クイーンズランド大学進学へ~ファウンデーションコース~

ブリスベンにあるオーストラリアトップ大学の一つ、クイーンズランド大学(通称UQ)。ノーベル賞受賞者も輩出する格式高い名門大学であり、世界中から優秀な学生が集っています。

日本の普通高校を卒業したあと同学へ進学する場合、直接入学することは出来ませんので、まず付属カレッジであるInternational Education Service(通称IES)に入学してファウンデーションコース(大学準備コース)を受講し、その後、クイーンズランド大学へ進学することになります。

ファウンデーションコースって何?

「ファウンデーションコース」とは、オーストラリアの大学に入学する前の準備コースとして、英語、数学、化学など、大学入学のために必要な科目を英語で学ぶコースです。

オーストラリアの大学には一般教養科目が無く1年次から専攻科目を履修しはじめるため、「レポートやエッセイの構成」「プレゼンテーションの仕方」「アカデミック英語(単語・表現・文法)」などを教えてくれるわけではありません。現地の学生は高校で既にその勉強をしてきていますが、留学生はその土台がないため、ファウンデーションコースで勉強し大学進学に向けて準備を行います。

クイーンズランド大学のファウンデーションコース

クイーンズランド大学のファウンデーションコースを開講している学校IESはブリスベン中心に位置しています(クイーンズランド大学からはバスで20分ほど)。1998年に開講された本学には世界40カ国からの留学生が在籍しており、クイーンズランド大学への進学を目指し日々勉強に励んでいます。現在までにおよそ4,000名以上がクイーンズランド大学に入学してきました。

ファウンデーションコースで履修する5科目

IESのファウンデーションコースでは5科目を履修。アカデミック英語と数学の2科目は必修、残りの3科目は大学での専攻に応じて選択します。

必修(2科目)
-進学英語(Academic English for University Studies)
-数学(Mathematics)
選択(3科目)
-会計(Accounting)
-建築(Architecture)
-行動科学(Behavioral Science)
-生物(Biology)
-経営学(Business Management)
-化学(Chemistry)
-経済(Economicss)
-情報技術(Information Technology)
-物理(Physics)
-学術調査、リサーチ(Research)
大学での専攻に応じて<ファウンデーションコースで履修しなければならない科目><成績GPAの基準>が設定されています。一覧ページから自分がどの科目を履修しなければならないのか事前にチェックしておきましょう。

成績は7段階評価

ファウンデーションコースも含めオーストラリアの教育機関において成績GPAは1(低)~7(高)までの7段階で評価されます。

【7】85-100% (High Distinction)
【6】75-84% (Distinction)
【5】65-74% (Credit)
【4】50-64% (Pass/Competent)
【3】47-49% (Low Pass)
【2】25-46% (Fail)
【1】1-24% (Low Fail)

ファウンデーションコースからクイーンズランド大学への進学例

ファウンデーションコースの学生に人気のUQ本科コース(学部)は次のとおりです。近年は特に理系のコース(Health ScienceやPhysiotherapy)への人気が高まっています。
下記、人気コースへの進学例をご紹介します。

例1)Bachelor of Economics(経済学部)に進学希望の場合
【進学条件:Math at 5, two other subjects at 5】
必須の数学で5以上の成績と、他の科目で5以上の成績が2つあれば進学可能。
特に指定の科目はありませんが、EconomicsやBusiness Managementを選択しておくと、大学に入る前に予備知識を持つことが出来るのでお勧め。
例2)Bachelor of International Hotel & Tourism Management(ホテル観光学部)に進学希望の場合
【進学条件:Math at 4, two other subjects at 5】
必須の数学で4以上の成績と、他の科目で5以上の成績が2つあれば進学可能。ホスピタリティのコースですがUQではビジネス学部が管轄しているため、ホテルや観光の専門分野におけるビジネスについても学びます、そのため、EconomicsやBusiness Managementを選択しておくと役に立つでしょう。
例3)Bachelor of Health Scienceに進学希望の場合
【進学条件:GPA5.0(Including Science subject, Chemistry for Nutrition Major)】
数学と英語の他に生物、物理、化学いずれかの科目を受講し、GPAが5.0以上であれば進学可能。このコースでは専攻を選ぶことが出来ますが、栄養学を学びたい場合は化学が必修となります。Bachelorを経て研究の道に進みたいと考えている方は、Researchの科目を取っておく事をお勧めします。

