学校で、西オーストラリア州の大学進学へつながる様々なコースが開講されています。

☆日本の高校2年~3年に相当する、Year 11(イヤー・イレブン)コース

☆大学進学のためのファウンデーションコース

☆西オーストラリア大学やカーティン大学編入のためのディプロマコース

日本の高校2年を終了し、Year 11⇒ファウンデーション⇒大学1年に入学、といったプランを立てることもできますし、日本の高校を卒業して、ファウンデーションコース⇒大学1年入学もできます。

その中で、トップ8大学の1つである、西オーストラリア大学の2年編入を目指せるコースが、Diploma of Commerce(ディプロマ・オブ・コマース)です。日本の高校を卒業し、キャニング・カレッジのDiploma of Commerce⇒西オーストラリア大学のBachelor of Commerceに2年編入、といった進学パスウェイとなります。

Diploma of Commerce入学には、IELTS6.0という英語力基準が設定されていますので、英語力が足りない方は、提携している英語学校に通って頂くことになります。例えば、語学学校に1年通われたとしても、オーストラリアの大学は、3年制のコースが多く、語学学校1年、Diploma of Commerce10ヶ月、大学本科2年と、日本と同じく、合計4年程で大学を卒業することができます。

IMG_1767

ご参考プラン

実際に、日本の高校を卒業し、語学学校に1年、キャニング・カレッジのDiploma of Commerce、そして、西オーストラリア大学2年編入する際の、ご参考プランと費用は下記のようになります。

期間学校名学費
3月~翌2月:1年西オーストラリア大学付属語学学校14,000ドル(約133万円)
2月~11月:9ヵ月キャニング・カレッジ22,250ドル(約211万円)
2月~翌12月:2年西オーストラリア大学61,740ドル(約587万円)

上記プランの場合、合計約4年、97,990ドル(約931万円)となります。

語学学校の期間は、最初の英語力によって変わりますので、日本で英語力をアップさせればさせるほど、語学学校期間を短くすることができます。上記40週の期間は、渡航時の英語力がIELTS4.0相当を想定しています。

IMG_0395

西オーストラリア大学ビジネス系コース

上記学費をご覧になって、学費が高い、とお感じになったかもしれません。

西オーストラリア大学のBachelor of Commerceは、下記分野から専門を選ぶことができます。

☆Accounting(会計)
☆Business Law(ビジネス法)
☆Economics(経済)
☆Finance(ファイナンス)
☆Human Resource Management(人材管理)
☆Management(マネジメント)
☆Marketing(マーケティング)


西オーストラリア大学のビジネス系コースの評価は高く、特に会計は、QS世界大学ランキングのサブジェクトランキングで、2011年から3年連続50位以内にランクインする評価を受けています。そして、西オーストラリア大学のビジネス系学部卒業後の就職率は、71~73%(オーストラリア平均62~68%)、卒業後の年間平均初任給は、57,000~58,943ドル(オーストラリア平均49,586~50,126ドル)となっています。

語学学校も含め、学費で約931万円かかりますが、平均初任給が約550万円以上となるので、卒業後数年で回収ができ、また、世界に通じるキャリアを目指すことができます。

今後、ますますグローバルに動いていく社会、ディプロマコースから西オーストラリア大学への編入を目指し、グローバルキャリアを手に入れてみませんか?

CIMG7338

オーストラリアの大学進学にご興味のある方は、こちらからお問い合わせ下さい。

**ご注意点**
・上記費用は2014年2月現在のものであり、今後予告なく変更されることもございます。
・ご参考の日本円は、1ドル=95円換算となっております。
・上記プランは、自動的にCanning College、西オーストラリア大学への進学を保障するわけではございません。
・西オーストラリア大学のデータは、Good Universities Guidesを参考にしております。