3種類から選ぶファウンデーションコース択(2018年)

IESには下記3種類のファウンデーションコースがあり、英語力によって選ぶコースが決まります。

1.スタンダードコース(標準コース)

ファウンデーション・スタンダードコース
【期間】10ヶ月間
【日程】2月12日~11月30日/8月6日~2019年5月31日
【英語】IELTS(Academic)5.5/TOEFL ibt 70
【学費】$26,800
前田歩さんの体験談ページへ

2.Extended コース(長期コース)

ファウンデーション・Extendedコース
【期間】1年間
【日程】1月~12月/6月~2018年5月
【英語】IELTS(Academic)5.0/TOEFL ibt 56
【学費】$31,150

3.Expressコース(短期コース)

ファウンデーション・Expressコース
【期間】7ヶ月間
【日程】5月~12月/10月~2018年5月
【英語】IELTS(Academic)6.0/TOEFL ibt 78
【学費】$23,600
宮腰佑希さんの体験談ページへ
Expressコース(短期コース)はハード!
宮腰佑希さんの体験談にもある通り、ExpressコースはIELTS7.0を持っていてもついていくのが大変な難易度の高いコースなのでご注意ください。留学経験の少ない方にはスタンダードコースがオススメです。
IELTS高得点が必要なコース
IESでファウンデーションコース修了後、クイーンズランド大学の歯学、獣医学、理学療法、作業療法、看護、助産師、言語療法コースへ進学希望の場合は、IES入学の段階で通常よりも高いIELTSスコア(6.0〜7.0)が必要となりますのでご注意ください。

ファウンデーション入学要項

出願書類●高校の成績表(英文)
●IELTSまたはTOEFLスコア表(基準スコアに達していなくても出願OK)
●パスポートコピー
出願時期4~6ヶ月前までに出願
出願方法お申込みフォームを送信後、担当カウンセラーに出願書類をご提出ください
査定結果出願後、およそ2~4週間ほどで査定結果を通知します
<英語力が足りない場合は?>
IELTS/TOEFLが基準スコアに達していなくても出願は可能です。その場合、まずはクイーンズランド大学付属語学学校(ICTE-UQ)で英語の勉強をして現地でIELTSを受験し、スコアを満たせばファウンデーションコースへの入学が認められます

UQ入学を目指してファウンデーションコースで頑張る日本人留学生!

宮腰佑希さん
IELTS7.0で臨んだファウンデーションコース、そしていよいよUQ進学へ!
前田歩さん
父の背中を追いかけてUQ スポーツ科学部を目指す

UQで勝ち抜くためのファウンデーションコース

入学までが難しい日本の大学に対し、オーストラリアの大学は入学してからが勝負です。オーストラリア人も留学生もみんな平等で、授業についていくことが出来なければ、容赦なく成績が下がり、単位が落とされます。また、日本では就職時に大学の成績が関係することは少ないですが、オーストラリアでは成績優秀者ほどインターンシップや仕事紹介の機会が与えられます。

特にクイーンズランド大学はオーストラリアでも常にトップ5以内をキープし、世界的にも有名な学部をいくつも持つ名門大学です。これは単なるネームバリューだけではなく、優秀で意欲の高い学生を厳選して集めて、厳しく質の高い授業を提供しているという部分にあります。

この厳しい環境の中で留学生が良い成績をおさめて勝ち残っていくためには、土台作りが大切。現に本科コース入学前にしっかりと準備をしたIESファウンデーションコース卒業生は、クイーンズランド大学入学後に他の学生よりも優秀な成績を修め奨学金を授与されて卒業し、世界を舞台に活躍している方も多くいます。

入学するためではなく、クイーンズランド大学で勝ち残っていくために必要なのがこのファウンデーションコース。クイーンズランド大学の公式出願窓口である当社では、【語学学校入学から~ファンデーションコースを経て~クイーンズランド大学入学】まで無料でお手続きを承っております。

クイーンズランド大学への進学をお考えの方はお問い合わせフォームよりご相談お待ちしています

クイーンズランド州の大学・オープンデイ日程!

オーストラリアの大学では毎年7月〜8月にオープンデイが開催されます。
Untitled
オープンデイでは各大学に進学を考えている方が大学を訪れ、キャンパスツアーや各学部の説明、在学生からの体験談などを聞く事が出来るため、海外からもオーストラリアの大学へ進学を考えている方が多く訪れます。
ここではクイーンズランド州にある大学のオープンデイ日程を一覧にしていますので、気になる大学の日程をぜひ確認してみてください。

クイーンズランド大学

オーストラリアのトップ8大学の1つであるクイーンズランド大学。メインキャンパスであるSt.Luciaでは2015年8月2日(日)にオープンデイが開催されます。同キャンパスは東京ドームの約24倍の広さのため、来場時は歩きやすい靴&服装をお勧めします!

IMG_0782

日程2015年8月2日(日)
時間9:00am〜3:00pm
場所St.Luciaキャンパス(ブリスベン)


またクイーンズランド大学はガトンにもキャンパスを持っており、獣医学や農業学などはガトンキャンパスで行われています。こちらのオープンデイは2015年8月16日(日)に開催されます。


日程2015年8月16日(日)
時間9:30am〜3:00pm
場所ガトンキャンパス(ブリスベンの内陸)


クイーンズランド工科大学

実践的な授業が評判で就職率が高いクイーンズランド工科大学。ブリスベンの市内中心にガーデンズポイントキャンパスと、バスで10分程度のところにケルビン・グローブキャンパスを持っていますが、今回のオープンデイはガーデンズポイントで行われます。

QUT

日程2015年7月26日(日)
時間9:30am〜3:00pm
場所ガーデンズポイントキャンパス(ブリスベン市内)


グリフィス大学

コース選択の幅広さ、パスウェイの豊富さなどから留学生に人気のグリフィス大学。ブリスベン(ネイサン、Mt.グラバット、サウスバンク)とゴールドコーストにキャンパスを持つ同大学は、それぞれのキャンパスでオープンデイを行います。

griffith nathan

日程2015年7月26日(日)
場所ゴールドコーストキャンパス


日程2015年8月9日(日)
場所ネイサン&サウスバンクキャンパス(ブリスベン)

ネイサンの地図


サウスバンクの地図


ボンド大学

オーストラリアにある私立大学は2校しかありませんが、そのうちの1校がボンド大学。少人数で質の高い教育と、いち早く3学期制(トライメスター)を取り入れることで短期間で卒業が可能なことも人気です。

IMG_2026

日程2015年7月25日(土)
時間2:00pm〜6:00pm
場所ボンド大学本キャンパス


サンシャインコースト大学

ブリスベンから北に110km、サンシャインコーストエリアにある唯一の大学。オーストラリアで一番安全な都市にも選ばれた自然豊かな場所で、落ち着いてしっかり学びたいという方にはお勧めの大学です。

IMG_8211

日程2015年8月9日(日)
時間10:00am〜2:00pm
場所Sippy downs campus(サンシャインコースト本キャンパス)


クイーンズランド州での大学進学

クイーンズランド州には名門大学から就職に強く勢いのある大学、入学条件が低めの大学、費用を抑えて通学出来る地方大学と、様々なタイプの大学がありますので、オーストラリアでの進学をお考えの方にはぜひ注目をしていただきたいエリアです。

クイーンズランド州の大学に関するお問い合わせはコチラからお気軽にどうぞ!

進学するならクイーンズランド大学で!

先日はブリスベンにある「クイーンズランド大学」のオープンデイに行ってきました!

Untitled
現在ゴールドコーストに短期留学中で、オーストラリアでの大学進学を考えているShunsukeくんと一緒に。
(打ち合わせなしなのにペアルックになりました)

Untitled

今回はオープンデイで再発見したクイーンズランド大学の魅力を、写真とともにご紹介していきます!

クイーンズランド大学とは?


クイーンズランド大学(通称:UQ)は、クイーンズランド州の州都・ブリスベンに本キャンパスを構えている大学。

UQ Lakes

GROUP OF EIGHT(グループオブエイト)という、オーストラリアの大学の中でレベル・施設・研究など様々な分野で最高峰と言われる8大学の1つでもあります。
(日本で例えるのなら、東京大学・京都大学、大阪大学などと同じ扱い)

クイーンズランド州は日本から近い東海岸に位置し、暖かい気候や生活のしやすさ、生活費を抑えられることなどの要因から留学生に人気のある州ですが、その中で唯一GROUP OF EIGHTに名を連ねるのが、このクイーンズランド大学です。世界大学ランキングでも、常に上位にランクしています。


魅力1:美しいキャンパス!


ブリスベンにあるSt.Luciaキャンパス。まずキャンパスについて驚いたのが、その敷地の広さ!
総面積は114ヘクタール・・・なんと 東京ドームの約24.2個分!!(当社比)

Aerial Shot of the UQ St Lucia Campus 1
空撮図。とにかく大きい!

クイーンズランド大学の建物はSandstone(砂岩)を基調としており、モダンで高級感がありながらもどこか落ち着く雰囲気の大学です。
Untitled
また校内には美しい芝生の公園・噴水・湖もあるため、開放感のある環境で勉強に励むことが出来ます。


充実した施設!


大学の施設で大切なのは図書館。UQの図書館は、クイーンズランド内にある全ての大学図書館の中で、最大の規模を誇ります!
Untitled

UntitledUntitled
広々としたコンピュータールーム。PCは全てMACで統一されています。

UntitledUntitled
本本本。

UntitledUntitled
新聞や雑誌を読める、リラックススペースもあり。

UntitledUntitled
本の貸し出しカウンターと、自動貸し出し&検索マシーン。

UQには学部・専攻に合わせて複数の図書館がありますが、このメイン図書館はなんと24時間利用可能!もちろん、土日も利用出来ます。

また、カフェテリア・ブックストアなどの生活に必要なお店も沢山ありますし、テニスコートやバスケットボ=ルコート、陸上のトラックなどの広大な運動場もあります。

UntitledUntitled
カフェテリアその1と、大学内にある美容院

Untitled
芝生の上に、ビーチバレーコート作っちゃいました

日本の大学では、この施設の充実ぶりはなかなかないですよね?


実践的な授業とUQコミュニティ


クイーンズランド大学は、学生が「より実践的な学習」が出来るような授業を展開しています。
今回、Journalism and Communication学部で在学生によるツアーに参加したのですが、大学1年時から基礎的な座学と平行して実践的なプロジェクトを進めていくため、座学で学んだことをすぐに実践に生かすことが出来るのが魅力という体験談が印象的でした。
UntitledUntitled
テレビ用の収録ブース。作業スペースのPCは勿論MACで、イラストレーター、Photoshopも使用可能。

Untitled
見にくいのですが・・・レコーディング機能も完備されたブースもあり、オリジナルの音楽やラジオ番組を録音することだって出来ます。

Untitled
施設の中にはラジオブースもあり、学生がインターネットラジオで実際に放送をしています。

また、各学部に学生のコミュニティがあり、Journalism and Communicationで学んでいる学生達はJACS(Journalism And Communication Students)というコミュニティで、イベントや広報活動などを行います。
Untitled
セミスターや年度が終わると、各コミュニティで集まってパーティなどをするため、学部内での絆も深まります。

JAC卒業生は、CNNやBBCなどを始め、オーストラリアの各テレビ局(Channel 9など)、新聞社、アナウンサー、映画産業、ラジオ制作会社など幅広い方面で活躍をしています。
そして、JACSとして就職活動をする時にも、そういったコネクションが役に立ってくるのです。


レベルの高い英語コース


クイーンズランド大学には、ICTE-UQという大学付属語学学校も併設されています。
他の大学にも付属語学学校はありますが、多くの場合、本科コースと離れたところにポツンと建っていることが多いです。
ですが、UQの場合、大学の敷地の一番中心地に建てられており、立地条件も抜群です!

UntitledUntitled
外観と内観。

ここの建物は新しく建てられたもので、様々な工夫がされています。
例えばこの廊下ですが、
Untitled
床がゴム素材になっていて、足音が吸収されるように設計されています。

この英語コースに通学し英語力をあげることで、ファンデーションおよび本科コースへの道が開けます。(目指す学部と日本での経歴によって、必要なことは異なります)
そのため、大学進学を目指す真剣な若者が世界各国から集まり、通学しています。
5週間から申込可能のため、短期間であっても通学が可能です。

また、ICTE-UQは大学の本科コースの学生たちとの合同イベントも盛んに行われているため、現地の大学生の友達を作りたい方にも非常にお勧めです。


留学・進学はUQで!


さて、最後に皆様に見て頂きたいのが、UQの紹介をしている動画。
難しい英語は出てきません。映像と音楽にUQの魅力がたっぷり詰まっていますのでぜひご覧下さい。


こんなところで勉強してみてたい・・・と思われた方。
大学進学や休学留学はもちろん、ワーキングホリデーや短期留学であっても、UQで学ぶチャンスはあるんですよ!

<大学進学>
日本のような「大学入試」はありません。高校の成績と英語力で査定がかけられ、入学の合否が審査されます。
英語力や日本の成績が満たなくても、「英語コース」「ファンデーションコース」などを経て大学に進学することが可能です。

<休学留学>
大学を1年間休学して留学する場合は、Go Globalという、英語を勉強した後に現地企業でインターンが出来る制度があります。
就職活動に生かすには、オーストラリアでの就労経験はとてもプラスになるのでおすすめです。

<ワーキングホリデー・観光>
英語コースであれば5週間から通学が出来るので、ワーキングホリデーや観光で英語を学びたい方も、大学のキャンパス内で学ぶことが可能。
図書館等の設備も利用が可能なので、短期間でもキャンパスライフを味わうことが出来ます。

「クイーンズランド大学で勉強したい・・・」と感じられた方、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

マッサージ・スクール・オブ・QLD

最近、Diploma of Remedial Massageの課外授業として、ゴールドコーストのマッサージ・スクール・オブ・QLDでは、AFL(Australian Football League)のゴールドコーストチーム「Gold Coast SUNS」のセラピスト実習をしています!
主に行うのは、週末に試合を行った選手達のリカバリーマッサージです。毎週月曜日の午前中にCarrara Stadiumにあるクラブハウスに赴き、各選手30分ずつのマッサージを行います。
なかなか、プロのアスリートにマッサージをする機会はありませんので、生徒にとって、大変良い経験になっていること、間違いなしです。卒業後に、スポーツ選手のセラピストをしたり、ジムで働いたりする方もいらっしゃいますので、在学中にこういった経験を積んでおくと自信に繋がりますよね!
さすがに、選手一人一人は、体格もかなり大きく、日本人学生がマッサージしているのを見ると、とても大変そうでした。また、筋肉が大きくて、筋肉の構造を知るのに、とても分かり安いようです。学生に聞くと、きちんとした鍛え方をしているので、普通の人より柔らかい筋肉をしているそうです。
こんな、特殊なマッサージの実習を設けている、マッサージ・スクール・オブ・QLDでは、日本人スタッフも随時勤務しており、英語で専門分野を学ぶ際にも、本当に安心して学ぶことができる環境作りを、学校は常に心がけています。
学校についての情報は、まずはお気軽に、オーストラリア留学センターまで、無料で相談ください!
Keiji 2.jpg Misaki 2.jpg